【漬物レシピ】5分で分かる☆簡単☆瓶漬け梅干しの作り方!瓶や壺など特別な道具が要らない☆ボトル漬け梅干しのレシピ

漬物のレシピ動画を紹介します!

特別な道具の要らない瓶漬け梅干しの作り方をご紹介します。
壺や重石などは不要で、必要な道具が少ない簡単な作り方です。
ジップロックで保存するので、場所も取りません。

【材料】
・黄熟した梅 1Kg
・塩     180g
・赤しそ   200g
・赤しそ用塩  36g
・容器      4L
・ホワイトリカー 50cc
・(竹ザル)なくてもOK
・キッチンペーパー
・爪楊枝
・専用ネット

STEP1
〜梅が黄熟するのを待つ〜
※多少風通しの良いところで黄色くなるまで待ちます。
紙袋の中に入れて待つのも良いでしょう。梅は数日で黄色くなる。

STEP2
〜梅を洗う〜

STEP3
〜梅の水分を拭き取る〜

STEP4
〜梅のヘタを取る〜

STEP5
〜容器の消毒〜
キッチンペーパーにホワイトリカーを浸し、容器を拭いていく。
この時、蓋も忘れずにしっかり拭く。

STEP6
〜材料を容器に入れる〜
はじめに梅を入れ、次にホワイトリカーを入れて、最後に塩を全て入れる。
瓶を振り、中の材料をよく絡める。
よく絡んだら、冷暗所で保管する。

STEP7
〜約1週間、1日に数回瓶を揺する〜
白梅酢が、梅を浸すくらいまで上がって来るまで、
毎日数回瓶を揺する。

※梅干しから出た汁と溶けた塩の混ざった液を白梅酢と言う。

STEP8
〜赤しそを洗って乾かす〜
一枚一枚丁寧に洗う。乾燥ネットにまんべんなく広げて室内か日陰で平干しする。

STEP9
〜赤しそに塩を加えて揉む〜
塩は2回に分けて投入する。
紫蘇から出たアクを捨て、白梅酢をお玉2杯分ほど揉んだ赤しそに注ぐ。
更に揉む。

STEP10
〜梅の上に赤しそを敷き詰めていく〜
瓶の中の梅の上に揉んだ赤しそを敷き詰めていく。
赤しそを揉む時に使った白梅酢も瓶の中へ戻す。

その後、約2週間冷暗所で瓶を保管する。

STEP11
〜梅の天日干し〜
7月中旬〜下旬頃の晴天が3日以上続く日に行う。
乾燥ネットに梅を一粒ずつ離しながら並べていく。
1日に数回、梅を前後にひっくり返す。
夜は乾燥ネットを部屋に取り込み、翌朝また天日干しする。
3日間連続で天日干しする。

この時、白梅酢と赤しそも一緒に天日干しする。
白梅酢は瓶ごと、赤しそは乾燥ネットに平干しすると良い。

STEP12
〜ジップロックに梅を入れて1年保管〜
日付を記入してジップロックに梅を入れて、
冷暗所で1年間保存する。
1年後以降が食べ頃です。

☆赤しそは乾燥したものを、すり鉢で擦り、ふりかけにすると良いでしょう。

☆白梅酢はサラダのドレッシングにそのまま使えます。

最新情報をチェックしよう!