「拉致被害者い生きていない」立憲民主党の生方幸夫衆院議員が暴言、救う会が発言取り消しと謝罪を求める

立憲民主党の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、9月に千葉県松戸市で行った会合で、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した。
自民党の議員もとした上で、「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っているということなどと発言した。」
死亡の根拠について問われると、「客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。」
「生きているのだったら何かに使いたい。」

参照元:https://www.sankei.com/article/20211011-PDZ6HDJ6HRNDTGFMIESBOL4VUI/