【怖話】心霊体験から恐怖体験までいろいろ怖い話集めてみた【オカルト】

4 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 15:12:52ID: 7k5EXbnK0.net
怖い話と聞いて┏(┏ .-. )┓
28 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 20:07:37ID: qaXbiYSp0.net
書き溜めてないから日本語おかしい部分あったらすまんな

中2の時の話、当時親の方針でゲームやケータイとか禁止にされてたこともあってよく山の谷?みたいなところで遊んでたんやけど、
その谷っていうのが一番奥まで行くと滝があって、その途中の道?には廃墟や廃寺が所々あったり、道が獣道やったり、丸太が一本だけ置かれてる橋があったりと行くのにも体力を使うようなところやった。
29 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 20:10:04ID: qaXbiYSp0.net
それでわいと友達はよくその滝の途中にある小さな壊れかけの小屋の周りで100均で買ったような鍋でカルパスとか焼いて食ったりしたり、親に隠されてるiPod touchをこっそり持っていって写真とったり、ゲームしたりしとった。
でいつものように友達と遊んでて、その帰り道の途中でiPod touchを小屋周辺に忘れたことに気づいて、1人でとりにかえることになった。
33 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 20:13:20ID: qaXbiYSp0.net
その時の時間は18時過ぎくらいで夏の終わりっていうのもあって、周りは夕暮れやったんやけど、山の中っていうのもあって少し薄暗い感じやった。
幸いにも小屋でiPod touchを回収してその帰り道は肉眼でも走れるくらいには明るかった。帰っている途中で、古い廃寺から板の軋むような、何物かがいるような音が聞こえた。その時のわいは思春期っていうのもあってその音の招待が知りたくて、その建物を少し覗いて帰ろうと思った。どうせ猫かなにかの動物がおるんやろくらいに思ってたから大丈夫やろ思っててんけどこれが間違いやった。
34 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 20:16:53ID: qaXbiYSp0.net
その小屋を覗いた時奥に小汚いおっさんのようなものが見えて、あろうことかそいつと目が合ってしまった。
その瞬間に怒ったような口調で訳の分からない言葉で怒鳴ってきて鉄の棒を持ってこっちに向かってきた。
それで一目散に逃げることになったんやけど、その途中でそのおっさんに追いつかれそうになった。当時のわいはシャトルラン120回、50m走6秒台っていうのもあって、かなりのスピードを出して逃げることができた。でもそのおっさんはわいに追いつきそうなくらいのスピードで追いかけてきた。それで追いつかれそうになりそうな時に目の前に一本の丸太の橋があって、一か八かその丸太をスピード落とさずに渡り切ることにした。これが俗に言う火事場の馬鹿力っていうやろうか、奇跡的に渡り切ることに成功した。それをみてか、そのおっさんもノーストップでその橋を渡り切ろうとしたんやけど、途中で橋から落ちたような音が後ろから聞こえてきた。そのことがあって無事人の多い大通りに着くことができて逃げ切ることができたっていう話。
35 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 20:18:54ID: qaXbiYSp0.net
後からネットで調べたんやけどそのお寺って言うのが在日韓国人朝鮮人のための宗教染みたお寺やったらしい。やからあのおっさんはその元信者かホームレスかはたまたそこにおる幽霊か何かやったんやと思う。良い子は人気のないところで興味本位に覗きにいかないことをお勧めします。

何か質問有れば覚えてる限りで答えます
38 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 20:22:49ID: qaXbiYSp0.net
ちなみにその場所わいが経験しただいぶ前やけど誰かがそこで壁中うんこおむつまみれやったらしい
今はそんなことないらしいけど
43 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:02:21ID: DgZTvqxz0.net
パンツ何枚か用意してくるわ
46 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:11:31ID: qaXbiYSp0.net
田舎とかの人のいないようなところでしばらくネットから離れると経験しやすくなるぞ
57 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:23:01ID: u9KJRBxS0.net
これは私が小学校4年生くらいの時の話なんだけど。近所に悪ガキがいたのよ。
彼、仮にA君とするが彼はザリガニにくぎを打って殻を破ったり、注射器のおもちゃに
カエルを詰めて押しつぶしたり、ボールの中にハムスターを入れて家じゅうを走らせる
おもちゃにハムスターを入れてビニールプールの上に浮かべたりしていたの
60 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:25:51ID: u9KJRBxS0.net
ある学校の帰り道に真っ赤の足跡のようなものが点々と続いていて(実際には足跡はない)
A君の家の玄関先にまで続いていた。そこで玄関に目をやるとそこに透明なんだけど確かに
人の形をした何かが見えたんだ。以上。この後A君が病気になったりしてたら怖かったんだけど
そんな様子もなかった
62 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:29:56ID: u9KJRBxS0.net
私の話は以上ですが、私よりも周りの方がそうした話は多い。
外に祭りを持ち出したがために呪われた話とか助けた人が犬になって恩返しした話とかね
63 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:30:03ID: DgZTvqxz0.net
ザリガニとかに呪われてたんかな?A君は
66 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 21:32:01ID: u9KJRBxS0.net
かもしれない。何か異変があったかは聞いてないけど。私も変える投げつけられたり、
サルのぬいぐるみを電線や田んぼに投げられたりしたし
207 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:30:14ID: uzGAJmK80.net
俺の住んでる場所がそのソーレン道でももっともヤバい場所で、戦時中死体が山積みにされてた場所で元墓地で元屠殺場で相当曰く付きの場所。
住民すぐ引っ越していくわ。
208 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:31:25ID: uzGAJmK80.net
霊感ある女友達家に連れてきたら即発狂してたよ。
俺鈍感だから何も感じないけど。
209 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:31:34ID: DgZTvqxz0.net
ちょおれユーチューブでペット動画見て心落ち着かせてくるわ
ID: uzGAJmK80.net

YouTubeでソーレン道見てくれた?
210 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:31:55ID: dCaz63zW0.net
観た
どえらいヤバいとこ住んどんな
ID: uzGAJmK80.net

見てくれたんだありがと。良くヤバい夢を見るんだよ。
おかしな夢が多い。
213 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:33:26ID: DgZTvqxz0.net
検索したけどサムネ見ただけでもヤバそう
ID: uzGAJmK80.net

ちゃんと見て欲しい。ネタ無しの話してるからオチは無いけど少しは怖いかも。
224 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:40:39ID: uzGAJmK80.net
ソーレン道のYouTubeみてくれた?
見てない人はYouTubeでソーレン道を検索して見てみてね。俺が住んでる場所で心霊体験が多い。
244 :本当にあった怖い名無し2021/09/24(金) 23:50:59ID: uzGAJmK80.net
このソーレン道の通り道のマンションに住んでて、戦時中は死体が積まれてて(タクシーのおじいちゃん運転手が教えてくれた)元墓地で、元屠殺場という異色の場所に住んでますが、割と綺麗なマンションの為引っ越してくる人も多いが出ていく人も多い。
多分住んでからこの場所が曰く付きなのを知るのだろう。
前に住んでた下の階の夫婦なんて洗剤持ってきて挨拶に来るぐらいちゃんとしてた人なのに、1ヶ月後には出て行ってたしな。
やはり何かあるんだろう。
俺の部屋に住んでた前の住民はタイ人ぽかった。
やたら今でも前住民の郵便物が送られてくるし。
271 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 00:28:15ID: 6n+JI4QM0.net
俺が出会ったキチガイは深夜の1時に、車走らせてたら真っ白い物体が俺の60キロは出してるであろう車に飛びかかってきて、ハンドル切って避けたんだが避けた瞬間目が合った‥
それは真っ白い髪の毛で顔も真っ白になってて異様に口紅を赤く塗りたくった、白いワンピースを着た女だった。
今でも思い出すけど、一体あれは何だったんだろうか‥
272 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 00:29:19ID: R7rPZNMr0.net
供養じゃないけど、中学くらいの時の台風の夜に、一人(母子家庭で親も外出してた)で一階でテレビ見てたんだけど、二階で本棚が倒れたみたいなドン!て音がして一階からも振動がよく分かるぐらいだったんだけど、少しして確認しにいったら家具も何も倒れてないしモノも落ちてなかった。
これで終わりでオチも無いけど不思議で怖い体験だったな。案外二階じゃなくて天井に居たのかな。
276 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 00:35:17ID: dvMa5Rsa0.net
わし幽霊(思念、記憶?)は結構目撃してきたけど、黒髪白ワンピの女は見たことないな
青紫のシャカシャカウェアに黒髪ショートとか茶髪のショートにデニムホットパンツにブーツ他、とかはある
ID: 6n+JI4QM0.net

俺はその白ワンピと、金縛りにあった時は赤いワンピの女だったな。何でワンピなんだろいつもw
277 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 00:37:30ID: dvMa5Rsa0.net
>>275
元町〜三ノ宮間やったらそんなんおりそやなw
ID: 6n+JI4QM0.net

おりそうやけど、後にも先にもそのまま1回だけすよw
未だに説明不能の出来事でホントなんだったんだろう。
15年経っても未だに思い出すもん。
279 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 00:44:00ID: R7rPZNMr0.net
>>274
こんなドンピシャなのがあるんだなぁ
281 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 00:50:55ID: dvMa5Rsa0.net
あの辺やったら女のおっさんもあり得るなw
怖い
282 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:02:38ID: Q9hFFzqw0.net
私もちょっとした体験談話していいかな。
別に超怖いって訳でもないんだけどちょっと説明しなきゃならない事項が多くて長いんだけど
285 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:06:52ID: 6n+JI4QM0.net
>>284
お願いします。全裸待機中。
287 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:09:30ID: Q9hFFzqw0.net
ではお言葉に甘えて。

私の元彼の話。
元彼関連の話だけで割とあるからその中でもやばいなって感じたうちのひとつ。

私と元彼は中距離(遠距離という程遠くもない)で付き合ってたのね。
んで久しぶりに会って、昼間は軽くデートらしき事してからとある店の駐車場で日暮れまでそいつの車の中で話してたら、会話の最中からちょっと元彼の様子がおかしかった。なんかとある一箇所を気にしつつもそちらに絶対に視線を向けようとしない。さすがに変だと思って声掛けた。

私「どうした?」
元彼「いや、気の所為かもしれんけど……俺の右上(フロントガラスの運転席側の端)辺りになんかいる気がして……。あと右足掴まれてるような気がする……。」

ふっと見てみたら、気配だけだけど明らかに車内になんかいる。で、そこら辺から妙に冷気が漂ってた。夏なのに。
ちなみに私は見えない聞こえないけど気配はわかるタイプ。比較的心霊体験にあってきたから対処は慣れてる。だが元彼はビビり。基本的には鈍感で明らかにおかしいのつけてる気配がしても「最近肩凝るんだよね〜」で済ますような奴。その都度対処はしてたけど。
288 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:11:27ID: Q9hFFzqw0.net
全裸待機はやめてもろて(笑)

そんな鈍感野郎にわかるように出てくる奴なんてビビらせる目的の雑魚or恐怖心をエサにするタイプのほっとくとヤベー奴の二択(だと個人的に思ってる)。足元のは明らかにヤベー奴だなぁと思った。
前者ならぺいってすれば済むけど後者だとやばい事(事故とか)になるかもしれないなと思って私の母を呼んだ。母も気配だけタイプだけど対処は経験豊富。
母が来るまではとりあえず元彼の手を掴みつつ車内の(女だなって思った)にガンつけて、あっち行けしっし!ってやってたら諦めたのか母が来る前に居なくなった。多分後者のタイプだったけどビビらせ具合が足りなすぎてパワーなかったんじゃないかと推測してる。

そんなこんなしてるうちに母が来た。かくしかで事情説明したら、ちょっと考える素振りしてから運転席のドア開けて元彼の右足を掴んで、ちょうどその真下になる場所を思いっきり踏みつけた。後から聞いたけど、私のエサを取るんじゃねぇみたいな感じでグリグリ踏みつけてたらしい。それでもしぶとくくっついてたのか、母が私にハンカチ寄越せって言った。ハンカチ渡したら、元彼の右足をハンカチ越しに掴んでもう1回踏みつけてた。私の持ち物使ってマーキングしたんだと思う。
それやって3分〜5分くらい?やっと離れたらしくて母がやっと大丈夫判定出した。足元の気配は消えてた。
感謝してる元彼に、ちょっと場所と時間が宜しくないから早く帰った方がいいと声掛けして、元彼は車で帰っていった。

で、残った私と母。母はハンカチに思いっきりふっ!と息を吹きかけてパンパンっと伸ばしてから私に返してきたけど、あちゃ〜……(・ω・;)みたいな顔してた。

私「助かったわー。んでどうしたん?ハンカチやばい?」
母「……ハンカチは何ともないけども、私が踏んだ奴、ちょっと足蹴にしたらやばい格のやつだったっぽい。」
私「マジかよ。」

もう少し続きます
289 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:13:02ID: Q9hFFzqw0.net
早く帰るぞって言われて母の車に乗ったけど背後からのよくわからない何かの気配がすごい。
家に帰るまでの間、後ろには車が一切ついてなかったのに何かに追いかけられてる気配がする。ひとつ峠を超えなきゃ家には帰れないんだけど、その間2時間ちょい車の中ではずっと明るい音楽流しながら全然関係ない雑談ばっかりして背後の気配は気付かないふりをし続けた。道中では普段はこんなに出ないのにってレベルで狐が出てきてた。
家に帰ってきて玄関を過ぎてリビングに入ってからやっと、背後の気配が消えた。玄関に置いてた盛り塩と龍神様が彫られてる水晶のおかげだと思う。

やっと落ち着いたから詳しく話を聞いてみた(ここからほとんど母の推測)。
車内に居た女らしき奴は大したことない通りすがり。けれども足を掴んでたのが、昔土地神のように信仰されてた存在で今は信仰をなくして力を失ってるものだろう。信仰をなくして力もなくしたとはいえ元は神とされてた存在が足蹴にされた事に腹を立ててわざわざ自分のホーム外まで追いかけて来たんだろう、狐は多分その元神がお稲荷様だったからやたらと出てきてたんじゃないか、という事だった。

私はともかく、母は何故かお稲荷様と相性が悪い。今まで飼って最後まで見とってた犬がたくさん母の守護についているというのを霊感持ちの人に言われたことがあるそうだが、それが原因だと思う。お狐様と犬(正確には狼や犬神様)は相性が悪いらしいから。

その夜、少し不安になって枕元に氏神様の所の御守りを置いて寝た。
案の定、得体の知れない何かに追いかけられる夢を見た。これはやばい!と思って○○様(氏神様の名前)助けて!って心の中で叫んだら、実家近くの氏神様の神社の鳥居が見えて慌てて駆け込んだ。
軽く一礼して、今夜一晩だけ境内にお邪魔させてください。とお願いしたら、夢の中なのにぶわぁっと風が吹いて、ああ、許されたって思った。次の日の朝はスッキリ目が覚めた。母は特に変な夢は見なかったらしい。
夢の中とはいえお世話になったので氏神様の神社にはちゃんとお礼に行った。

