大谷翔平、先頭打者46号ソロホームラン!キャリア初の100打点到達

■エンゼルス 7ー3 マリナーズ(日本時間4日・シアトル)

エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地で行われたマリナーズとの今季最終戦に「1番・指名打者」で先発出場し、初回に先頭打者弾となる46号ソロを放った。
チームは7-3で快勝した。
初回先頭、左腕アンダーソンの甘く入ったカットボールをバットに乗せた。
先頭打者弾は8月26日(同27日)の敵地・オリオールズ戦以来、自身4本目だ。
球団の本塁打記録では2019年マイク・トラウトがマークした45本塁打にも1本差に迫った。
11試合ぶりの一発でキャリア初の100打点はヤンキース時代に4度を記録した松井秀喜に次いで2人目。
松井秀が103打点を挙げた2007年以来14年ぶりの大台到達となった。
打者としては138安打、103得点を記録しており、投打5部門での100到達はメジャー史上初となった。
投手で23試合登板し、9勝2敗、防御率3.18。
リーグの本塁打王争いでは両リーグ最多48本のブルージェイズ・ゲレーロJr.、ロイヤルズ・ペレスに2本届かなかった。
それだけ試合に貢献できる頻度が高いということは選手としてもやりがいがあったと思うので。
試合中もベンチでは笑顔がこぼれた。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ccc6667fc31dd7762b7950960a1880a04166297c