甲府市の死亡火災で傷害容疑逮捕の19歳少年「火をつけた」と供述

甲府市蓬沢の井上盛司さん方の木造2階住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は13日、同市の少年(19)を井上さんの娘に対する傷害容疑で逮捕した。
発表などによると、少年は火災発生直前の12日午前3時45分頃、井上さん方で、鉢合わせした井上さんの10歳代の娘の頭を殴ってけがを負わせた疑い。
顔にやけどを負い、指をけがしていた。火をつけたとの供述、現住建造物等放火容疑でも調べている。
現場の状況などから、油のようなものをまいて火を付けられた疑いもあるという。
火災は12日午前3時50分頃に発生。
2階で寝ていた妹が人が争うような声を聞き、1階に下りたところ、不審な男と鉢合わせし、後ろから殴られた。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6cb9b03c07eeed6eb4c480fd512005664db730