母の推測が合ってるかは分からないし、追いかけてきたのが何かは分からないけど、今後その店は昼間以外では絶対に利用しないようにしようと決めた。

以上です。

特にオチらしきオチはないな〜
長くて退屈だったらすんません( ´・ω・`)
292 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:39:15ID: Q9hFFzqw0.net
ちなみにこれは完全に蛇足だけど……
元彼と別れる理由のひとつになったのが、神様や仏様への扱いの認識の差。まぁ他にも価値観とか金銭感覚の違いとか色々あったけど……

元彼実家は農家でお稲荷様を信仰していたそう。それを元彼両親の代でちゃんとした手順を踏まずに天照大御神に乗り換えた。理由は知らない。
けれども、神棚のある部屋は汚部屋。更に元彼祖母の仏壇がある部屋は物置扱い。
あ、この家嫁ぐとか無理だな、と。

私の家は何故か女はダメンズを引っ掛ける上に男が絶える家系らしく、私の祖父(会った事ない)も叔母(母の姉)に金をたかり女に暴力を振るった後に孤独タヒ。叔母の旦那は内弁慶の酒乱な上金遣いが荒く早タヒに。叔父にあたる母の兄は20代で自タヒ。私の父も内弁慶不潔DVクソ野郎で私が小学校上がる前に離婚。
まだ20代前半だけど一生独り身で生きていこうかと半分くらい決心固めました(笑)
297 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:49:01ID: 0zydPq5x0.net
あざす、じゃあ知り合いの短めの話で。

その人はダイビングを趣味にしてる人で、日本だけじゃなく海外でもよく潜ってて。
今から10年以上前、サイパンでダイビングをしたんだと。
そこがバンザイクリフという所で、戦時中に米軍に追い詰められた日本人が「天皇陛下万歳」と叫んで身投げした場所。


ダイビングスポットとしてはかなり素敵な所らしく、その日もダイビングを楽しんでいた。
するとどこからか『カン、カン…』と金属音がしたらしい。

俺はダイビングのことよく知らないんだけど、水の中で何かあった時のために、ボンベにヒモみたいなのがあってそれを引っ張って離すと金属がボンベに当たって『カン、カン』と音を鳴らす仕組みになってるらしい。
誰かに何かを知らせる時とかに使うらしいんだ。
300 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 01:53:56ID: 0zydPq5x0.net
気付くと自分のボンベから『カン、カン』と音がしてる。
振り返ると、水の中で子どもが自分のボンベのヒモを引っ張って鳴らしていたらしい。
ギョッとしているとその子と目が合い、その子の口がパカッと開いた。

すると口からボコボコと出る泡と共に「おかあさん」という声が聞こえたんだと。
普通に考えたら水の中だから声が聞こえるわけはないんだけど、ハッキリ「おかあさん」と聞こえたらしい。
パニックになったその人は慌てて浮上したらしい。

やっぱり未だに彷徨ってるんだろうねーと言っていた。



ありがとうございました。
304 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 02:06:50ID: jTJm40A20.net
バンザイクリフは有名よな
まだ浮かばれんのがおるんやろなぁ〜
306 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 02:17:50ID: 0zydPq5x0.net
俺と兄貴の体験談も書かせて頂きますね。

俺の兄は不動産関係の仕事をしていて。
ある日小田急線の某K駅のマンションで、引っ越す住人の立ち退きに同席していて。
家族で住んでたみたいなんですが、家を出る時には点検したり鍵を預かったりでいろいろあるみたいで。

で住人が出ていった後で家の中を見て回っていたそうな。
するとパタパタと誰かが走ってきて、バタンとトイレに入ったらしい。
兄は『家族の誰かがトイレをしに戻ってきたのか』と思ったらしいのですが、しばらく経っても出てこない。

うちの兄も割と天然なところがあるので、もしかしたら中の人が具合悪くなってしまったのでは…と考えたそうで。
コンコンとノックをして「大丈夫ですか?」と声をかけたけども反応は無し。
再度「大丈夫ですか?」と声をかけ「開けますね」と言ってドアを開けるも、中には誰もいない。

よくよく考えたら、玄関の鍵は閉まっていてその鍵は兄が持っていたそうで。
背筋が寒くなったそうです。



続きます
307 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 02:23:35ID: Q9hFFzqw0.net
戦争関係で思い出した事をひとつ。
書き溜めてないので遅くなると思うけれどもご容赦を。

戦没画家の絵画展(正式名称は覚えてない)に母と行った時のこと。
受付でチケットを渡して、その展示会場に入った瞬間に、焦げ臭いような血生臭いようなにおいがふっと鼻についた。
その時点でやめておけば良かったのかもしれないけど、お守り代わりに持ってたパワーストーンのブレスレットがあるし大丈夫かなと思って絵画を見に中へ進んだ。
絵を一通り見てから、同じように展示してあった画家たちの遺品を眺めている時にまた、今度は最初よりも強い血のにおいが香った。それと同時に気分が悪くなり、私は母に一言声をかけて会場の外へ出た。気分の悪さは余り変わらず、母を待っていると30分ほどしてから母は会場から出てきた。会場はそれほど混んでおらず、展示品も少なかったため想像してたよりも長く少し不思議に思った。

私「結構かかったね、気になる絵でもあった?」
母「いや、絵に呼ばれたから。」
私「絵に呼ばれた?」

母いわく、絵を一通り眺めてから遺品の展示を見ていると、何となく1度見た絵をまた見に行きたくなったらしかった。
名前が書いてある訳でも無かったが、遺品の持ち主がその絵を描いたと感じたそうだ。
遺品の持ち主が自分の絵を見てほしがっていると感じた母は、遺品の展示と絵画を何往復もして、同じことを繰り返していたらしい。

もう少しだけ続きます
308 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 02:26:24ID: 0zydPq5x0.net
兄は事務所に戻り、同僚にそのことを話したそうです。
「なぁ!怖ぇだろ!!」と盛り上がっていたところ、事務所の電話が突然鳴り始めたそうで。


一瞬固まったそうですが同僚の方が電話に出ると、何やら雑音のような、ノイズのような音が聞こえて切れてしまったそうです。
兄のイタズラかと思い「やめろよ!」と半笑いで話すも、兄も「知らねぇよ!」となり、二人で呆然としてしまったそうです。


その日の夜、兄は俺の家に泊まりに来たんです。
そしてマンションで起こったこと、その後事務所に不思議な電話がかかってきたことを俺に話し「なぁ!怖ぇだろ!!」とここでも盛り上がっていました。


その後お互いに別の部屋で眠ったのですが、深夜のこと。
突然、兄の「ああああああーーーーー!!!!!」という悲鳴で目が覚めました。
後にも先にも、人間のあんな悲鳴を聞いたのはあの時だけです。
『なに!!??』と思っていると兄が部屋に飛び込んできて、俺の布団に潜り込みました。
「なに!?えっ、なに!?」と聞いても「怖ぇ…怖ぇ…」と呟くだけでした。




続きます
309 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 02:38:26ID: 0zydPq5x0.net
話がカブってしまいましたね、すいません!
書くだけ書いてしまいますね。



兄が落ち着いた頃、ようやく話し始めました。
金縛りにあって、自分の上に女の子が乗っていた。
声を出したくても声が出ず、ようやく悲鳴となって叫ぶことができたとのことでした。

この話には後日談もいろいろとあり、その後にマンションにリフォームの業者さんが入ったそうなんですが、おかしなことが頻発したようで。
作業中にブレーカーが落ちる、誰かが部屋の中を走り回っている、ベランダもない階なのに窓の外に誰かの人影が見える等々。
また元々備え付けのタンスがあったらしく。上は観音開き、下は引き出しタイプ。
業者が入った時には異常は無かったのですが、ある日引き出しが出たまま閉まらなくなってしまったそうで。観音開きの方を開けると、下の部分がベッコリとへこんでいてそのせいで引き出しが入らなくなっていたそうです。


また兄の金縛り以降、俺の家でもおかしなことが起きるようになり。
キッチンのゴミ箱のフタが勝手に開け閉めされたり、電気が点いたり消えたり。
挙げ句に俺も金縛りになり。自分の上に女の子が乗っているという、兄と全く同じシチュエーションになったんです。
その時、俺はどうも仰向けで膝を立てたまま寝ていたようで。膝の上に女の子がいたんです。
ところが俺は結構こういうの大丈夫な方で。怖いというより、人の上に乗ってやりたい放題してる女の子に腹が立ってきて。
膝を揺らしてバランス崩して落としてやる!と躍起になって体を動かそうとしていると、金縛りは解けて女の子もいなくなってしまいました。



それ以降は我が家、及び兄の周辺では女の子が出現することは無かったです。




長々とありがとうございました。
310 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 02:38:54ID: Q9hFFzqw0.net
その後母と近くの特産品センターのような場所で遅めの昼食をとることに。
テナントの食事処に入り席に着くと、お冷がピッチャーと一緒に運ばれてくる。
とりあえず注文をして料理が運ばれてくるのを待っている時、私は喉が異常に乾いていることに気がついた。その日は秋の始めで、特別暑い日でもなく汗をかいたわけでもなく、とにかく冷たい水が飲みたくて仕方なかった。
普段は数口しか飲まないお冷を、一気飲みした。1杯では物足りなくてピッチャーの水を足して、3杯ほど飲んだ時。
ふっと背中からなにか抜けるような感覚がして、体が軽くなり気分の悪さも無くなった。
そんなに水が飲みたかったんだな、と少し悲しい気持ちになった。

母はもっとたくさん絵が描きたかったという感情に、私は最期に冷たい水を飲みたかったという感情に、ある意味取り憑かれていたんだろうなと思っている。
315 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 05:22:48ID: j7Ojdn3k0.net
怖いか微妙だけど

行ったことも見たこともないけど実在する場所に夢の中で行ってしまったことがある。

この前夢の中で写真すら見てない姉夫婦の住むマンションに行っちゃったんだよね。
俺はリビングのソファーでテレビを見ている姉夫婦に話しかけるんだけど、ガン無視される夢。
話しかけるの諦めて、適当に家の中うろついて、玄関から出るときに目が覚めた。

で、なんとなく気になって姉貴に家の写真送ってもらったら
怖すぎることにトイレとお風呂の間取りが逆になっていること以外、家具まで夢の中の家と一致していた。

ほんのり怖くて、姉貴にはお祓い進めておいた。
そういえば姉貴1歳の子供がいるけど夢の中には出てこなかったな。なんでだ?
323 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 11:05:43ID: H9YgK1Ky0.net
短いけど。私の知人に霊感の強い人がいて、ある日車をバックで止めようとしたら
後ろに人が立っていたらしい。ほかの同乗者に人がいるから少し待っててねと
話しかけたんだけど、ほかの同乗者にはその人の姿が見えていなかったようで
誰もいないよと言われたそうな
325 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 14:19:35ID: R7rPZNMr0.net
能登半島の海のすぐ近くの旅館に泊まったとき、温泉に入ろうとしたら俺と入れ違いで小学生位の男の子が入っていった。でもコロナ中だったから宿泊は三組くらいしかいなくてどれも年配の夫婦だったから、男の子なんていないはずだった。あの子は誰だったのかたまに気になる。
347 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:33:49ID: 5tXR66LU0.net
僕が中学精のときの修学旅行での話です
348 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:35:33ID: 5tXR66LU0.net
僕のクラスにはいつもニコニコしているけど友達はおらず勉強ばかりしている子がいました。
以降A君とします
349 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:36:45ID: 5tXR66LU0.net
僕たちの学校は沖縄へ修学旅行へ行きました
1日目は団体行動、2日目に班ごとで行動する工程で事件は1日目に起こりました
僕たちはバスで恩納村にある万座毛という観光スポットへ行きました
350 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:37:57ID: 5tXR66LU0.net
万座毛について紹介すると「沖縄の観光名所でもあるが、実は自殺の多い場所としても有名
今でも自殺者が絶えないとか…戦時中に一般市民が、米兵からの攻撃から逃れるために集団で自決を図ったともいわれている
さらに深夜になると、軍隊の行列が迫ってくるといわれている場所です
351 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:39:14ID: 5tXR66LU0.net
さらに深夜になると、軍隊の行列が迫ってくるといわれている。噂によると万座毛の岬へ行くと、不思議と飛び降りたくなるとか・・・」とここまでが抜粋です
352 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:40:17ID: 5tXR66LU0.net
要するにすごい崖を観光しました
ここでは先生引率の元、柵で仕切られたコースを回り始めました
修学旅行でみんな浮かれ携帯やカメラで写真を撮り始めるとクラス単位で回っていたので後ろのクラスがつっかえてきました
353 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:40:54ID: 5tXR66LU0.net
そこで先生が少し怒り始めて

「2周目回っていいから写真はやめて1周目はスムーズに回ろう」

と生徒達に促しました
354 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:41:44ID: 5tXR66LU0.net
生徒達は歩きながらも写真を撮ったりしながら先生の言うことを聞き流れはスムーズになりました
回り終えるとバス乗り場の近くにはとても小さなお土産屋がありみんなそこを少し見たあと各々バスへ戻りました
355 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:42:43ID: 5tXR66LU0.net
先生もあとからバスに乗り込んできてクラス委員に人数を数えさせ、人数が揃っていることを確認してバスを出発させました
高速道路に乗り1時間ほど経ち空も夕暮れ、次の目的地はステーキハウスでみんなウキウキしてたり、ウトウトしてたりしました
356 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:43:43ID: 5tXR66LU0.net
そんな中、生徒の誰かがボソっと言いました。

「Aくん居なくない?」
357 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:45:00ID: 5tXR66LU0.net
誰が言ったのかはわかりません
席順はみんな仲の良い友達同士で変えたりしていたので席順はあてにならず、みんなAくんが近くにいるか確認し合いました
しかし、Aくんは居ませんでした
爆睡していた先生も大慌てです
359 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:48:43ID: 5tXR66LU0.net
まぁ全員携帯は持ってきてますけど新手のゆさぶりかと思ってビビりました
そんなこんなで携帯を出す者、出すフリをする者も居ましたがみんな心の中である1つのことを理解してました

「Aくんの連絡先しらんし」

それを口に出す生徒も居ました
そうです。Aくんの連絡先を誰も知らなかったのです
360 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:49:48ID: 5tXR66LU0.net
そうこうしているうちに高速道路も降り、やがて目的地であるステーキハウスに着きました
ステーキハウスではピチピチのお姉さんがコスプレをして接客をしていてステーキもとても美味しかったです
何よりお姉さんがちょー可愛かったです
アーンもしてもらいました
361 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:51:01ID: 5tXR66LU0.net
このとき、担任の先生は居ませんでした
なぜならAくんの行方が分かったのです
ステーキハウスにつく寸前、先生宛に一報が入りました
362 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:51:57ID: 5tXR66LU0.net
Aくんのお母さんからの電話でした。
Aくんは万座毛のお土産屋で保護されているとのこと
すぐさま先生は単身で万座毛へ引き返しました
363 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:53:10ID: 5tXR66LU0.net
翌朝、クラスで集まるとそこにはAくんの姿がありました
みんなはAくんを質問攻めにしました
364 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:54:09ID: 5tXR66LU0.net
そこから分かったことを箇条書きにすると
•Aくんは万座毛で1人だけ2周目を回っていた(みんな1周目で満足したから2周目は回ってない)
•2周目から帰ってくるともうバスは全台居なくなってた
•携帯持ってきていなかったのでお土産屋のおばちゃんに電話を借りて家に電話した
•その日の晩ご飯は先生に買ってもらったコンビニのおにぎり2個
とのこと
365 :本当にあった怖い名無し2021/09/25(土) 23:55:14ID: 5tXR66LU0.net
みんな可哀想と思いながら楽しい修学旅行を満喫しました
その後何事もなく帰路につき、学校も卒業しました

