庵野秀明展が国立新美術館で開催!「過去/現在/未来」をテーマに展示

10月1日(金)から12月19日(日)まで、東京都・港区六本木にある国立新美術館にて「庵野秀明展」が開催される。庵野秀明をかたちづくってきたものを体感できる、大規模な展覧会だ。
1960年、庵野秀明は山口県に生まれた。
「トップをねらえ!」(1988年)で初監督を務めた後は、「ふしぎの海のナディア」(1990年)や「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年)など、監督として立て続けにヒットを飛ばす。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ、および、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(2007~2021年)では、企画から原作、脚本、総監督、エグゼクティブ・プロデューサーまでを務めている。
「過去」では、「ウルトラマンや「仮面ライダー」、「宇宙戦艦ヤマト」、「機動戦士ガンダム」など、庵野が幼少期から敬愛する漫画、アニメ、特撮作品にまつわる貴重な資料が一挙に展示され、「庵野秀明をつくったものを体感するという仕掛けだ。
庵野秀明が何を考え、つくってきたのか。
そして「未来」では、「僕らがいなくなってもアニメや特撮が残るようにしたいという思いで庵野が立ち上げた「ATAC(特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構)」をはじめ、未来へ向けた継承のためのプロジェクトを紹介する。
混雑緩和のため、チケットは事前予約制(日時指定券)を導入している。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ab0ede9833827560ff55608ca5a9c51b7c279359

庵野秀明展:https://www.annohideakiten.jp/