【漬物動画】松前漬け




松前漬け, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=132673 / CC BY SA 3.0

#日本の漬物
#渡島国
#日本の郷土料理
#北海道の食文化
#コンブ
#松前藩
#魚卵料理
松前漬け 松前漬け(まつまえづけ)は、北海道の郷土料理。
数の子、スルメ、昆布を醤油で漬けこんだ保存食である。
「松前」の名前のとおり、松前藩(現在の北海道松前郡松前町周辺)の郷土料理が発祥である。
江戸時代後期、北海道南部は鰊漁が盛んで、鰊の卵である数の子は安価な食品であった。
その数の子にスルメと昆布をあわせ、塩で漬け込んだものが 松前漬けの発祥である。
だが1950年代も半ばになると鰊の不漁が続き、数の子は高価な食品となった。
そのためスルメに昆布の割合が増し、スルメと昆布のみを漬け込んだものも増えていった。
味付けも、味覚の好みの変化もあって醤油や醤油を主体に配合した調味液によるものへと移っていった。
ただし、北海道のスーパーなどで売られている本場の松前漬けには生姜・割干し大根・唐辛子などは入ったものは少ない。
人参入りも少ない。
スルメと昆布の旨味が程よく引き出され、昆布のぬめり、スルメと数の子の歯ごたえが心地よい食感を織りなす珍味である。
酒の肴にも飯の供としても良く合う。
郷土料理の松前漬は、函館山形屋の初代社長である海藤政雄により、昭和12年に初めて商品化され全国的に知られることとなる。
その際、元来塩漬けだったものを醤油漬けに変え、松前漬普及の大きな転機になった。
いかにんじんと同じように早漬けするために、乾物をボイルして作るレシピも存在するが昆布の粘りやスルメの旨味が抜けるため本来の味は出ない。
また市販品にも同様の作り方をする似て非なるものも存在する。

最新情報をチェックしよう!