そして、先生にはオトガメはなかったのですがそんな先生は昨年脳梗塞で亡くなりました


多分お酒の飲み過ぎです

終わり
366 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 00:03:14ID: H2vDf6660.net
コンビニのおにぎり2個に対する霊障やな
369 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 01:15:57ID: Eq6A1LuF0.net
書き込もうかと思ってるんですけど誰かいますか?
ID: DI1n2sYU0.net

よろしく
371 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 01:20:21ID: Eq6A1LuF0.net
高校生の頃、母の友人の猟師さん達と焼肉をした時の話。

その時の参加者は結構多く、猟師さんの友人やその友人、親戚など正確な人数は覚えていませんが、猟師さんの家の庭にあるプレハブ小屋でほとんどの大人たちはお酒を飲みながら各々焼肉を楽しんでいました。
ほとんどが中年(40代〜)の中、ひとり20代の男性がお酒も飲まず静かに焼肉を食べていました。彼はAさんと名乗りました。
あまり酔っぱらいの相手が得意でない母と私はAさんと話すことにしました。話した感じ、彼はとても温厚で優しい人だと感じました。
色々話していくうちに彼の関係者も混じり、少しずつAさんは悩みを話し出しました。
何故か仕事が長続きしないこと、特に心当たりがないのにいつも肩が凝っていて首まで痛いこと等。そんな話をしている時、はっきりは覚えていませんがパワーストーンの話になりました。
その時母は天眼石(目のような丸い模様のある石)のブレスレットをつけていて、「こんなのもあるよ」というふうにAさんに見せると、途端に彼の雰囲気が変わりました。
それまで静かで優しげな雰囲気だったのが、刺すような、誰も近寄らせないようなビリビリとした雰囲気に。
そんな変化に気付いたのか、近くにいた女性陣は用事をつけてサッと猟師さん宅の中に行ったりAさんから距離をとったりして避難しました。酔っていた男性陣は「取り憑かれたのかぁ〜?」「やべーやべー!」などと口々にAさんをからかいだしました。
その時のAさんは、このままにしておいたら人ひとり簡単にころしてしまうと思わせるような空気を纏っていました。
私と母含む女性陣がからかうのを止めるよう言っても酒の勢いは止まりません。
母は私と、比較的近くにいた猟師さんの奥さんに男性陣を小屋から出さないように頼むとAさんを連れて小屋の外へ出ていきました。
酔った男性陣が面白がってついて行こうとするのを奥さんと私とで「いい加減にしろ!」と止めること10分ほど、母だけが小屋に戻ってきました。Aさんは酒を飲んでいなかったので先に車で帰したそうです。
372 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 01:20:39ID: Eq6A1LuF0.net
焼肉が終わり、ぽつぽつと帰る人達に紛れ私と母も帰路につきました。
車の中で母から詳しい話を聞きました。
Aさんの先祖が首斬り役人でAさんには首を斬られた人達の恨みと、実際に首斬りをしていたモノが元々とり憑いていたこと。その影響で首に痛みがあったこと。それが目のように見える天眼石を見たことでAさんの自我を抑えて表に出てきてしまっていたこと。
もしあのまま放置していたら、最低でも怪我人、最悪タヒ人が出ていたであろうこと。

ちなみに母方の実家も先祖が武士の家系らしく、「○○(うちの苗字)家は武家。つまりA家の仲間だ。」と説得すると、明らかにAさんでは無い低い声で「仲間はころさぬ」と言われて寒気を覚えたそうです。
なんとか時代の変化と首を斬る事に囚われる必要が無いことを説いてAさん本人の自我を取り戻し落ち着いたところで、写経をしてきっちりと先祖供養と恨みの昇華をすることを勧めて帰宅をさせたとの事でした。

今でも猟師さん主催の焼肉に参加しますが、Aさんが来ることは一度もありません。Aさんの名前を出す人もいません。
Aさんがあの後どうなったのか、母も私も知る由もありません。

拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
ID: DI1n2sYU0.net

怖いね
375 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 01:41:33ID: nBHp9M5B0.net
初めて書き込みます。
しょうもなかったらごめんなさい。

登場人物、父、母、兄(当時19歳?)私(当時小学生)
私達一家はど田舎の島出身で、島のコミュニティから出たことのない一家でした。
そんな中、高校を卒業した兄貴が大阪の大学に通うことになり、兄は大阪へ引っ越して行きました。
引っ越しにあたり慣れない都会でアパートを探したり、生活必需品を揃えたり大変だった記憶があります。
兄の引っ越しやら入学やらの手続きが終わり、兄の居ない生活が始まりました。
当時はお兄ちゃん子ですごく寂しかったです。
そんな生活が過ぎ数ヶ月した夏の頃でした。
泊まりで兄の住む大阪へ遊びに行くことになりました。
私は早く兄に会いたいなととても浮かれていました。
たしか4〜5時間くらいかけて車で向かった様な記憶があり、疲れた思い出です。
現地に着くと狭いワンルームに兄貴が迎え入れてくれて、一緒に遊びました。
因みに兄貴の家はワンルーム?で玄関を入ると4畳くらいのキッチンに障子で仕切られた一部屋という感じです。
その障子はつねに開けていたので1つの空間として繋がっていました。
父、母は田舎から持って来た食料等が入った段ボールや袋をキッチンに置きました。
その後、兄貴も連れて家を出て、再度買い物に向かいました。
山ほど食料品保存食を買った様に思いました。
そして、買った物はまたキッチンに置きました。
父、母はまだ買い物に行く予定があったらしく、兄貴に『食品類は片付けときなさいよ』といい、また買い物に出かけました。
しかし、兄貴は昨日のバイトが忙しかったらしく寝始めてしまいました。
私もそこそこ疲れたので兄と同じベッドで眠りました。
それから数分後に微かにガサガサ鳴る音で私は目が覚めました。
376 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 01:58:40ID: nBHp9M5B0.net
375の続きです。

何の音だろう?と
最初は能天気に考えるだけでしたが、
どう考えてもキッチンで音が鳴っており
どう考えても何かがビニール袋を漁っている音でした。

寝ている位置ですが、私と兄はキッチンの入り口の近くに設置されたベッドに寝ており兄が壁側、私が室内側でした。
私はまずビニール袋を漁っている何者かに起きていることを悟られてはいけないと思いました。
でも、何が漁っているのかは見ておかないといけない様な気もしていました。
私は意を決してゆっくりベッドから起き上がりました。
キッチンと部屋は障子を開けている為、繋がってはいますが、ベッドの位置と漁られている場所は死角同士になっており、互いには見えていません。
そして、私は死角の部分から刑事ばりの鋭い眼光をそっと覗かせました。
そこにはすごくありきたりな強盗がいました。
ID: KtAnbdQC0.net

続きです。
仕事なのでかけるところまで。

顔を少しだけ覗かせると、全身黒い服でリュックを背負った人がビニール袋や段ボールを漁っていました。
私は全身が一気に硬直してしまいましたが、子供ながらに気付かれたら殺される。と思い、必死に息を殺し、軋む音さえもさせず2歩ほどの距離のあるベッドへ戻り、寝たふりをしました。
ただ、このままでは本当に殺されると思い、静かな声と小さな力で兄を起こそうとしました。
しかし、兄は全く起きません。
今になって思うと起きていた方が殺されていたかもしれませんが。。

どれくらいの時間が経ったか、私は寝ていました。
父、母が帰ってきて、
まだ、何も手をつけてないじゃない!
との母の声で2人して起きました。
強盗も居なくなっていました。
私は起きてすぐに強盗のことを説明しました。
しかし、誰も信じてくれませんでした。
何故なら玄関には鍵がかかり、物色された痕跡も無く、買い出しした物も多すぎて何が取られていたのかすらわからなかったからです。
私は後日、またこの強盗と出会うことになります。
392 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 18:25:12ID: KLFQjocy0.net
昨日、ダイビングの話と不動産の話を書かせて頂いた者です。
まだいくつか怖い話があるので、良かったら書かせて頂いてもいいでしょうか?
ID: hJIVjeik0.net

どうぞ宜しくお願い致します。
395 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 19:07:17ID: KLFQjocy0.net
ありがとうございます。


知り合いの方が幼少期に体験した話を書かせて頂きたいと思います。
その方はFさんという方で、H県出身の方です。
Fさんが小さい頃には近所にまだいくつかの防空壕の跡が残っていたらしく、友達と遊び場に使うこともあったそうです。
その中に一つ、お祖母ちゃんから『行っちゃいけない』と言われていた防空壕があったそうです。
なぜ行ってはいけないのか理由は分からなかったそうですが、近付かないようにしていたそうです。

ところがある日、友人二人と『あそこに行ってみようぜ』という流れになったそうです。
放課後、Fさん含めた三人は畦道を歩いてその防空壕に向かいました。
着いた頃には夕方の時間帯だったそうですが、防空壕の中は薄暗くなっていて奥の方は見えなくなっていました。
その雰囲気も相まって、怖くなってしまった三人はその場でしばらく立ちすくんでいたそうです。

帰ろうかみたいな流れになっていたところ、友人のU君が「俺行ってくる」と中に入っていきました。
Fさんともう一人の友人は「あいつすげぇな…」と防空壕の外からその様子を見ていました。
しばらくすると、防空壕の中からU君の「うわあぁぁぁーー!!!」という悲鳴が聞こえました。
『えっ!!??』と驚いていると、暗い防空壕の中からU君が走って飛び出してきました。
ビクビクしていたFさんともう一人の友人はそれに驚き、我先にとダッシュして振り返らずにそのまま帰宅してしまったそうです。



続きます
396 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 19:09:19ID: KLFQjocy0.net
翌日、学校に行くとU君も普通に登校してきていました。
そこで「昨日ごめん」と謝った後で「昨日、防空壕で何があったの?」と聞いてみたのですが、U君は「えっ?何が?」と返してきたそうで。
「いやいや、昨日の防空壕だよ。何かあったんでしょ?」と聞くも「えっ?いや、別に」と噛み合わずに何も教えてくれなかったそうです。


その後間もなく、U君は隣の市であるH市に引っ越してしまいました。
やがて数ヶ月して再びU君の名前を聞くことになるのです。
それは川のそばで小学生の変死体が見つかったという事件であり、それがU君だったそうです。


防空壕であったことと、U君の死が関係しているかどうかは分かりません。
ただあの日何があったかはもう知ることはできません。
Fさんは淡々とした口調で話してくれましたが、僕は背筋がゾッとするような話でした。



以上です。
398 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 21:19:16ID: UIpyGymL0.net
俺も他のひとから聞いた怖いって言うより不思議な短い話
話してもいいですかね?
403 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 22:10:47ID: UIpyGymL0.net
いやーすまんすまん書いてたの忘れてたわ
それじゃ話すね
404 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 22:18:40ID: UIpyGymL0.net
これは他の人から聞いた話なんだがその人をAさんとする

Aさんはそのときとある港に夜釣りに行ってたらしい

そして帰ろうとしたとき海に人みたいな何かが飛び込んだらしいんだよ
ビックリしたaさんは海に入ってその飛び込んだやつを探したらしいんだよ
いくら探してもそいつはいなくて
いくら待っても上がってくる様子もなくて
Aさんは怖くなって帰ったらしい
以上
ID: 06YlrPvj0.net

それ時間の狭間にAさんが迷い込んでたって話か?
ID: 06YlrPvj0.net

人みたいな何かが飛び込んだと思ったが、実は飛び込んでたのは数分後のAさんであり、時空の狭間にAさんが迷い込んでたって話の方が怖い。
405 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 22:19:34ID: UIpyGymL0.net
俺も詳しく聞いてないけど
Aさんは河童かなにかだと思ってるらしい
407 :本当にあった怖い名無し2021/09/26(日) 22:21:19ID: 06YlrPvj0.net
河童が海に出るかよw
417 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:28:36ID: oIkVcYQJ0.net
おはよ
朝からすまんが俺が体験した話をきいてくれー
420 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:53:01ID: oIkVcYQJ0.net
怖いというよりも、気味悪いなて思った話なんだけど、俺が小学生の時の話になる
簡単に情報書いておくと、おかん←霊感持ち、親父←凡人、俺←一人っ子の3人家族やった。
俺が小学校上がるときに、両親が戸建ての家を買ったんやけど引っ越しして2日目でおかんが金縛りにあって、そこから2・3日毎晩金縛りにあってたらしい。
422 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:54:27ID: oIkVcYQJ0.net
確かに家鳴りていうの?なんか天井からパキッみたいな音がよくしてた。でも、新築だし
木が湿気とかできしんでるのかな?なんて思ってたけど、住み始めて3・4年経っても音は昼夜問わず鳴ってた。
あとは足音が聞こえたり、飼い猫が誰もいない階段に向かって威嚇してたりてのは頻繁に見かけた。
423 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:55:26ID: oIkVcYQJ0.net
んでここからが俺が気持ち悪いと思った経験の話なんだけど、小学校3年生の夏休みの事。
両親共働きだったから、日中一人で家にいたんだ。宿題やったりゲームしたりアニメ見たりしてたんだけど、
いきなり二階の自分の部屋からドンッ!て音がしたのよね。
さすがに怖かったけど、どうしても気になって見に行くことにしたんだ
424 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:56:31ID: oIkVcYQJ0.net
でももし泥棒とかだったら丸腰は怖いから、通学用のヘルメットかぶって、右手に木刀、左手にエアガン(当時の俺のフル装備www)で階段を上がった。
でいざ自分の部屋に入ってみたけど、案の定誰もいなかった
425 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:57:40ID: oIkVcYQJ0.net
泥棒かとも考えたけど、俺の部屋はそもそも2階だし、梯子をかけるとしたら位置的にリビングからは丸見えだから絶対に気が付くはず。
なんだか怖くなって、家のカギ閉めて、近くの幼馴染の家に親が帰って来るまで、お邪魔させてもらってた。
親が帰ってきたから事情話して泣きながら「もうしばらく部屋には入りたくない」と伝えたら、
「じゃあ部屋の中を綺麗に片づけて、もう部屋に入らなくてもいいようにしよう」と言われたので、おかんと一緒に片づけることにした
426 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 07:58:43ID: oIkVcYQJ0.net
必要なおもちゃは1階の和室に持っていって、ウルトラマンとか仮面ライダーのソフビ人形は段ボールに入れて自室のクローゼットにしまった。
そこから2年間は自室に誰も入らなかったと思う。俺ももちろん入らないし、両親も入ったところは一度も見ていない。
友達が遊びに来ても、両親の寝室があるので2階には上がれないと言っていた。
427 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 08:00:04ID: oIkVcYQJ0.net
それから2年ほど経って、小学5年生くらいの時に所属していたサッカークラブで県外の姉妹チームのメンバーが民泊で家に泊りに来ることになった。
なのでさすがにそろそろ俺の部屋を開放しようとおもってビビりながらもおかんと部屋に入ったんだ。
428 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 08:00:55ID: oIkVcYQJ0.net
2年も入っていなかったわけだから、中はほこりっぽく、若干カビ臭さを感じた。
それでも片づけをしてから部屋を封印したので、部屋自体はきれいなままだった。
一部を除いて、、、
429 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 08:02:10ID: oIkVcYQJ0.net
それは部屋のど真ん中にあった。
段ボールに入れて片づけたはずのウルトラマンとその怪獣のソフビ人形が重なった状態で円を描くよう
に並べられていた。全身の毛が逆立つのを感じた。
誰も入っていないはずなのに、なぜか遊んだ?形跡があった。
430 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 08:03:28ID: oIkVcYQJ0.net
それから、部屋全体に塩をまいて部屋の喚起をし、きれいに掃除をしてしばらく使っていたが、特に何も起きなかった。
ベッドが木製だったこともあり、かなり傷んできていたので買い換えたんだがその時おかんに初めて聞かされた。
そのベッドは引っ越す時に、親戚からもらったベッドだったんだけど、
そのベッドを使っていたのが親戚の亡くなった男の子の物だったらしい。

