ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手がプロ生活11年目にして現役引退を発表 日ハム発表

日本ハムは10月1日、斎藤佑樹投手が現役を引退すると発表した。
その後は右肩、右ひじの故障にも悩まされここ2年は1軍登板がなかった。
早実高時代には2006年夏の甲子園、決勝再試合の末に駒大苫小牧高を下して優勝、マウンドで青いハンドタオルで汗をぬぐう姿が話題となり「ハンカチ王子」として日本中をフィーバーに巻き込んだ。
ご期待に沿うような成績を残すことができませんでしたが、最後まで応援してくださったファンの方々、本当にありがとうございました。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d5229869fc01a079300a5846a34b17b2611de357