【漬物レシピ】【糀💛LOVE】お料理が楽しくなる!簡単!ネオ三五八の使い方・作り方~お野菜~お肉~お魚~発酵鍋~発酵スープ(バクテー風)~

漬物のレシピ動画を紹介します!

#腸活
#免疫力アップ
#こうじ酵素の力

おうちで簡単にお漬け物が作れます。
糀を使ったお漬け物です。
ぬか漬けでも粕漬でもありません。
酸っぱくない・臭くない
甘い香りのする色鮮やかなお漬け物が出来上がります。

お肉やお魚を漬けて焼いたり、
最後にはスープにして全部召し上がって下さい。

腸内環境を整え、免疫力アップが期待できます!

【サゴハチ床の作り方】
サゴハチ 1 : 水 1
例)サゴハチ100g 水100㏄

袋には、5:3と書いてありますが、
塩辛いと言う声もありましたので、1:1としております。
お好みで調整して下さい。

6時間くらい置いたら漬け始めれます。

※ネオ三五八は必要な分だけ取り出して床を作って下さい。
 残りは冷蔵庫で保存して下さい。
 賞味期限は1年としていますが、1年以上持ちます。

◆テレビでも紹介された三五八!海外も注目!好評です!ネオ三五八◆

三五八(サゴハチ)って、ご存知ですか?
東北地方に伝わる漬物の素で、
3が塩・5が糀・8が蒸し米.の割合を表した数字です。
縁起の良い数字でもあるらしいですね.

元祖塩こうじと思われるサゴハチですが、塩こうじとの違いは、

水を加え糖化させた糀に塩を混ぜる=塩こうじ
サゴハチに水を加えて作る=サゴハチの床
なので、サゴハチのほうが酵素力が強いのではないかと考えられます。
さらに、自分で作ることが出来るので、なにかと安心です。
みつぜんのサゴハチは「ネオ」と付いています。
みつぜんのサゴハチには、「昆布」と「唐辛子」が入っています。
そして、通常の物より塩が控えてありますので、糀の甘みが楽しめる商品となっております。

お野菜は勿論、お魚やお肉を漬けて、蒸したり焼いたり。
お野菜を漬けた後のサゴハチでお鍋のスープを作っても美味しいです。
今、流行りの「発酵鍋」ですね。
糀が素材のポテンシャルを引き出してくれます。
サゴハチに漬けた野菜やお肉お魚を子供が貪るように食べるなんて声も届きます。

まさに、糀マジック!
ますます、綺麗に健康に!
ぜひ、毎日の健康管理にお役立て下さい。

◆ネオ三五八ご購入ページ
 公式サイト
 https://mitsuzen.co.jp/SHOP/126374/12…
 楽天ショップ
 https://item.rakuten.co.jp/mitsuzen35…

◆こうじ屋みつぜん Ameba ブログ
 https://ameblo.jp/mitsuzen-koujiya

◆こうじ屋みつぜん Facebook
https://www.facebook.com/mitsuzen358/

◆こうじ屋みつぜん Instagram
https://www.instagram.com/koujiyamits…

★安藤栄依子
 https://linktr.ee/eiko_ando

最新情報をチェックしよう!