以上だけど、なんかがっつり幽霊とかじゃなくてスマン。読んでくれた人ありがとう。
431 :nanashi2021/09/27(月) 08:27:38ID: Lgaokmxi0.net
おもろい
432 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 09:26:02ID: Sl8Ij7PR0.net
盛り塩じゃなくて撒くのか?力士かよw
434 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 11:20:00ID: tnwJHmyO0.net
私は、居合道に特別な魅力を感じています。真剣を振り降ろす男性の表情に、
思わずドキッとするんです。
そんなわけで、近くに道場があったから見学に行ってみました。
師範が「えいっ」という声とともに畳を真っ二つにする様子を見て、興奮で性器が収縮するのを感じました。
顔は真っ赤になり、パンツにシミができそうなので足早にその場を去ったんです。
すると練習を終えたばかりの中年男性が、「日本刀に興味があるんですか?」と声をかけてきました。
「はい、刀の美しさと切れ味に感動しまして…」
「それはいい。僕と同じ価値観です。相性がいいな」
私たちは意気投合し、歩きながら会話も弾みました。だけど、すごくエッチしたい気分だったので
「あなたが刀を振り降ろす姿にも興味があります」と、誘いをかけたんです。
「では、オリジナルの居合いをお見せしましょう」
一人暮らしをしている自宅が近いと言うので、おじゃまさせてもらいました。
そこは広めのワンルームで、コーヒーをご馳走になった後に信じられない光景を見てしまい…。
彼はスポンジケーキの上にポッキーを数本立てると、なぜかいきなりスボンを下ろし、
黒光りする男刀を露出したんです。
「えい、やぁ!」
かけ声とともにペニスを振り回すと、ケーキが倒れることなくポッキーは勃起の力で
ポッキリ折れて飛び散ります。
「お見事、すごいです」
褒めてあげると、喜びながら床に落ちたそれを拾って食べ、
「次はあなたを使った居合をしたい」と言ってきました。
おそらく私の溢れ出る性欲を見抜いたのでしょう。強引にベッドへ連れて行き、
秘部がしっとり濡れているのを確かめると、男根を一気にグサッと突き刺しました。
「いや〜っ、いい。子宮が、一突きされたぁ…」
夫の短刀では、絶対に達することのできない領域に触れ、体が無意識に痙攣し始めます。
「もっと動いて。刀を研ぐみたいにガンガン来て」
焼き入れしたように硬くなったソレは、一気に柔らかくなり射精を終えたようでした。
日本刀もペニスも、私にとっては芸術品。刀と鞘のようにピッタリ合った彼とは、
どことなく運命を感じました。
ID: G5N9fhjf0.net

いつホモになるのかと楽しみにしてたのに裏切られた
ID: /K2uEikL0.net

女やったんかーい
444 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 16:47:34ID: Z00MEP0b0.net
この話は他のひとから聞いた話で その人をNさんとする(俺自身そこまで怖い経験してないから聞いた話しかできん)

Nさんはそのとき友達と原付に2人乗りして田んぼのところらへんを走ってたらしい

そしたら田んぼの片隅にしゃがみこんでいる白い服を着た女が見えたんだって
でもそのとき時間は真夜中だし通りすぎることにした

友達は若干ビビってたみたい
そしてNさんは考えた!
「あの女が走ってきてるって嘘ついたら友達ビビるんじゃね?」
そうそのとき友達は運転していたので後ろが見れなかった
そしてNさんは迫真の演技で
「オイオイオイ!ヤバイってあいつ走ってきてるって!」

友達「え!?ヤバイヤバイ!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

ビビる友達
笑うNさん

まぁそのあと何もなかったらしいけどあいつはなんだったのかわからないんだって
以上
445 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 16:52:50ID: Ama0e4fP0.net
俺もしていい?
447 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 19:37:12ID: dG42QMGb0.net
誰も良いって言ってないけど話すわ

昼過ぎに地下鉄乗ったんだわ
音楽聴こうと思ったけど、このご時世で窓開いてるからめちゃくちゃうるせーんだよ
で、ぼーっと車両内見渡してたら、女客がさ、なんか変なんだよ
普通に白いプリーツマスクしてて、垂らしてる髪はパーマでパサついた長い茶髪で、眼鏡してた
眼鏡の奥の目が、がっつりメイクっての?
アイシャドウとアイライナーとダマになったマスカラで目元が真っ黒
そんで黒目がでかく見えるカラコンかなんかしてるのか、白目が判然としない
ってか、まぶたと鼻筋の陰影とか目に光が当たった反射とか隈とか、そういうのもわかんなかった
塗りすぎじゃん
今ってそういうメイク流行りじゃなくね? 良く知らんけど
なんか夜店で売ってる美少女戦士のお面みたいなメイクだな、ガッツリじゃなくてのっぺりって言うんじゃねーの、とか思ったけど、まあ電灯いっぱいついててもやっぱ地下だし薄暗いからそのせいかもな
特に面白い広告とかもないし、やっぱ音楽聴こっかなってイヤホン出したら、地上に出た
別に異世界トリップした訳じゃなくて、その路線、一部区間だけ地上走るんだよ
天気良い日でさ、やっぱ明るいの良いよなあって、ホッとするというか、気持ちが和らいでさ
女を見た
吐いた息をまた吸った

顔が、やけに黄色い
Tシャツにプリントされた静物画の早生みかんみたいな色
顔の凹凸は無いというか、陰影だけ見ると顔じゃなくて円柱か?
こめかみのとこが微妙に浮いてて気づいた
お面だ
節分の時に豆と一緒にペラペラのボール紙の鬼のお面売ってるじゃん、ああいうやつ
たぶん、ウレタンマスクとかそういう感じの布でできてる
あ、あれか、ちょっと大きめのアイマスクかなって目線下げたら、女ずっと高速でスマホいじってる……
どっから見てんの???
目の穴ないじゃん

呆けてるうちにその女客は居なくなってて、降りる駅も過ぎてた
448 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 19:52:29ID: JExFD0wa0.net
語彙力ないし、つまんないと思うけど書き込みます。 実話です。私が中学生のときの話です。授業と部活が終わって分かれ道で1時間半ぐらい話してました。そして暗くなってきてやばいやばいって言いながら分かれました。早く帰るためにいつもは使わない近道を通りました。その道はザ・田舎って感じの田んぼと看板だけって感じの舗装されてはいるものの少し凸凹してる道です。前はそれなりに人通りがありましたが、近くに新しい道路ができてから人が通らなくなりました。その道は前はよく通っていましたが、分かれ道で別れた友だちとは別の子と一緒に帰るために道を変えました。だけどその日はその子が休んでたから、久しぶりに近道を通りました。
449 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 19:53:47ID: JExFD0wa0.net
とても強く、私は気のせいじゃないと思い、自転車を捨てた家へと走りました。そして家につくとお母さんが「あら、おかえり。遅かったじゃない…やだ!その足どうしたのよ!」おそるおそる足を見ると、私の足は傷まみれで、手形の痣がついていました。そして母にあったことをすべて話すと、近くの神社(近くって言っても1キロぐらい離れてる)に連れて行ってくれました。もう七時を回っているのに車を出してくれた母には感謝しています。その神社は私の通っていた病院の近くにあり、そこのおじいちゃんとはそれなりに仲が良かったです。神社へ行くとおじいちゃんは話をしていないのに何かあったと悟ったらしく、神社の離れに案内してくれました。そして私の周り半径1メートルほどを囲みました。おじいちゃんは「明日、日の出までここから出るな」と、言われました。母も離れに泊まることになり、おじいちゃんは朝までずっとお経を唱えていました。すると扉をドンドンドンと叩く音がしました。私とお母さん半泣きお母さんがずっと抱きしめてくれました。次の日にはもう何の音もしなくなりましたがとても怖かったです。
456 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 23:48:12ID: rx/ea/P50.net
人に話さないから話がグダグダかもしれん申し訳ない

小学5.6年の頃の話なんだけど、両親兄俺で兄の運転する車で祭り?か何かに行く予定だったんだけど、それがまぁ山奥で(元々地元田舎だったしまぁ山奥でも祭りはあるだろと思って当時は何も感じなかった)道のりも長く俺は後部座席でうたた寝したわけ、
しばらく経って急に車が止まるから何かと思って辺りを見渡すとシンプルに兄が道を間違えてUターンする所だった。そこですっかり目が覚めた俺は何も無い山道を下ってるのを窓から見てたから木々の間から灯篭流ししてるのが見えたわけ
直ぐに母に「見て、灯篭流ししてる、綺麗だね」って言ったんだけど母は「何言ってるの?‪w山奥で川もないのに灯篭流しするわけないでしょ」って言われた。
兄に頼みもう1回同じ道を通ってもらったんだけど確かにただ木が並んでるだけだった。
あれは何だったのだろう
457 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 23:50:21ID: rx/ea/P50.net
って感じだ
正直不思議な体験は結構してるけどどれもオチないし怖いって感じもしなかったからこれだけにしとく。
458 :本当にあった怖い名無し2021/09/27(月) 23:58:57ID: rx/ea/P50.net
連投すみません
怖い話と言えば最近困ってることがあって、スレチだったら申し訳ない。
一人暮らし始めて1年以上経つんだけど今住んでるアパート、勝手にカーテンが開いたり押し入れが開いてたりするんだ。自分の目の前じゃなくて家に帰ってきたら開いてたってことが多くて。
そんでこの間友達家に泊めた時、友達がシャワー浴びてたんだけど急にシャワー室のドア開けて「今誰か通った気がする」って言われたんだ、勿論誰も通ってない。そいつには勝手にカーテンが開いたりすることは言ってない。

これって霊と関係してるか?
ID: i0yepEFs0.net

こえーよ
すぐ解約しなさい
459 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 00:11:32ID: yEKTga5p0.net
ポータルが使える泥棒が、人知れず山で彷徨っていた可能性
461 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 08:14:14ID: 8eMEmbfR0.net
目の前じゃない=自分で開け閉めしたのを忘れてるだけ
統合失調症になる前に病院池
463 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 15:27:48ID: R0Gkc5kG0.net
オバケに取り憑かれる前にこっちからオバケにとりつくことは可能かどうか検証委員会の設置を
475 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 20:51:03ID: JL9F0+R+0.net
長い文章だるいから短く書くけど
ワイが小5くらいの時に友達のお婆ちゃんの家に泊まりに行った話をしよう
友達と友達の妹とその家の飼ってるコーギーが一緒に泊まってたんだけど
夜寝てたらおしっこに行きたくなって目が覚めてトイレに行くと
トイレの通りにある玄関の前でコーギーが座ってたんや
夜なのに寝ないで元気だなぁって思って撫でてたら
吠えてる所を見たことないコーギーがいきなり吠えはじめて
ワイはこんな夜中に吠えるのは住んでる友達のお婆ちゃんも居るしまずいと思って焦ってたら
ワイに向かって吠えてると思ったそのコーギーの視線が明らかにワイじゃなくワイの後ろに向かって吠えてるのに気付いて
恐る恐る後ろ振り向いたら赤黒いよくわからないものがこっちを見下ろしてこっちを見てた
よくわからないそれの奥の方にあった目があった瞬間に
朝起きたら布団が汗でべちょべちょになって左腕に何かに掴まれた痕が残ってた
その事を友達にも話したと思うけど反応は多分そんなになかったと思う話した時の会話を覚えてないからね
ワイはその後その家に泊まりに行くことはやめた
478 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 21:57:18ID: 7BEGHmfv0.net
俺もガキの頃いとこん家で昼寝起きに同じ様な物?見た事思い出したわ今。
その家はその後一家離散した。床から2mぐらいの高さで海藻類?ヘドロ状?
巨大な海苔の佃煮系…みたいな所々赤黒くて直立常態でユラユラ全体的にゆっくり揺れてた。
所々に人の顔が何体か埋まっててソイツらがめいめいに目がキョロキョロと動く…。
何だコレ?とあまりに怖くて…気絶。
気付けはなぜか帰りの親父の車の中だった。
あまりにも怖くて今だに嫁ぐらいにしか話してないわ。 
只、その時何を考えたのかそのヘドロを掴んで夢で寝ぼけてるのか?現実か?の証拠にしようと両手で力一杯掴もうとした記憶だけはあって…帰り車中でみたら両肘から下が…噛まれたような跡だらけで血糊がついていた…。
479 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 22:02:58ID: 7BEGHmfv0.net
全体に赤黒くて所々が深緑で…埋まっている顔には男も女も赤ん坊も爺も婆もいたが…中高年以降の女割合が高かったな…24〜5個ぐらいの顔だけが埋まっていた…。
480 :本当にあった怖い名無し2021/09/28(火) 22:06:33ID: 7BEGHmfv0.net
口々に何か…ボソボソとしゃべっていたな…そして凄く臭かった。
何にも似てない独特の匂いで今だにあれに似た匂いか嗅いだことないわ…。
505 :本当にあった怖い名無し2021/09/29(水) 22:19:04ID: mw0Cm+cq0.net
友人から聞いた話をしていっていいだろうか

友達と言っても自分が社会人を経験したあといった専門で仲良くなった若い子の話
その子がまだ中学生だった頃、学校でこっくりさんが流行って放課後友人たちとやって遊んでいたそうだ
運悪くこっくりさんの最中で先生に見つかり怒られて中断してしまったが、最後に使用していた紙を川に流すっていうルールは守ったらしい
友人は途中で人が入って来ちゃったけど形式的にはちゃんと終わらせたし、とその日は特に気にすることもなかったそうだ
が、翌日学校に行ってみると机の上に昨日川に流したはずのこっくりさんの紙が濡れたまま置いてあったらしい

