都道府県魅力度ランキング発表 2年ぶりに茨城県が最下位へ

民間調査会社による2021年の47都道府県の「魅力度ランキング」が9日発表され、昨年7年連続の最下位を脱出し、42位だった茨城県が2年ぶりに最下位に戻った。
京都府、沖縄県、東京都と続き、大阪府が過去最高の5位になった。
最下位になった茨城県の点数は11・6点。
同社の田中章雄社長は「茨城県はつくば市を中心に「IT・先端技術の地域」としては評価されている。
茨城・栃木、最下位逆手にPR 一昨年まで7年連続最下位だった茨城県は仮想キャラクター「茨(いばら)ひより」が県内の観光地やメロンなどの特産品を紹介する動画を作るなどして魅力発信に取り組みを冊子にまとめ「魅力度最下位の過ごし方」として、県のホームページに公開した。
一方、昨年、最下位になった栃木県は「47(そこ)から始まる栃木県」と開き直ったPR作戦を展開。
「あなた、「栃木」って漢字で書ける?」「地味な栃木を大切にする人が好き」――。
県はこれらの事業に計約3千万円をかけた。
1位の北海道の魅力度の点数は73・4点。
9割近い回答者が「魅力的」と答えたという。
千葉県は昨年21位から一気に12位に上昇した。
長野県軽井沢町が昨年20位から8位にランクインした。

参照元:https://www.asahi.com/articles/ASPB96HSCPB9UJHB00H.html