宮迫博之・YouTuberでも企業案件や焼き肉店でアウト連発

人気ユーチューバーとなった元「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)だが、決して順風満帆というわけではないようだ。
焼き肉店は10月1日にオープン予定だったが、宮迫はその日、ヒカルのチャンネルで公開された動画に、その原因が映されていた。
開店直前の最終チェックとして行われた試食会でのことだった。
これに対し、宮迫は1日の動画で、本来専門家が手がけて考案していたメニューについて、試食会では冷凍保存していた牛肉を提供したことなども明かし、「全然ダメなんです。」
肉の質、味、全部落ちますから。
「もうアウトが多すぎて…」と説明した。
頼みの綱でもある企業のPR案件でも困ったことが起きていた。
「コンビ解散以降、動画配信の継続も二転三転した宮迫さんですが、続ける以上、いわゆる“案件”もやっていくと表明しています。」
吉本興業がついていれば、企業チェックはしっかりやるでしょうが、フリーになるとそこがおざなりになってしまう危険があります。
「焼き肉店についても同様で、結局、周囲のスタッフ力が重要になってくる。」
結局はスタッフ頼みですが、どうしても動画配信は企画ばかりが先行しがちになるとスタッフがついていけなくなるという恐れがある。

参照元:https://news.goo.ne.jp/article/fuji/entertainment/fuji-enn2110080004.html