「くまのプーさん」登場の橋が競売で約2000万円で地元貴族の男性が落札!

英作家A・A・ミルンの児童小説「くまのプーさん」で描かれた英イングランド南部アシュダウンフォレストの橋が競売にかけられ、予想価格の2倍以上となる13万1625ポンド(約2000万円)で落札された。
1907年に建設されたが、その後、架け替えや修復が行われた。
同作執筆のきっかけとなり、作中にもプーの友人として登場するミルンの息子のクリストファー・ロビンさんは1920年代、この橋で遊んでいた。

参照元:https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3369856.html