もしかしたら一緒に遊んだ友達のいたずらかもしれないが気味の悪い経験をしたと話してくれた

ちなみに自分の時代もこういう遊びあったけど紙を燃やして終わっていた気がする
年齢も住んでいるところも全然違うのでルールも変わるのだなぁと思ったよ
527 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 09:56:46ID: 3JUsAeeq0.net
自分が経験した怖い話。

国道246を使用して横浜から東京方面に車を走らせていた。
神奈川と東京の境にある多摩川付近に差し掛かった時に、空に真っ黒な飛行機雲のようなものが国道を低く横切るように伸びているのを見た。
飛行機雲よりもっと形がシャープ(もくもくしていない)。”飛行機雲”と書いたが、それ以外の表現を知らないので、ここでは雲と記載する。
多摩川の陸橋に上がったら、その雲は進行方向左側にあるある戸建ての家から出ているのが見えた。
一瞬、「火事の煙かな?」とも思ったが、火事の煙はもくもくと空に広がるが、先に書いた通り飛行機雲のように細い状態で伸びていた。消防が来ている様子もなし。
その家から出た真っ黒な雲は、進行方向右側にずーっと伸びていって、先は見えなかった。
何かご不幸があり、どこかからのお迎えの道が見えたのか、それともこれからご不幸がある印なのかとちょっと、怖くなりました。
529 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:15:37ID: 3JUsAeeq0.net
もう一つ。

原付スクーターで通勤している。
ある日、結構遅くまで残業して会社を出た。
帰路の途中に、民家もお店も無く、かなり寂しいところを通る。
その日の帰りは、ほかのバイクの後ろを走る感じで帰路についた。
真っ暗な中に街灯が一定の間隔で並んでいて、街灯の下を通るときは、前のバイクが照らされてはっきり見える。
街灯の下を通り過ぎると、薄暗い自分のスクーターのヘッドランプの光だけ。

街灯の下で前のバイクが見える、通り過ぎると見にくくなる・・・をしばらく繰り返した。
なんとなく、前のバイクのヘルメットの後ろを見ながら走っていた。真っ白なヘルメットだった。

しばらく走って、また街灯の下に来た時に、街灯の明かりに照らされたヘルメットの後ろに男の顔が浮かんだ。
「あっ、後ろを振り返ったのかな」と一瞬思ったが、人の首は真後ろ180度には回らない。
その顔は前のライダーのヘルメットの真後ろに浮かんでいた。
その顔と目が合った。
街灯の下を通り過ぎるとともに、その顔もふっと消えて、次の街灯の光の下では普通のヘルメットだった。
ぞっとした。
すぐにスクーターをわきに寄せて止まって、しばらくじっとしていた。
特に事故もなく帰宅することができた。家に入る前にヨメに塩を振ってもらった。
530 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:35:15ID: 9GN64od10.net
俺も書かせてくれ。俺が高校生の頃。つい最近みたいに、台風で学校が休みになって、俺は家でPS4を親友(Aとする)としてたんだ。今で言うPUPG的なゲームをしてた。最初は楽しんでやってたけど、何試合かやったところで、だんだんと退屈になってきた。だから俺とAはチャットのところで適当に、ひまー、とか、風やばとか送りあってた。ふと、Aが台風のときに肝試しとかできんのかな笑笑みたいなことを送ってきたから、俺は適当に、やればできる!って送ったわけ。(俺、ティモンディだな笑)まぁ冗談だと思ってた。こんな時に流石にできないだろって。でもだんだん本気っぽくなってきたんだ。頭がいいってわけでもなく、言ってしまえば馬鹿が通う高校に行ってた俺らにとっては勉強しよーぜとかならなかった。だから、だんだん本気で肝試し行く?ってなってきたんだ。
531 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:35:52ID: 9GN64od10.net
とうとう本当に行くことになってしまった。場所として俺とAは、両方の家のすぐ近くに森があるんだが、そこに行くことにしたんだ。特にそこは幽霊が出るとかそんな噂はなにひとつない。ただ少し陰気臭いってだけで。こんな大雨&強風の中、傘さして森の前まで行ったんだよ。Aはもう来てて、肝試しとか小学生の頃以来だったから、ちょっとワクワクしてた。中に入ったあたりの時、風と雨の音が唸り声みたいに聞こえてAと俺は幽霊か!幽霊か!とか笑って騒いでた。
532 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:36:29ID: 9GN64od10.net
でもここからがやばいんだ。ある程度森を進んだところで、小さい家みたいなのを見つけた。小屋とかじゃなくて、本当に小さい家って感じ。猫の恩返しだったか忘れたけど、そこに出てくる猫の国?の家をちょっとアレンジしたような。俺とAは面白半分で、家の扉を開けようとしたんだ。どうせ開かないだろって。そしたら開いてしまった。Aと俺は好奇心で、中を少し覗くことにした。見た目よりも中は相当汚かった。なんでこんな見た目だけ綺麗にできるんだろって感じ。中はゲロみたいな匂いがした。変な液体を染み込ませた紙がそこら中に散らばってて、文字?図?が書いてあったみたいだけど、汚れててわからなかった。
533 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:36:29ID: 9GN64od10.net
でもここからがやばいんだ。ある程度森を進んだところで、小さい家みたいなのを見つけた。小屋とかじゃなくて、本当に小さい家って感じ。猫の恩返しだったか忘れたけど、そこに出てくる猫の国?の家をちょっとアレンジしたような。俺とAは面白半分で、家の扉を開けようとしたんだ。どうせ開かないだろって。そしたら開いてしまった。Aと俺は好奇心で、中を少し覗くことにした。見た目よりも中は相当汚かった。なんでこんな見た目だけ綺麗にできるんだろって感じ。中はゲロみたいな匂いがした。変な液体を染み込ませた紙がそこら中に散らばってて、文字?図?が書いてあったみたいだけど、汚れててわからなかった。
534 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:36:30ID: 9GN64od10.net
でもここからがやばいんだ。ある程度森を進んだところで、小さい家みたいなのを見つけた。小屋とかじゃなくて、本当に小さい家って感じ。猫の恩返しだったか忘れたけど、そこに出てくる猫の国?の家をちょっとアレンジしたような。俺とAは面白半分で、家の扉を開けようとしたんだ。どうせ開かないだろって。そしたら開いてしまった。Aと俺は好奇心で、中を少し覗くことにした。見た目よりも中は相当汚かった。なんでこんな見た目だけ綺麗にできるんだろって感じ。中はゲロみたいな匂いがした。変な液体を染み込ませた紙がそこら中に散らばってて、文字?図?が書いてあったみたいだけど、汚れててわからなかった。
536 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:38:43ID: 9GN64od10.net
Aはそれをもっと近くで見ようとしたのか、家の中に足を踏み入れたんだ。そしたら、思ったよりも床がネチョってたらしく、コントかよ!ってぐらい大きく滑って転んだ。んで、俺はそんなAを見て大笑いしたし、Aも最初は思いっきり笑ってた。
537 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:39:27ID: 9GN64od10.net
でもAは自分の手を見て、急に真顔になった。ふざけてるんだと思って、相変わらず俺は大笑いしてたけど、Aは「おい、見ろよ」と俺に言ってきたんだ。Aは手を俺に伸ばしてたから、手を見てほしいんだなと思った。家は暗くて手は見えにくかったけど、なにやら白くてネバネバしたのがついてたのが分かった。精液…そう思った。けどどうやらそれは違くて、近くに少し大きめの白ペンキのバケツが転がってたから、Aの手はペンキに汚れたことがわかった。俺はすかさず、「ペンキだよそれ」って笑って言ったけど、Aは「そうじゃない、違う、」と言って白ペンキのバケツを指差した。
538 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:40:46ID: 9GN64od10.net
俺はもう一度そのバケツをよく目を凝らして見てみたんだ。そしたら、バケツからは丸められた肉欠みたいのが2つ3つ転がっていて、その肉はペンキまみれだった。だけど、ところどころじんわり赤くなっていて、見るからにまだそんなに腐っていなく、なんなら新鮮な感じがした。そこで俺とAはなにかやばい予感を感じて、急いで家を出て、森の出口へと全速力で走ったんだよ。ふざけて唸り声だとか言ってた風とか雨の音は、本当に誰かの唸り声なんじゃないかとさえ思えた。
539 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:41:17ID: 9GN64od10.net
森の出口まできたところで、やっとAと俺は止まった。息切れだった。走ってる時は息切れとか気にしないで、ただ逃げないとって思って無我夢中で走ってたから、息切れに気づいた時にはもう心臓バクバクでやばかった。
540 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:41:17ID: 9GN64od10.net
森の出口まできたところで、やっとAと俺は止まった。息切れだった。走ってる時は息切れとか気にしないで、ただ逃げないとって思って無我夢中で走ってたから、息切れに気づいた時にはもう心臓バクバクでやばかった。
541 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 17:42:06ID: 9GN64od10.net
その後は特になにか悪いことが起こるとかそういうこともなかったけど、ただひたすら怖くて、俺とAはそれぞれの家に帰っていった。
まぁこんな感じだ。こういうのって現実で話してもありえないとか言われて嘘認定されちゃうんだけど、ここなら本当だって信じてくれるかな?笑笑(実際こんなことあったら俺だって信じられないから、釣りだと思ってもらって構わない。)
ID: TzgNaCAt0.net

色々質問したい!
その前に臨場感が凄く伝わって来た!
無我夢中で森を走り抜けたとことか。
542 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 22:33:38ID: f06zdlTu0.net
全然怖くないので申し訳ないですが、話させてください。(以下口語文です)


因みに今までに黒い人とか、靄とか見たことないので多分霊感はない。母は今まで一回も幽霊とか見たことなくて1ミリも信じてないけど、父は何回か見たことあるって言ってた(本当か分からんけど)。
ただ、昔から直感で「ここなんかヤバいな」って感じたり、普段はそんな事ないのにその道を通ると絶対目眩がしたりとかそういうことは多々ある。

ほんで、近所にめちゃくちゃ怖い道があって(なんて言うか、後ろから視線?感じたり、空気が重い?感じ。毎回その道歩く時身縮こまる)、ほんまは通りたくないけどその道絶対通らな家帰られへんから、塾帰りとかは恥ずかしいながらも毎回仕事終わりの母と最寄り駅で待ち合わせして一緒に帰らな帰られへんぐらい。
怖い道っていってもただの住宅街の普通の道で、一番怖い場所はマンションの人専用の砂利の駐車場?(表現下手くそでごめん)の前やねんけど、ほんまになんもない普通の道やから母にも「ビビりやのに怖い話ばっか読むからやん」っていっつもバカにされてた。
543 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 22:38:38ID: f06zdlTu0.net
で、1ヶ月前?ぐらいのことやねんけど、その日は母の仕事が早番で先に家帰ってて、怖いけど渋々塾終わりに一人でその怖い道通ることになってしまった。
せめて怖い気持ち紛らわそうと思ってスマホ見ながらスタスタ歩いてて、ついに最難関の駐車場まで来た。
友達とLINEしながらやったからか気持ちいつもより気楽やって、そのまま勢いで通ったれって思って一切駐車場の方見ずにスマホだけ見て歩いた。

そしたら「駐車場になんかいる」って気付いて、気付いた瞬間一切駐車場の方に目向けてないのに何故かハッキリ小さい男の子が膝抱えて座り込んでる姿が頭の中に浮かんだ。
真っ黒の髪で、小学生くらいの子?で服装はちゃんと分からんかったけど、膝小僧丸見えやったからズボンは多分短パンやと思う。その駐車場にずっとボロボロのバイク置かれてるんやけど、謎にそこの上にお行儀よく三角座りしてた。10:00超えてるのに小学生がそんなとこおるのも色々とヤバいけど何せ怖かった。
真っ黒な目でじっとわたしの方を見てて、一刻も早く走り去りたかったけど「今わたしがコイツのこと認知してることバレたらヤバい」って何となく思ってLINEしてる友達にもいわずに平常装ってゆっくり歩いた。

家帰った後母に言ったら「この時間にあんなとこに子供おったらヤバいやろ!」って言って父が例の駐車場見に行ったけど誰もおらず。結局わたしの見間違えやろって話になっておわった。

その日の晩に金縛りなったけど、今受験期で疲れてるからか週3ぐらいで金縛りなってるから多分その男の子は関係ないと思う。

その男の子の雰囲気がずっしり重い?のっぺりしてる?感じで、とにかく怖かったのは覚えてる。
544 :本当にあった怖い名無し2021/09/30(木) 22:44:10ID: f06zdlTu0.net
表現下手くそで分かりにくくてごめんなさい…普段から本読んどけばよかった……

この1週間後ぐらいに母の後ろに一瞬眼孔かっぴらいて母のこと見てる女の人がいると見たけどその人はあんまり怖くなくて軽い?フワフワしてる?かんじだったから男の子は地縛霊かなんかなのかなあと今更ながら思っています。
(母に言ったら「背中叩いて!」って言われたけど、背中叩いたら余計に女の人入り込む気がしたので塩かけてシャワーで洗い流した方がいいんじゃないって言っておきました)


全然怖くない話のに長々とすみませんでした<(_ _)>
545 :本当にあった怖い名無し2021/10/01(金) 07:05:24ID: DLiUf4460.net
居酒屋でタイプの女の子店員がいたから「めっちゃカワイイですね。好きです」とかスマホに表示させてオーダー取りに来るときにわざと見えるように置いてたらちょっと顔赤くして照れ照れしててそれがさらに可愛くてうおおおおってなって
「彼氏さんいますか?いなかったらテーブルを2回トントンってして下さい」って書いてビール持ってきた時にそろそろーっとトン…トンってやってくれてテヘヘ…みたいな感じでニコニコして去っていってうわあああああああああクッソかわいいいいってなったんだよ
友達と2人で飲みに行ってたから「顔面がまだマシかなと思う方にジョッキの持ち手を向けてください。お願いっ」って書いたら
お待たせしましたーええっ!てちょっと驚いてて、う〜〜んって悩んだ後にすーっと俺の方に持ち手が……その瞬間俺とその子目合ってしばらく見てたら恥ずかしいから戻りますねっとか言ってきてぐわわああああああって感じだったんだが
ID: bvWtG7z50.net

