鳥羽の牡蠣、初水揚げで5割超が大量死3季連続

(※画像はイメージです)

カキ養殖が盛んな三重県鳥羽市浦村町で9月30日、初出荷があった。「身入りが良く、おいしい」というが、水揚げしたカキの5~7割が口を開け死んでいた。
市水産研究所は「何が原因なのか、分からない」としている。
「コロナに加え、気が重い 同町の生浦(おおのうら)湾でいかだ70台を浮かべカキを養殖する吉川正澄さん(76)は、「今朝、大きなかご1杯分を水揚げした。
「7、8月ごろ、カキの生育に伴い、いかだは徐々に沈んでいくはずだが、一向に沈まなかった。」
吉川さん方では例年、県内や関西、中京圏に出荷するほか、町内で経営するカキ料理店で消費する分も確保しなければならない。
「昨年は8割ほどが死んだが、今年はまだ7割。」
30日にむき身にしたカキは県内のスーパーマーケットへ出荷したという。
この事業者は所有する食べ放題店で大半を消費しており、「何とかカキを確保し、22年4月末まで営業を続けたいと話す言葉に悲壮感が漂う。」
「浦村かき組合」(57業者)によると、いかだ1250台で養殖し、殻付き換算で1シーズン3500~4000トンを出荷する。
答志島の桃取町や安楽島町などでも養殖しており、鳥羽市全体では県内生産の9割に達する。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b8f5731c7d10b182ab5698bdb0658816b085237e