【怖話】本格的な夏が来るから怖い話で冷たくなろうず【オカルト】

1 : 名無しさん@ログイン中2021/07/04(日) 01:46:13 ID: AfJ6NA5C.net

体験談でもいいし作り話でもいい。本気で俺を怖がらせてくれ。期待しとるで!!
2 : 名無しさん@ログイン中2021/07/21(水) 19:25:35 ID: lEH/nItb.net

そこまで怖くないけど、一応書く。体験談です。
俺が小学2年生ぐらいのとき、2階建ての小さいアパートに住んでた。そこはちょっと薄暗くて、あんまりいい雰囲気の場所ではなかった。
ある日、俺が学校をズル休みした日。俺は暇すぎてそのアパートの前で一人で遊んでいた。石を蹴ったりして、一人で遊んでいたとき、廊下の奥の方から長靴のような足音が聞こえてきた。誰かいるのかな?と思った俺は、一階の廊下の奥の方を覗いた。誰もいなかった。気のせいかな?とか思って、そんなに気にしないで1人また石を蹴って遊んでいた。すると、またさっきの足音が聞こえてきた。また音がすると思って、もう一回一階の廊下を覗いた。また誰もいなかった。もしかして、この音って2階から聞こえてるのかな?と思い、好奇心で2階に見に行った。そしたら、2階の廊下のド真ん中、赤い長靴が置いてあった。その時の俺は、あんまり怖いとかそういう感情はなく、ただ、この長靴が1人で動いてたのかな?とかトイストーリーみたいに動いてたのかな?とか思ってた。今考えると普通に怖かった。
4 : 名無しさん@ログイン中2021/07/23(金) 18:41:03 ID: Xea/FYWc.net

あのな、ちょっと有名な大学に行く途中の道にな、車が1台余裕で通れて2台はきついかな、くらいの幅の600?続いてる道があるんやけど、そこの道、木が山ほど生えてるんや。上見あげたら葉っぱの屋根〜みたいな。んでな、その道をしばらく歩いたところの木のしげみの先に石の階段?みたいなのがあるんや。そうゆうのちょっと怖いやん?でも好奇心でその先行ってみるやん。そしたら途中でその階段が途切れてたんよ。なんのためにあるんかなって思いつつも戻るやん。戻る途中の木のみきにキュ○ピ○のパット見30〜20?くらいのプラスチック?かシリコン?の人形があるんよ。んで問題なのがその人形が縛れてるんよ。木に。その時、夕方だったんよ。木のしげみの中だからめっちゃ暗いんよ。まじで心臓飛び出たかと思った。2か月後くらいに友達と見に行ったけど無かった。長々とすんまへん。
5 : 名無しさん@ログイン中2021/08/25(水) 15:43:58 ID: 3/nVi+78.net

いや、怖いわwwどっちもwwは地味に怖い。あとから来るねw

あと。俺もこの夏に少し怖いことあったんだけど書いていいかな。
7 : 名無しさん@ログイン中2021/08/27(金) 22:32:55 ID: HqmI+1kP.net

俺が中坊の時の話なんだけど、大体の学校って2泊3日だと思うんだ。俺京都行ったんだけど1日目のホテルと2日目のホテルが違う場所だったんよ、今でも信じられない事がホテルで起こったんだ。自分でも夢だと信じたい。
まずは1日目のホテルについて語っていくで。
8 : 名無しさん@ログイン中2021/08/27(金) 22:35:42 ID: HqmI+1kP.net

見た目は至って普通にホテル。室内も和風系の感じで当時の自分は修学旅行にとてもワクワクしてた。新幹線の中でテーブルゲームしたし色々なとこに行った。楽しかった。
9 : 名無しさん@ログイン中2021/08/27(金) 23:06:34 ID: HqmI+1kP.net

んで、だいたい5時くらいかな。そんくらいにホテルに到着して晩飯まで部屋で待機してたんよ。人数は5人。時間まで大富豪やった。6時に晩飯食べて、次は風呂に入る時間になってるんだ。生活班事に入る時間が分かれてて、時間に遅れないように準備しようってなった。部屋の奥に喫煙スペースみたいのあるの分かる? 窓があって、その下に下着とか入ってるバッグを置いてたんよ。自分の下着を取るためにバッグの中を探ってた。そしたらさ。窓に手があるんよ。人の視野って下見てても前見えるじゃん。そんな感覚で手が見えた。俺ガチビビって「うわ!手が!!」って思いっきり叫んだ。友達が駆け寄って来たが手なんて無かった。俺も見間違いになった。時間になって風呂に入った。就寝は10時。当然寝るはずもなく恋バナした。12時を回ったときに隣の隣で寝てたS君が部屋のトイレに何回も行くんよ。何回も2分に1回くらい。さすがに笑った。唯一起きてた A君と笑ってた。でもA君も寝て。俺とSだけが起きてた。Sは何回もトイレに行って、うるさくて眠れなかった。Aと笑ってた時に気づかなかったんだけど、S。笑ってたんよ。

「ヘヘ。アヒイ。ウヒョウヒョアハ。ヒヒヒヒ」

って。ちょっと怖くなった。そんなやつではない。またトイレに行ったからちょっと覗いたんだ。そしたらSがこっち見てたんだ。怖い。

「おい、S!なにやってんの?寝ろよ」

って言って俺も布団被って寝た。無理やり。

朝、俺が起きてすぐSに問いかけた。

俺「お前何やってた?ずっと夜トイレ行ってさ。」
S「行ってないよ。みんな寝たからすぐ寝たわww」
俺「あ、そう。こわ。」

と1日目の恐怖体験でした。今でもあの笑い声が抜けません。ヒソヒソと笑う声が。

長くなってすみません。次もこんな感じで行きます。
10 : 名無しさん@ログイン中2021/08/27(金) 23:07:33 ID: HqmI+1kP.net

あとごめんwこの夏では無かったww思い出話になって、ごめん!!

引用元:https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/be/1625330773/l1000