オカルト関係ないやんwww
547 :本当にあった怖い名無し2021/10/01(金) 15:00:38ID: 50CwgSgV0.net
ワロタ
550 :本当にあった怖い名無し2021/10/01(金) 20:51:51ID: qpy7uDkf0.net
大学進学のために一昨年田舎から上京してきたんだけど、引っ越して1年〜1年半は金縛りが酷かった。
実家に住んでた頃も真っ黒い人が玄関に立ってたり、金縛り中に耳元で死ねばいいのにって言われたりしたことがあったから、それに比べればマシかな〜位に思ってた。
ある時、神社の夢を頻繁に見ていることに気づいた。
毎日ではないんだけど、月に数回は神社の夢を見ていたと思う。綺麗な森の中にある小さな神社、特大サイズで立派な神社、いまにも崩れてきそうで不気味な神社。夢の中に出てくる神社は様々だけど、何度もそういう夢を見ていると、自然と神社に参拝しなきゃいけないんじゃないか?って気持ちになってた。
後日、グーグルマップで近くの神社を調べてみると、自分の苗字と同じ名前の神社があって、そこに参拝してから金縛りにかからなくなった。挨拶くらいしに来いよってことだったのかな?
551 :本当にあった怖い名無し2021/10/01(金) 21:09:43ID: qpy7uDkf0.net
俺は田舎育ちなんだけど、山に呼ばれた経験が1度だけある。たしか12月ぐらいだったかな?
夕暮れ時だったんだけど、急に〇〇山に登らなきゃいけない!っていう気持ちになって、原付で急いでその山に向かったのを覚えている。
それまで山登りなんてしたことがなかったし、外も暗くなってきてたから、今考えても絶対にどうかしてると思う。でも、その時は絶対に登らないといけない気がしたんだよね。
山に着いてからは猛ダッシュで山頂まで登って、祠か何かに挨拶して、猛ダッシュで駆け降りて来たのだけ覚えてる。分かれ道とかがあったんだけど、何故か山頂に着いた。1度も来た事がないはずなんだけど、何故かどの道が正しいのか全部知ってた。文化部なのにどうしてあんなに長時間猛ダッシュできたのか、あの祠が何だったのか、何故自分は挨拶したのか、真っ暗な山中をどうやって帰ってきたのか...
今考えると、あれは何だったんだろう
553 :本当にあった怖い名無し2021/10/02(土) 04:57:38ID: cPdrYKAk0.net
ふっと思い出したんでお焚きあげに書いてきます。
自分がガキの頃の話。

その夏の日、友達との待ち合わせ場所に急いでた自分は古いトンネルを使うことにした。
今は車道に使われてない(入り口前に車侵入禁止の柵が置いてあった)地元住民の通り道。
でも変なのが出ると言う噂が絶えず自分も何となく使わなかった。自分も出来れば使いたくないけど、そのとき急いでたのでやむを得ずトンネルに入った。

案の定、使われてないから手入れもされず入り口の壁を蔦(ツタ)が覆い、顔にかかりそうな高さまで垂れ下がってた。ツタのカーテンを抜けると内部は街灯が消えそうに暗く、車道は雑草伸び放題。真夏なのに奇妙にひんやりしてる。

嫌だなあと思いながら足早に歩いてたら前方からおばあさんが来た。
人がいることに半分ホッとした自分はおばあさんを見て凍りついた。
普通ではなかった。まず裸足。口は半開き、目は黒目が完全に上に向いてる。髪は伸びきった白髪がボサボサで服もぼろぼろ。
しかも私が歩いて行くと立ち止まり、じーっと私の方を向いてきた。そしてすれ違うとき、ゆっくりこちらに手を伸ばしてきた。
さすがにヒッと悲鳴をあげそうになったが動きがのろかったので手をかわし、心臓バクバク言わせながら通り過ぎた。
でも背後から視線?的なものを感じてずっと全身総毛立っていた。
出口にもあった蔦のカーテンを抜け、トンネルを出ると友人がいた。迎えに来てくれたらしい。
友人は言った。
「おまえ真っ青だぞ?」
日の下にいる友人を見て黄泉の国から出られた気分だった。
私はまくしたてるように、
「ねえねえ、今入ってったおばあちゃん、絶対に徘徊してる認知症の人だよね!?警察に連絡する?」
すると友人はキョトンとして言った。
「おばあちゃん?誰も入っていかなかったよ?」
バッとトンネルを振り返る。

ついてきていたらしい。
蔦カーテンの下に裸足の足が見えた。
…まあありがちかな。その後地元を離れるまで二度とトンネルは使わなかったし近くも寄らなかったからトンネルが今どうなってるか知らん。
本当にあったことだから、その後の祟り的な後日談とか面白いオチは何も無かったけどね。
558 :本当にあった怖い名無し2021/10/02(土) 21:38:48ID: RiQ/GXaT0.net
たいして怖くないし、オチもないんだけど

何年も前に友人2人と友人妻で深夜に田んぼ道を車で走っていたことがあった。
私が助手席、友人が運転、助手席の後ろの後部座席にもう1人の友人と運転席後ろにその妻。
深夜2時くらいだと思う。
街灯もない、周りが田んぼの一本道をゆっくり走ってたら、道の遠くの方、助手席側の田んぼと道の境界に白いものが見えたのよ。
窓に肘ついて外見てたから「なんだろうなぁ?看板か何かかなぁ?」って内心思った。
近づくにつれてそれが人っぽいことに気づいて思わず、「えっ??」て声が漏れた。
そしたら後ろの友人が「なにあれ、人!?!?」って声を上げた。
運転手の友人とかは自分が運転手だし「え?え?どこ?」とかって声あげてた。
オカルトは好きだけど霊感なんて皆無と思っていた私、そん時ばかりは「これは絶対ヤバい」と自分の中の警報機がガンガン鳴ってたw
思わず「ヤバいヤバい、早く行け早く行け」って声に出てた。
近づくにつれてわかったんだけど、白い人影は首がなかったのよ。
で、その白い人っぽいものとすれ違ったんだけど、すれ違い様チラッと見たら車の進行方向側を向いていて、首をガクッと垂らしていた。だから後ろからは首がないように見えていたわけ。
ただ恐ろしくて顔まではしっかり見れなかった。
後ろの友人も「は?え?人?え、あれなに?」って叫びながら困惑。
不思議なことに助手席側の私と友人以外の2人はそれが見えていなかったらしい。
結局あれがなんだったかわからなかったし、その車にいた誰かに悪いことがあった、なんてこともなかった。
その後もそこを通ることはあったけどそれらしきものを見たりすることはないです。
以上落ちないし大して怖くないけど実体験でした。
559 :本当にあった怖い名無し2021/10/02(土) 21:48:52ID: Mo1m+hO/0.net
先々月くらいの話
お盆休みなのに出勤且つ徹夜確定みたいな最悪な状況だったある日
結構会社敷地が広くて建物もいくつかあるんだけど、夜9時頃かな、
普段いる事務所から別の建屋へ用事があってチャリで向かってたんだ
休日の21時だけどそれなりにまだ人は残ってて
今まさに帰ってる人もいれば車に荷物積んでる人とか遠くで手を振ってるような人もいたりしてまだ活気が残ってた
で、用事が済んだのが深夜の2〜3時頃だったかなあ
さすがにもう守衛とか含めても敷地内に2〜3人しかいなくて遠くで虫の声が少し聞こえるくらいな静けさ
疲れたーと思いながら元の事務所にシャーっと帰ってる時にふと横目に見えたんだけど
さっき手を振ってたやつがまだ同じところで手を振り続けてた
その時は疲労からか余り気に留めず通過したけど、よく考えたら気持ち悪いな。というお話
ID: 9G/oHj8D0.net

怖いな.....というか謎って感じ
564 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:09:18ID: LSIS7dzq0.net
なんかスレ立てられなくて、5ちゃん初めてだから解決法わかんないし、ここに書かせていただきます。
場違いだったらすまん。

長くなります。文章下手でごめんなさい。
正直怖いかもわからん。

小さい頃から、霊ではないと思う(幽霊は信じてるけど、信じているからこそそれとは違う気がする)何かがよく見えるんです。

庭で3メートルくらいの身長の人(白いカオナシみたいな、顔はお面なんだけど、能面よりシンプルな造形)がずっと家の仏壇の方を向いていたり、家の下の畑に足首から下が埋まってるおじさんがぼーっと突っ立ってたり、一人暮らしを始めてからも、ベランダに手がいっぱいあるフクロウみたいなでっかい気色悪いやつがずーっと窓に張り付いていたり、そう言うのが見えて、でもそれがどんな危害を加えようとしているのか、もしくは、何か良いものなのかわからなくて(ガチでやばそうなやつは雰囲気が異常なのでわかる)、でもそれを母に話したらめちゃくちゃ怒られて、ずっと誰にも相談できずに成人して、、、大人になって友人たちに打ち明けてもちょっと流される程度で「あー、痛いやつ扱いされちゃった、、そうだよなぁ」と思って、結局僕が見ているものが何者かっていうのはわからないんですが、、もしかしたら精神疾患の類なのかな、、、診断は受けたことないです。
一度診断を受けに行った精神科医からセクハラされて普通にトラウマなので今後もないかな。

長くなりましたが、
これは、その僕が見えてしまうものと僕の血筋と、僕が生まれ育った村の話です。
観光客が多い地域ではあるけど、とても閉鎖的な文化で、近所でもあんまり村の外の人は知らないことが多くて、身バレ怖いので所々伏せたりしてます。
565 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:09:44ID: LSIS7dzq0.net
昔の2ちゃんスレでアガリビトってあったじゃないですか、

僕九州のある場所で生まれ育ったんですが、そこの村はアガリビトに酷似した妖怪みたいな神様的なものを、おいなりさんみたいな感じで「⚪︎⚪︎さん」と呼んで(身バレ怖いしこれバレたらガチで勘当されるから伏せます)崇拝的なことしてたんですよ。
地元に一度帰った時、幼馴染(少し年齢は下)の女の子とその話をして、「やっぱアガリビトってアレだよね!?にてるよね!?」って話になったのをすごく覚えています。

神楽が盛んで観光客も多く、たまに村の外の人が神楽を見にきたこともありました。
そんな村の神様を管理しているのが祖母の実家でした。
村の中でもかなりでかい家で、祖父の家は村の一番上に位置して、何か政略的なものを感じる結婚談を聞かされたことがあります。
566 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:10:53ID: LSIS7dzq0.net
神様の管理といっても、まあいわゆる神社のすごく小さいものを二つほど管理しているんです。一つはおいなりさん。年に一度、村のみんながお酒やら何やらを持っていくんですが、山のかなり上の方にあって獣道のような急斜面を上った先にある小さな祠にご挨拶に行く程度です。
もう一つが、神楽の道具などの蔵です。
神楽のお面って「おもてさま」といって、ひとつひとつが神様なんです。正直村から出て「おめん」と言ってる友人たちを見てドン引きしたのを覚えています。そのおもてさまを管理するのがもう一つの仕事です。

そして、最初の方に話したアガリビトに似たアレ。
今回話すアレは、その2つの仕事には全く関係ない、崇拝しているわけでもない(と思う)、でも、アレのために年に一度不思議な儀式を行う。そんな気持ち悪い村(ごめんね、でももう実家に帰りたくないくらい今は考えられない)と僕の血筋のお話をしたいとおもいます。

文章が長すぎます!って出たので打った文章コピペして分割しました。大丈夫かなぁ、、、
やべえやついるな、、ってなってみんな離れないことを祈ります。どうしても、わかる方にアレがなんなのか教えてもらいたくて
567 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:16:50ID: LSIS7dzq0.net
最初、僕がアレを知るきっかけとなったのは本当に小さい頃でした。
みんなで白の着物(七五三できるような立派なものじゃなくてすごく粗末なものだったとおもいます。幼稚園のお遊戯会で着たコスプレ衣装よりちゃっちい感じ)を着て、神楽を舞うときのように鉢巻のようなものを額に撒きます。
大人は着替えなどを手伝ってはくれますが、実際に着物を着るのは村の子供です。年齢に上限があるのかわかりませんが、お兄ちゃん達は着物を着ていませんでした(あることをきっかけに僕はその催事?には関われなくなっちゃったのでよく知りません)

みんなで輪っかをつくってくるくるまわったり、舞のようなことをします。
練習などはしません。大人達が一人一人に手本を見せるので真似しながらやる感じです。
神楽の、名前忘れたんですけど、4人くらいで回りながら舞うやつあるじゃないですか、アレとはまた違うんですよね、、
あれより華やかというか。

それを何回か繰り返して、あとはみんな家に帰ってお酒(我が家は焼酎でしたがびーるのところもあった)配られたお菓子とか食べて、普通に嬉しいイベントでした。
568 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:23:13ID: LSIS7dzq0.net
小さい子は歩けるなら誰でも参加させてたとおもいます。赤ちゃんもお母さんが抱っこする形で参加したりしてた。
書き忘れですが、舞った後はみんなで山に向かってお辞儀をします。
そして、あそこには〇〇さんがいるからね、と、(〇〇さんの情報はアガリビトに似ていた気がします。肌が白くて、歌を歌うヒトのようなもので、裸だそうです)

ただ、先程書いたように、僕は5歳くらいの時にソレに参加できなくなるんです。

まだ5歳にならないくらいの頃、歳の離れた兄達を追って森の中を走っていました。夏休みにカブトムシをとるとか、そんなだった気がします。
朝かなり早い時間、ラジオ体操があるのでそれより前の時間でしょう。山道を駆ける兄達を一生懸命追いましたが、いつのまにかせなかが見えなくなって泣きながら帰りました。
何度も登っている家の裏の山です。迷子になんかなりません。
家の裏側から植林地になっていて、そこをまっすぐ登ると頂上近くに行けるのです。そんなとこにカブトムシはいなかったとおもいますが、、まあ憧れとかあったんでしょうね。僕は小学校に上がって友達が捕まえてくるまでカブトムシ見たことありませんでした。
570 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:29:10ID: LSIS7dzq0.net
泣きながらお母さんになんて言いつけようかと(僕の父は家にほとんどいないので基本的にお母さんになにかと叱ってもらっていました。)考えていると、後ろから足音が聞こえるのです。
兄達は幼くて鈍臭い僕を毛嫌いしていましたから、兄の友達が来てくれたのかも!と思って振り返ったら。

そこにはおじさん?がいました。

最初の方に書いた通り、僕は変なものが沢山見えます。山の中を歩いている最中も何かと見ていたかと思います。
それらはとても実体があるように見えてもなんとなく「これは僕しか見えてないやつだな」ってわかるんです。
でも、そのおじさん?は、なんていうか、すごく普通だったんですよね。
裸で、白くて、髪は黒くてボサボサでしたが、肩くらいまでしか伸びていませんでした。ヒゲは生えておらず、優しい笑顔を浮かべていました。
正直、男か女かわかんない顔をしていました。

父が家にいない僕はそのくらいの頃から(ぶっちゃけ歳の離れた兄弟に嫌われていたのもあります)1人で風呂に入っていて、大人の裸をしっかり見るのは初めてでしたがなんだか落ち着いていました。

「あ、この人が〇〇さんか」と、冷静に納得していました、
大人の僕なら叫んで逃げてますが、、なんであのときあんなに落ち着いていたのかわかりません
572 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:35:12ID: LSIS7dzq0.net
ソレが〇〇さんとの出会いです。そのあとはどう帰ったかわかりませんが、めちゃくちゃお母さんに怒られた記憶があります。スッゲー怖かった。
そのあと、祖母の実家の人たちが沢山来て僕と何か話したのは覚えてますが、何を話したのかは覚えていません。でもお説教とかじゃなくて、みんなニコニコしてた気がします。(本当は怖い話してたけど幼い僕に気を遣ってくれていたのかも)

