マイクロソフトが新OS Windows11を一般公開!手動・自動両方でアップデート可能

米Microsoftは10月5日(日本時間)、新OS「Windows 11」を一般公開した。
[スタート]画面とタスクバーのボタンが中央寄りに配置され、アプリのウィンドウの角が丸くなるなどのデザイン更新が行われたほか、[Windows]+[W]キーで簡単にアクセスできるウィジェット、タスクバーに統合された「MicrosoftTeams」チャット、新しいウィンドウレイアウトシステム、新しい「MicrosoftStore」などが追加される。
「Windows11」にアップデートする方法は手動と自動の2つが用意されており、好みの方を選べる。

■「WindowsUpdate」を利用する自動アップグレードだ。
案内が表示されない場合は、利用中のデバイスに既知の互換性があるなどの理由で、トラブルを避けるためにアップグレードの配信対象から除外されている可能性がある。
更新プログラムのダウンロードはバックグラウンドで行われ、準備が完了すると、インストールとOSの再起動を行うタイミングをユーザーが選択できる。

■「Windows11」をダウンロードする(手動アップグレード) 「WindowsUpdateからアップグレードできない場合は、3つの方法が用意されている。
いずれも以下の特設サイトから可能だ。
この方法は現在利用中のデバイスを「Windows11」をインストールしたい場合に最適だ。
この方法は現在利用中のPCをアップグレードするためのインストールメディア(USBメモリ)を作成したり、後述のISOイメージファイルだけをダウンロードできる柔軟性がメリットだが、手軽さにおいては「Windows11インストールアシスタント」に分がある。

OSのインストールに慣れた上級者であればわざわざツールを使わなくても、このISOイメージファイルを直接ダウンロードして利用してもよいだろう。

参照元:「Windows 11」が正式リリース ~対応デバイスへ無償アップグレードを順次提供(Impress Watch) – Yahoo!ニュース