元欅坂46・今泉佑唯が舞台「修羅雪姫」に主演で1年振り女優復帰 大西桃香・安田愛里も出演

元欅坂46で女優、タレントの今泉佑唯(23)が、舞台「修羅雪姫」(11月19日初日、東京・CBGKシブゲキ!!)に主演することが6日、分かった。
梶芽衣子(74)主演で73、74年に映画化されヒットし、03年の米映画「キル・ビル」に影響を与えたことでも知られるアクションスリラーだ。
AKB48大西桃香(24)やラストアイドル安田愛里(22)らも出演する。
明治時代後期を舞台に、いくつもの命を奪う中で政府の陰謀や残酷な真実が次々と明らかになるが、それでも戦い続ける苦難の役どころだ。
18年11月に欅坂46から卒業した今泉は今年1月、元YouTuberの男性との間に第1子を妊娠したことを発表し、6月に出産。また同月末をもって、約2年半所属していた事務所との専属契約を終了し独立。
稽古は今月中旬から始まる。