ソレからです。変なものが見えるのが加速して、僕に〇〇さんが遊びに来るようになったのは。

僕に〜遊びに来る、というのはその通りの意味です。僕の家じゃなく、僕が1人でいると、ガサガサって音がして、〇〇さんがいるんです。

幼い僕は〇〇さんをあまり怖いと思っていませんでした。むしろ、お母さん以外からは嫌われてると思っていた(幼馴染以外は2.3歳が離れててそれなりに狭い環境で育ってた)(実家が特殊で幼馴染と話したのも小学校にあがったあたり、僕が催事に参加しなくなって以降)幼い僕には、お父さんのような、見守ってくれる大人がいることに心強さを感じていたのかもしれません。

お風呂に入っているときは窓の外から見ていたし、1人でラジオ体操に向かっている時はついてくる時もありました。
いつも、気づいたらお風呂からあがっていたり目的地についていたりしたので別れ際には遭遇したことがありませんでした。
573 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:39:35ID: LSIS7dzq0.net
そのうち僕は〇〇さんに心を開き始めていました。
その頃、変なものが見えるってお母さんに告げて、「人様には絶対に言わないで!」とめちゃくちゃ怒られて、お母さんともあまり話せなくなって、僕のことを見てくれるのは〇〇さんだけになっていました。

見えてしまう変なもの達は僕とコミュニケーションを取れるタイプは少ないけど、〇〇さんは僕のことを見てくれていますから。
今考えたら恐ろしいけど、めちゃくちゃ嬉しく感じていました。

〇〇さんのことを親戚やお母さんに話せなかったのは、また怒られると思ったからです。5歳の誕生日?くらいになるまでに、〇〇さんが僕のところに現れる頻度は多くなっていた気がします。
今思えば、この時点で誰かに言えばよかったけど、友達というか、見てくれる存在がいることが何より嬉しくて、〇〇さんのことをその頃の僕には大人に言う発想なんてありませんでした。

そして、誕生日が近くなった頃に事件が起きてしまいました
574 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:45:57ID: LSIS7dzq0.net
僕は七月の生まれです。その頃は七夕の行事があって子供と大人が公民館に集まって、短冊になにか書いたりお菓子食べたりして集会のようなものをしていました。
雨が降っていたのを覚えています。

家が少し特殊で、その頃まだ友達がいない僕は1人でテレビのある部屋でぼーっと何かを見てました。いま20代なんで、ベストハウスとかやってた頃かな。。
そしたら窓の外に〇〇さんがいたんです。

でもなんか、その日は様子が違っていて、雰囲気?がとても魅力的というか、「このまま〇〇さんについていったら楽しいな」って思っちゃって、そこから記憶がないんですが、僕飛び出しちゃったみたいです。雨の中。

気づいたらおばあちゃんの上着をかけられてて、公民館で寝ていました。時間はすごく遅かったのを覚えています。むしろ早朝って感じでした。

目が覚めたのはテレビの部屋、テレビの部屋の横に大広間があって、大人の人たちが沢山そこにいました。

そこで、僕の血筋のお話をおばあちゃんから聞かされました
576 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:51:34ID: LSIS7dzq0.net
普段は全く会話をしてくれないおばあちゃんの声を聞いたのは、もしかしたらこれが初めてだったかもしれません。
少なくとも会話を交わしたのは初めてだとおもいます。

神楽やら何やらを管理する祖母の血筋は、いわゆるそう言うことができる血筋?なんかよくわかんなくてごめん。
お祓いとかはできない、でも神様や神聖なものを管理する力があるらしいんです。

畑の真ん中にお地蔵さんのようなものが立っていたりとか、見たことないですか。

地蔵ではなく、地蔵のようなものです。
祖母の実家の畑にはソレがありました。
とても標高の高い村なので段々畑なのですが、ソレの一つにポツンと、地蔵のようなものがあるんです。
お母さんやおばあちゃんに聞いても「お前が知ったらダメだ」って言って教えてくれないので何なのかは今になってもわかりませんが、なにやら土地のなにかしらを鎮めるものでしょう。
(余談ですが、高校受験あたりの頃にその地蔵のようなものの首から上がごろっと(一枚岩を削り出したようなものなので普通の地蔵のように首が取れたりはしない)割れてしまった時に、周りの大人が見守る中僕が素手でソレを元の場所に戻したことがありました。まじでキモかった。)

まあ、そう言うものを管理する家らしいのです。
そんなこと言われてもまったく理解してませんでしたけどね。
577 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 02:57:45ID: LSIS7dzq0.net
それで、おばあちゃんから「お前はもう、××(催事?の名前)はしなくていい。」と言われて少し落ち込んだ記憶があります。

それから僕は、変なものが見えてしまうことが増えましたが、〇〇さんに会うことはなく、また、おばあちゃんという見てくれる存在ができて、幼馴染という友達もできて、〇〇さん無しでも寂しい思いをすることなく、すくすくと大きくなりました。

なんだかここまでだと、普通に変な血筋の変な家庭で育ったガキの妄言って感じですが、、僕も、去年のことがなければ普通に「子供の奇妙な夢」くらいでそんなに思い出すこともありませんでした。

去年の夏。また僕の誕生日前です。

僕はその頃デリヘルで働いてて(あんなことがあっても母親や兄と仲良くなれず、むしろ距離を置かれるようになって普通にグレた結果)毎日おじさんの相手をしてたんですが、ストーカー被害っていうのがあったんですよ。

ポストに気持ち悪い手紙や使用済みコン⚪︎ームを入れられたこともあり、かなり気が滅入っていました。そんな時です。

家に近いところに送ってもらって、1人で夜道を歩いていると、後ろから足音が聞こえるんです。
578 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:03:38ID: LSIS7dzq0.net
なんか投稿消えちゃった、、、

それから、僕の催事?への参加はなくなりました。理由はその時には告げられず、それからはおばあちゃんと祖母実家の方々にみまもられ、幼馴染という友人もできて、すくすくと育っていきました。
いつのまにか〇〇さんなんて忘れてました。

もしかしたら、去年のことがあるまでは普通に「子供の夢」くらいで片付けていたかもしれません。なにせ変な家庭、変な血筋で色々なことがありましたから。

でも、去年の夏にまた再開したんです。〇〇さんと。

僕はその頃は既に一人暮らししてて、街中に住んでいました。
幼少期のことがあって以来、お母さんとの距離は開き、兄達とも会話しなくなり、普通にグレて高校もろくにいかず、日銭稼ぎのためにデリで働いていました。

けっこういるんですよ、デリヘルのストーカー。
同じ人間かはわからないけど、気持ち悪い手紙とか、使用済み〇〇〇ー〇入れられてた時とかあって、かやり気が滅入ってたとおもいます。。
580 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:05:08ID: LSIS7dzq0.net
それから、僕の催事?への参加はなくなりました。理由はその時には告げられず、それからはおばあちゃんと祖母実家の方々にみまもられ、幼馴染という友人もできて、すくすくと育っていきました。
いつのまにか〇〇さんなんて忘れてました。

もしかしたら、去年のことがあるまでは普通に「子供の夢」くらいで片付けていたかもしれません。なにせ変な家庭、変な血筋で色々なことがありましたから。

でも、去年の夏にまた再開したんです。

僕はその頃は既に一人暮らししてて、街中に住んでいました。
幼少期のことがあって以来、お母さんとの距離は開き、兄達とも会話しなくなり、普通にグレて高校もろくにいかず、日銭稼ぎのために大人向けなお店で働いていました。

それで、その業界ってけっこういるんです。
家に着いてくる人。
同じ人間かはわからないけど、気持ち悪い手紙とか、使用済み〇〇〇ー〇入れられてた時とかあって、かなり気が滅入ってたとおもいます。。
581 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:09:45ID: LSIS7dzq0.net
家の近くまで送ってもらって、夜道を歩いていたら背後から足音が聞こえるんですよ。

うわっお客さんかな、、、と思って早足で歩くと、足音は遠くなって勘違いだったかもしれないとホッとしていました。甘かったです。

僕の家はアパートの2階なんですが、階段のよこにスペースをあけて、敷地を囲うように1.5mくらいのブロック塀で囲まれているんです。そこから顔を出していました。

〇〇さんでした。

正直、大人になって会っても、第一印象は「あ、なんだ、〇〇さんだったのか、、、」でした。
582 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:15:42ID: LSIS7dzq0.net
かなり仕事で気が滅入って、でもまともに就職できる気がしないし、そもそもスーツを買うお金すらない。そんな生活を続けて〇〇さんの顔を見て、ホッとしたのが本音でした。そして、また思っちゃったんです「〇〇さんについていったら楽しい」って。

気づいたら知らない町にいました。
どうやら住宅地らしい場所で、僕はおじさんに思いっきりビンタされてました。

何が何やら分からず全力で突き飛ばすと(じっさいは非力すぎて押しのけられず、おじさんに一発もらった)おじさんはホッとした顔をして謝罪の言葉を述べていました。正直意味わかんなかったですけど、「謝るなら悪い人じゃないのか?」と謎思考で怒りは感じなかったように思えます。

話を聞くと、おじさんはなにやら霊感的なものが強い人らしく、明らかに様子のおかしい僕が前方から歩いてきて、念のため挨拶しても反応がなく、なんとなく「これはやばいのでは?」と思って咄嗟に掴んでビンタしたらしい。
実際僕はここまで歩いた(後で、家から10キロほど離れた住宅地であることがわかりました。)記憶がないし、おじさんもガチっぽいので信じましたが、なんですかね。もし勘違いだったらやばいですよね、、、、
583 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:20:38ID: LSIS7dzq0.net
それからおじさんは「専門家じゃないから、でもそこにお寺があるし一応一緒に行く?」と優しく声をかけてくれたのですが、そう言われた途端僕の心にものすごい怒りが湧き上がってきて、「〇〇さんと一緒になれたのにあんたが邪魔した!!」「どう責任取るんだ!」とか意味不明なことを言ってしまった気がします。気づいたら怒りに任せて走り出していました。

そのおじさんとはその後会ってないけど、悪いことしたな。ごめんね、でも、本当に怒っていました。
〇〇さんについていくことを邪魔されて本当にそれが許せなかったんです。

その後、数日して〇〇さんが視界の端にチラチラ写りはしましたが、やはり前日のことがひっかかり気を引き締めて仕事の休みをもらって実家に一旦帰ることにしました。

新幹線とかめちゃくちゃ怖かった。
車両の中間地点的なところからめちゃくちゃ〇〇さんの気配がするけど、誰も反応しないし(よく考えたら全裸のおじさんがいたら警察来るよね。)たまに鼻歌のような声が聞こえて、それが聞こえるととても眠くなって、めちゃくちゃ怖かった。
584 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:24:35ID: LSIS7dzq0.net
実家につくとお母さんは目も合わせてくれなくて、おばあちゃんが出迎えてくれました。「どうした?」みたいな顔して。

また、〇〇さんについていきそうになった

そう言うと、人って怖い気持ちになったりした時にほんとに顔が青くなるんですね、血の気が引くって言うのか、、、本当に血相が変わったおばあちゃんが急いで電話をかけていました。多分、実家だと思います。

でも、僕が幼い頃に僕を守ってくれたのであろう人達はみんな、亡くなったり結婚で引っ越したりでもういなくて、あんなにシャキッとしたおばあちゃんの背中がどんどんと丸々のは見てて辛かったです。

〇〇さんは庭にいるようでした。そのことを話せばもっとおばあちゃんを怖がらせると思って言っていませんでしたが。声が遠くなったり近くなったりしていて、歌いながら歩き回っているような感じがしました。
お母さんもおばあちゃんも、聞こえていないようでした。
585 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:29:48ID: LSIS7dzq0.net
うちの家はもうだめだ
そうおばあちゃんが呟いて、お母さんの方をキッと睨みながら(あんま嫁姑仲良くなかったんかもしれん)「あんたのとこのご実家にいくよ」といって自室に引っ込んでいきました。

お母さんの実家は、あんまり行ったことがないけど神社を管理しているお家でした。

お母さんの地元には管理者のいない神社があり、それを守っている感じでした。
おまじないに詳しくて、本当に幼い頃はお母さんに「お腹の痛くなくなるおまじない」といっておまじないをしてもらったきおくがあります。
ちょっと泣きそうになった。見えるって話す前はめちゃくちゃ優しいお母さんだった。


後で聞いてわかったのですが、催事?は家主の方が亡くなってからやってなかったそうです。
古くて気持ち悪い習慣ですから。仕方ないですね。

ちょっと指名が入りそうなので少し抜けます(まだ大人のお仕事してるので)
587 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 03:33:09ID: LSIS7dzq0.net
補足と整理しときます
僕文章苦手なもので

〇〇さん(なんかよく分からん。すごいついてくる全裸)

お母さん(家が神社を管理しててなにやら複雑、呪いごとに詳しくて霊感がある家庭。本人曰く、自分は全く見えないらしい)

おばあちゃん(実家が村の中でも神様的なものを扱っている。〇〇さんの催事もおばあちゃんちがやってた)

兄達(流石にもうカブトムシは追いかけてない、霊感はないし幽霊は信じていない)

僕(変なものが見える。後で絵でも描いて載せようかな。おんなじ人がいると嬉しいので。〇〇さんにストーキングされてる)

すみません!
588 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 05:15:10ID: TnKdCuJt0.net
仕事あがってきました〜!続き書きます。

一年前くらいに〇〇さんに遭遇した僕は実家に帰ったんですけど、祖母方の身内はバラバラになってて、お母さんの実家に行ってなんとかなるかわかんないけどなんとかしてもらうことになりました。

お母さんちの実家は僕が住んでいた村と似たような環境、もしくはもっと田舎かなって感じです。
玄関のチャイムを押すと、なんとなく見たことのあるおじいさんとおばさんが出迎えてくれました
「なんか電話で聞いた限りよく分からんけど(村の外に〇〇さんのことを話す気はなかったらしく、伏せてたんだと思います)なにやら変なものに付き纏われてるのはたしかみたいやね」
と、僕を一眼見てある程度のことを見抜いたらしく、「仏間に来なさい」といわれるがままに通された仏間で正座して待っていました。

実家や友達の家の仏間は、いつも見える変なものが避けているような、何もいない空間って感じでとても落ち着くのですが、この家の仏間は終始何かしらがこちらを見ていたり動き回ったりと、めちゃくちゃ居心地が悪かったです。

しばらくするとお茶を持っておじいさんとおばさんがやってきました。服は普通の服。
590 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 05:20:26ID: TnKdCuJt0.net
まあ飲めと勧められてお茶を一口。めちゃくちゃ美味かったけど呪いとは関係なかったらしい。
かなり緊張していたので安心させるために飲ませたんだとか。

ホッと一息ついて、おばさん達と談笑をしていると張り詰めていたものがゆるむ感じがあって。ふと何気なく庭の方(仏間から庭が廊下を挟んで見える)を見たら、〇〇さんがいました。

「あれかぁ、お前のおばあさんは何も言わなかったけど、ちょっと無理だな」

えっ
声に出た気がしました。
そりゃそう。じゃあこのお茶は!?え!?なに!?

