【漬物レシピ】–和DASHI庵 花の将–キャベツといりこのお漬物

漬物のレシピ動画を紹介します!

冷蔵庫に余った野菜をつけだしにつけておくだけ。
塩だけでつくる浅漬けよりもまろやかな味わいが特徴です。
お好みでだしがらも一緒に入れることでより旨味が増します。

「キャベツといりこのお漬物」の詳しいレシピはこちら!
  https://hananosyo.jp/f/recipe/recipe-1035

レシピで使用する「割合で作れるだしの黄金比」の詳しいレシピはこちら!
  https://hananosyo.jp/f/recipe/recipe-1029
 だしの割合を覚えると味付けが簡単に決まり、
 いろいろなレシピで使用できます!

花の将の想い
昭和の台所では、母が丁寧にかつおやいりこを煮出し、料理の味の基本となるだしを引いていた姿が脳裏の片隅にありました。

その後、様々な便利なものが世の中に登場し、顆粒タイプのだしや、素材を粉末にして早くだしが引ける商品が登場。また夫婦共働きが一般化し、子どもたちは習い事や勉強に忙しくなり、家族みんなでいっしょに食事を楽しむ機会が減ってしまいました。

しかし、忙しい毎日の中でも、なんとかして天然素材から引いただしのおいしさを伝えられないだろうか?そしてだしを引いて料理を楽しむような丁寧な暮らしを現代でも実現できないだろうかと考え生まれたのが「花の将」です。

たどりついた答えは“素材をそのまま閉じ込める”
中でも「だしパックシリーズ」は、いりこやあごなどの素材をそのまま袋詰めしており、本来素材が持つうまみを引き出すことができます。粉末にするとだしは引きやすくなる反面風味は損なわれ、本来のおいしさを引き出せません。花の将は、自然の恵みをそのまま引き出し、素材が持つ本来の味をお届けすることこそ使命であると考え“食育”につながるものと考えております。 たどりついた答えは
“素材をそのまま閉じ込める”
中でも「だしパックシリーズ」は、いりこやあごなどの素材をそのまま袋詰めしており、本来素材が持つうまみを引き出すことができます。粉末にするとだしは引きやすくなる反面風味は損なわれ、本来のおいしさを引き出せません。花の将は、自然の恵みをそのまま引き出し、素材が持つ本来の味をお届けすることこそ使命であると考え“食育”につながるものと考えております。https://hananosyo.jp/f/omoi

最新情報をチェックしよう!