【漬物レシピ】らっきょうのスパイス甘酢漬け【水野仁輔・伊東盛レシピ】

漬物のレシピ動画を紹介します!

スパイスと赤ワインのコクがギュッと凝縮されたおいしさです。鮮やかなワインレッドに染まれば食べごろ。
材料つくりやすい分量
らっきょうの下処理をしたもの
※下ごしらえ・準備参照。全量
赤ワインカップ1/2
【A】 
りんご酢カップ1+1/4
砂糖大さじ10(90g)
塩小さじ2
クミンパウダー小さじ1
コリアンダーパウダー小さじ1/2
下ごしらえ・準備

らっきょうの下処理
1ボウルにらっきょう(泥付き/500g)を入れて水をはり、水をかえながら1株ずつ軽く手でこすって汚れを落とす。
メモ
この時季ならではの泥付きらっきょうは、新鮮なうちに下処理を。
2株がつながっているものは1コずつに分け、取れかけた薄皮はむく。
3水けをきり、芽の先と根を切り落とす。再びボウルにらっきょうを入れて水をはり、もむように洗いながら残っている薄皮をむく。
メモ
漬けムラがないよう、下処理で同じサイズに切りそろえておく。
4鍋にたっぷりの湯を沸かし、らっきょうを5秒間ほどゆで、すぐにざるに上げる。
5完全に水けがなくなるまで乾かすか、紙タオルで包んでしっかりと水けを拭く。
つくり方

1鍋に赤ワインを入れて煮立たせ、アルコールをとばす。【A】を加えて再び沸騰させる。
2火を止めて、すぐにらっきょうを加える。完全に冷めるまでそのままおく。
3厚めの食品保存用ポリ袋に2を入れ、空気を抜いて口を結ぶ。冷蔵庫にできれば3週間以上おく。
メモ
全体が液につかるように、しっかりと口を結ぶ。
【らっきょう】
芽が出すぎたもの、しなびたものや傷があるものは避けて、ふっくらと丸いものを選ぶ。

●食べごろ
1週間後から食べられるが、3週間以上おくとしっかり味がつく。
●保存
冷蔵庫で1年間。
(きょうの料理レシピサイトより抜粋)#きょうの料理#らっきょう#手仕事

最新情報をチェックしよう!