めちゃくちゃ焦っていましたが
「ここの仏間は一族の人を守るために色々してるから。おまじないが守ってくれるからここにはあれはこんよ」(今更だけどおじいさんには〇〇さんが見えてたんでしょうかね。今気づいた。)
どうやら何かしら動いていたもの達は呪いの類い?みたいなのが僕に見えてたのかな、、と思います。
591 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 05:28:57ID: F47bU7Q50.net
「変なのに見初められたね」

おじいさんの一言でなんとなく、自分の置かれた状況を、しっかり理解できた気がしました。

最初、〇〇さんに出会ったばかりの頃に、親戚が集まって僕にニコニコ話しかけてたって出来事、書いたじゃないですか。
あの時すごいお酒を飲まされたんです。本当はだめですよ。

でもお酒を飲むって、こう言う話じゃお祓いが婚姻がよくある話じゃないですか。
あんなニコニコしてお祓いするとは思えないし(同じく洒落怖うらえすくのように笑ってお祓いする文化は母方の実家にまじないとしてあるようですが、あのニコニコとは違う。もっとわっはっは!みたいな笑い。)知らないうちに婚姻の儀を執り行われてたのかな?みたいなことを考えました。勝手に。

おじいさんはちょっと困った顔をしていましたが、「まあでも、君にはおじいちゃんついてるから大丈夫。気を強く持っていれば連れて行かれない」みたいなことを言われました。

正直、祖父にはそんなに会ったことありませんでした。
でもその祖父が今僕を守ってくれているらしいのです。
592 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 05:35:05ID: Iu3NLWw10.net
さて!急展開なんですけど、この話まだ解決してません。
お寺に頼んでもだめ、神社に入ると気持ち悪くなる、地元の人は冷たい!

そんなわけで、僕はまだ〇〇さんと、一緒にいます。
去年の夏から、ずっと一緒です。正直気が狂いそうです。

少しでも僕が弱いところを見せると、歌が聞こえる気がします。
その度に、針で指を刺したりして気を紛らわせています。

大変中途半端でごめんなさい。でも、わかる方がいれば、助けて欲しいです。

ずっとこのことをだれかにいいたくて、5チャンに書き込んで気を紛らわせよう!!!という作戦も書き込めないエラーによって、こう言う形で発散させてしまったことを申し訳なく思います。

出来るだけ、明るく、楽しく生きるようにしています。いまはなんとなく人生が楽しいです。
でももしかしたら、もう自分が狂ってるんじゃないかって怖いです。

以上、僕の血筋と、村の話でした。
わかりづらかったらごめんなさい。

長い話で中途半端ですみませんでした!
593 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 05:41:24ID: Iu3NLWw10.net
ちょっと仕事終わりで眠くなっちゃったんで無理矢理な終わらせ方でしたが、荒らすような感じになってすみません。

勝手に満足してます。

今僕は、しんじてくれている?友人に話を聞いてもらいながら、
おじいちゃんの霊らしいものに守られつつ、足音に怯えながら暮らしています。

もし、進展があったらどこかで報告できたらいいなと思っています!

後これは関係なく普通にスレ用の怖い話ですが、
仕事でよくいくホテルの一つが、靴を揃えていたのにばらけているとか、畳んだバスタオルがびしゃびしゃになっているとか、エレベーター降りるとエアコン効きすぎてるとかじゃない寒気がするとか、そう言うめちゃくちゃ怖いホテルがあって殆どの子がそのホテルNGを出してますので九州で大人のサービス受けるときはホテル選び気をつけてください。
597 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 14:48:15ID: Iu3NLWw10.net
あらやだ!この世の中、大人のサービスは男が男のために働く場合もあるんですよ。

お寺のところはぶいたかもしれません。
おじいさんの家(母の実家)に行った後に数件回ったりもしました。
最初は祖父の葬式をあげてくれたらしい近所のお寺です。苦笑いされました。
あとは、知り合いの通っている絵画教室の先生がお寺の人だってことで、ちょっとお邪魔したことがありますが、子供がいっぱいいて「もし〇〇さんが勝手に他の子供について行ったらすごい迷惑かけちゃうな」と思ってあんまりはなしをしないまま出ました。
他にも知り合いづてに回ったけどどこも「無理だな」みたいな反応でした、、、

もう一人暮らしは再開していますが、実家にいる間、よく小さい頃に遊んでた神社があるんですが(よく肝試しするような場所です。)そこはウチの仏間にすごく似た雰囲気があって、木に囲まれてるけど〇〇さんは入ってこない気がしてよくそこで半日くらいぼーっとしてることもありました。

正直お寺さんに頼んでもどうにもなることじゃないよなぁ、、、とは思っていました、、、笑
598 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 14:51:41ID: Iu3NLWw10.net
個人的に〇〇さんは全然怖くないです、むしろ好きですが、その気持ちは危ない気がして、怖いものと自分に言い聞かせるようにしています。

こう言うのってもう無理なんですかね。
別に結婚してずっと一緒にいていいくらいには好きですが、流石に命と正気の保証はされない気がするし。

寺生まれのTさんが現実にいてくれますように、、、
ID: VPem0pq00.net

俺にはもう若干正気ではないように見える。
二度も連れて行かれそうになって未だに好きと言えるのはちょっと理解しがたい。希死念慮でもあるの?

ただ仏間やら神社やら一部近づけない場所があるってことは常に遠ざける事も出来なくはなさそう。
祖父がついてるならなおさら可能性はあるが、神社行くと気持ち悪くなるってのがネックかなぁ。
599 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 14:58:26ID: Iu3NLWw10.net
宗派はわかんないです。無宗教and無学なもんで、、、すみません、、、

少なくとも祖母の実家は般若心経をよんでて、、祖父の葬式をあげてくれたひとは浄土真宗的な話を聞いた気がします。
他のお寺もお経が違う気がしたので違う宗派かも。
ID: VPem0pq00.net

般若心経はほぼどこでも読む。
浄土宗・浄土真宗ってのも基本念仏唱えて〜ってやつで、確か浄土真宗なんかは幽霊否定派とも言われてたしこういう時に頼みにするとこではないと思う。

前に違うスレで自称お坊さんが「いわゆる除霊なら真言宗」って書いてたわ。
俺も個人的に真言宗調べてるけど、怨敵退散的な修法?多いなと思った。
もし今後の行動でお寺もまた視野に入れるなら宗派調べるのもいいかと思う。
601 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 16:00:06ID: eiSOrulP0.net
密教系はインド呪術を仏教に採り入れたものだからね
3,000年前からアジア全域で悪霊退治をしつづけてきただけある
ID: VPem0pq00.net

密教て仏教感あんまりないなと思った。
まだかじる程度に本読んだだけだけど、くじ切りと何か唱えて悪霊を縛るとか、割と皆が思うフィクション除霊に近いものあるよね
604 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 16:12:30ID: AfnPUIEd0.net
神社は昔からよく行くところはすごく空気が良くて、めちゃくちゃ心地いいです。だから定期的に実家には行かなくても地元の神社はお邪魔させてもらってたりする。

やっぱ気が触れつつあるのかな、、、〇〇さんは多分、ついてたから男だと思うんだけど、こう言う仕事してても別にゲイってわけじゃないし、、、でも、今もなんだけど、足音聞こえたり視界の端で捉えると「あ、来てくれたんだ♡」みたいな気持ちが第一に出てきて必死に抑えてるかんじ。
DV彼氏が好きになる女の子の気持ちってこんななんだろうか、、思えばパチンカスとかクソとばかり付き合ってきた気がする、、、

お寺の宗派で、幽霊否定派があるのは知らなかったです。めっちゃ参考になります、、、!
今住んでる家の近くの寺とか、宗派からちょっと調べてみようかな、、、ありがてえ
ID: VPem0pq00.net

多分洗脳みたいな…表に現れない方の潜在的な意識(精神)の部分に手を加えられてるんじゃないかなー…。
文字だけの情報じゃ憶測にしかならんが。よく似た前例が身近で起きたことあるわ。

その神社良いところなんだね。〇〇さんについての自分の気持ちも、その神社で考えてみると本当の自分の意志が表出するかもな。
606 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 16:46:04ID: /gzn6uOz0.net
浄土真宗は幽霊否定派というより、科学的根拠がないものはしない
だから、お守りもお札も加持祈祷も祖先の供養もしない
609 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 20:38:56ID: +i4qH4Th0.net
仕事してました。
たしかに、小学校に上がってから「親と一緒にご飯を食べる」「家族で買い物に出かける」がある程度の差はあれど、普通はそうするみたいな認識って知ってびっくりした記憶があるし、(ご飯は基本1人だったし、車で30分くらい走ればスーパーとかあったけど中学に上がるまでは自販機と駄菓子屋以外で買い物したことなかった。)
もしかしたら意図的に作られてたりするのかな、、、

なんとなく、幼馴染と連絡を取りました。毎年正月くらいしか連絡取らないのでめちゃくちゃ警戒されました、、、

幼馴染は「〇〇さんは子供を連れ去るから、そうさせないように催事があった、綺麗な踊りを見せて満足してもらうため」みたいなことを聞いてたらしいのですが、
僕は親戚やお母さんから「〇〇さんはすごい神様で、みんなを守ってくれているから感謝を込めて踊るんだよ」みたいなふうに言い聞かされていたので、
この差には何かしらの意図があるのかもしれません、、、

〇〇さん、男っぽいのになぜ僕が、、、と思っています。〇〇さん男が好きなのかな、、、

神社、まだ月末に行く予定なのでゆっくり考えてみたいと思います。ありがとうございます。

少し自分の中で気持ちを整理することができた気がします。
本当に感謝です。しばらくは見る専になります。ありがとうございました。
ID: VPem0pq00.net

霊的存在の方々って、人間の性別とか見た目の美醜なんて関係無い事も多いよ。
精神性とか血筋とか、理由はそれぞれ、本当に千差万別だと思う。

そもそも〇〇さんがおじさんの姿に見えてるのもアナタだけかもしれんし。
姿形の無いものに姿形を与えるのは人間の方。まぁさすがに正反対の幼女に見える、なんて人はいなさそうだが。
610 :本当にあった怖い名無し2021/10/03(日) 20:41:27ID: +i4qH4Th0.net
月末、また母の実家の紹介で詳しそうな方(めちゃくちゃ嫌がってたらしいですけど。)と、電話ですが話せる機会があるので、もしそれで何かしら発展したら、もっと綺麗にまとめて洒落怖に貼ろうかなと思います、、、沢山の人が見た方が、身バレ率も高まるけど情報も手に入るかもしれませんもんね。

ありがとうございます。
621 :本当にあった怖い名無し2021/10/04(月) 23:05:49ID: /nxcmvAE0.net
5年くらい前かな、甲斐性無しってやつで嫁が気味が悪いとしきりに言っているボロアパートに嫁と1歳になったばっかの息子がいる頃、酔っ払って帰った事があったんだ。
ベロベロに酔ってても何とか風呂入って髪も乾かさずにそのまま布団に入り、多分すぐに寝落ちした。
真夜中に猛烈にのどが渇いて目が冷めた、やけに部屋が寒い。
まだ1歳の息子が抱き付いて来ててお腹のあたりに手が乗っかってた。
かわいいなぁと思った瞬間に背筋が凍り付いた。
1歳の子供の腕の長さじゃ抱きつけるはずが無い。

自分の右脇腹を見ると全く知らない低学年位の女の子が不気味に笑いながら抱きついていた。
そして気を失った…
今も甲斐性無しです。

文章にするとあんま怖くねーなー
624 :本当にあった怖い名無し2021/10/05(火) 05:47:48ID: 9OxuTQMe0.net
少々スッキリしない嫌な夢を見た

久々に2人の元同級生の女の子(仮にA、Bとする)と旅途中のとある村で出会った。
どうやらその子たちはその村で暮らしていたらしい。
しばらくその子たちと楽しく話していると、Aさんが
「あっ、そういえばこの村に入った人はまず〇〇様を祀る神社にお参りしないといけないよ」
と村の風習についての話を切り出した。
そんな風習があるのかと少し興味が湧いていたら、Bさんが
「でも気をつけた方がいいよ。あの神社で悪い人や心の穢れた人がお参りすると、〇〇様が出てきてその人を食べちゃうらしいから」
それを聞いて少し怖くなったが、あくまで言い伝えにすぎないと自分の中に言い聞かせて、とりあえず彼女たちとその神社に向かうことにした。

その神社に向かっている途中、彼女たちからお祈り方法を聞いたが、それがかなり独特であった。
祭壇の前で跪いて、自分の思いつく限りの過去にした悪行(小さなことでも良い)を懺悔しながら、土下座をする。そして、懺悔が終わるまでは頭を上げてはならないというものだった。

しばらくすると、神社についた。その神社は少々ボロかった。
そして、いざ祭壇の前に立ってみるとかなりの寒気を感じた。今までに感じたことのないくらい嫌な寒さであった。
すると、横にいた彼女たちは例のお祈りを始めたので、自分も彼女たちを真似してお祈りをした。

そして、しばらく沈黙が走り、ある時からお腹の中に違和感を感じた。
それはまるで臓器がなくなっていくような感覚だった。
痛みは徐々に増していき、本気で自分の身に危機感を覚えた。
激痛の中に顔をあげるとそこには、牛のような顔をした化け物がいた。それは自分の恐怖心をかなり掻き立てたが、あまりの腹痛に意識が遠のいていった。

そして目を覚ますと、そこは広がる景色は、自室であった。そう今まで私は夢を見ていたのである。だが、お腹の違和感と脳裏に浮かぶあの恐怖の光景は今しばらく消えそうになく、今でもお腹の違和感は消えていない。
633 :本当にあった怖い名無し2021/10/05(火) 22:43:29ID: 2SOJnGGY0.net
フィリピンに少しいた時に聞いた話しを思い出したので。
ちなみにセブ島で聞いた。マンババランという魔法使いの様な怪異の話。
マンババランは主に食べ物などに魔法をかける、怒らせると呪い殺したりするらしい。姿は人間と変わらないらしい。
その話を教えてくれたAさんの父親が、マンババランを見たと言う。Aさんの父親はバイクでタクシー業をしている方らしく、ある日何かのきっかけでお客さんとケンカになったらしい。
その日の晩に親父さんがレストランでミネラルウォーターを頼むと、ミネラルウォーターを入れたグラスが急に割れたとのこと。親父さんは帰宅すると高熱が出て寝込んでしまった。
そして、汚い話なんだがウ○チをしたら、中からGが出てきたとか…。
親父さんいわく、喧嘩になったお客さんがマンババランだったんでは?と言っていた。
その後は数日体調崩したが持ち直したとのこと。

自分は言葉があまり達者じゃないので真偽とか細かいニュアンスは分からないけど、海外の怖い話って新鮮だったし聞いた当時はめっちゃ怖かった。

引用元:https://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1632459953/l1000