【歴史】日本の奇々怪々な風習や奇祭を教えてくれ!!【風習】

1 : 天之御名無主2010/12/04(土) 12:29:58 ID:
昔の日本は、奇々にして怪々の土地と聞く候。
奇怪なお祭りや風習の数、あまたにのぼる候。
それらも今となっては草臥れて、地方の邑(むら)山々に埋もれけり。

民俗学板の皆で、それらの埋もれた情報を掘り起こさんとす。
2 : 天之御名無主2010/12/04(土) 14:42:04 ID:
お祭りと聞いて一番奇怪な風習で最初に思いついたのが。
ポコチン祭りだったのは言うまでも無い。

かなまら祭り。駄目か?
3 : 天之御名無主2010/12/04(土) 14:56:38 ID:
上のは下品すぎた。スマソ。
それなりに真面目に奇妙な祭りだなと思ってた。嫌がらせではない。
精霊流しとかは基礎かもしれないけど、かなり不可思議。
というか、民族板のデータが消えて、資料が無くなり。かなり困ってる。
4 : 天之御名無主2010/12/04(土) 15:07:43 ID:
夜這いのある村、ざこねの風習のある村は、

村内は一家
村内みな兄弟

これが日本の原風景
5 : 天之御名無主2010/12/04(土) 16:15:33 ID:
>>3
村の暗いしきたりには、エログロナンセンスの要素はつきものだ
6 : 天之御名無主2010/12/04(土) 17:01:59 ID:
>>5
そこが良いと思うこともある。けど下品で表示されないとチョッチ辛い。
というか、多分昔は今より過酷だったから、ああいう風な不思議というか不気味な雰囲気になるんだろうなと。
子供の軽い遊びのような話じゃなくて、暗くてどす黒くて、まるで何かまだ奥行きにあるような。
そういう民話類は読んでて楽しい。フォローサンクス。
7 : 天之御名無主2010/12/04(土) 21:18:11 ID:
今より過酷というよりは、今より娯楽が少なかったんではないか
特に田舎の方では、華やかな都会の文化も行き届きにくかったろう
8 : 天之御名無主2010/12/05(日) 01:28:21 ID:
娯楽・・・うーん。祭りや行事はやっぱり娯楽だったんだろうか。
自分はあんまし好きではないけれど。
まあ、地元の風習書いた方が良いのではないのだろうか・・ていうか、それはプライバシ。かな。
べつにいいけど。
9 : 天之御名無主2010/12/05(日) 02:10:16 ID:
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A5%93
中々不思議なのを見つけた。
大祓い。やっぱり、宗教っていうのは罪だとか穢れだとか多いんやね。
でも、未だに何が罪で穢れなのかイミワカメ。
10 : 天之御名無主2010/12/05(日) 02:24:56 ID:
大祓って不思議な行事か?
神道の基本中の基本すぎていまいち新鮮味にかけるな。
12 : 天之御名無主2010/12/05(日) 02:37:56 ID:
て言うかよく寄り道する。キリスト教の守護聖徒調べたり。
神道→仏教→キリスト→ユダヤ→ケルト。
ぐるぐーる。
14 : 天之御名無主2010/12/08(水) 09:59:16 ID:
大祓いが不思議だという話が出る時点でなんだかなー

奇祭は結構本も出てるし、まずはそれ読め、と言いたいところだけど
批判ばっかしもなんなので、

大阪市西淀川区、野里住吉神社の一夜官女をあげておく。
近くにある西宮市、岡太神社の一時上臈との類似性も面白い。
19 : 天之御名無主2010/12/20(月) 17:39:47 ID:
九戸村の小子内にて月夜の晩、村人総勢で
閑静な盆踊りをしていたという見聞があったね。
月あかりの街道で、太鼓や笛などの楽器の
一切もなく、小娘や童も混じっては皆寂寞と踊っている。
時折、後ろで見物する老婆が「何処の児か」と踊りの輪の中
にいる小児の首を捕まえて手繰り寄せていたそうだ。

無数の死者たちを偲びその重さを月明かりの静寂の中に
見出す盆踊り、こういった「意識化の度合いの低い」文化の型が
日本の原風景のもつ妖しい魅力の根底部分と相重なるのかもしれないね。
これは柳田国男が記録した見聞なんだけど、決して色濃い風習とは言えないが
小泉八雲の愛した日本観の持つ味がコレにはよく現れている気がする。
22 : 天之御名無主2011/02/13(日) 12:29:26 ID:
江戸時代以前に全国で行われていた印字打ち、
「石打ち」の転で、石を投げ合う行事だが、
石だけでなく、真剣なども持ち出されて、死傷者が絶えなかったそうだ。
25 : 天之御名無主2011/02/18(金) 00:31:37 ID:
食い物を粗末に投げ捨てる習慣より
とりあえず食っとけば縁起の良い習慣の方が
日本人に合ってると思う。

豆をばら撒き始めたのはどこのどいつだ
27 : 天之御名無主2011/02/18(金) 14:46:24 ID:
花街の女郎の流行をヒントにして、海苔屋が古い海苔を売るために考えたのが恵方巻きだよ
28 : 天之御名無主2011/02/18(金) 20:59:36 ID:
岡山の山奥、新見地方で今時分に「かいごもり」という祭りがあるらしい。
とにかく当日村人は外出禁止で、神主さんが夜中に秘密の田畑で牛の鳴き声をする。
そしてその鳴き声を聞いてしまった者は不幸になる、という都市伝説みたいな祭りがあってね、と岡山出身の友達に聞いたんだけど。
29 : 天之御名無主2011/02/19(土) 00:01:50 ID:
熱田神宮の酔笑人神事も、見ると病気になると言われてたらしい。
天智天皇の7年(668)に神剣が盗まれて、犯人はすぐつかまって神剣も取り戻したんだけど、
神剣の方はしばらく宮中に置かれていた。

それが朱鳥元年(686)年に、天武天皇の御不例が神剣の祟りだとされて返されたわけだが、
それを祝って酔って笑ったことを再現したのがこの神事なのだが、だとすると解せない話だ。
なんでそんな目出たい神事で病気になるの?

ひょっとして天武天皇の御不例の原因は、神剣の祟りでもなんでもなく、熱田神宮の神官の呪いで、
この神事は呪いの儀式なのかもしれない。
30 : 天之御名無主2011/03/01(火) 19:32:08 ID:
友人が長野県、安曇野で人っ子ひとり
いないであろう、田んぼのあぜ道で見た話。

夜12時過ぎてたらしいんだが、
無言で白い布をかけた
ミコシを担いで歩く集団を見たとか。
何人かはチョウチンを持ってて、
笛や太鼓の音も聞こえたそうだけど。
オバケ(狐の嫁入り的な)じゃね?と怖くなって
わき道に隠れてやり過ごしたらしい。

長野ってこういう行事やってるんですか?
31 : 天之御名無主2011/03/01(火) 20:42:29 ID:
わごし
ってお祭りはローカルかしら
愛媛県の東端なのだけど

茅でつくった輪をくぐって厄払い
茅は鋭いから悪いものを切り落としてくれる
輪はけっこうでかい成人男性か少し頭さげるぐらいで通れる
あと、輪は社殿の前においてあと、ひとかた を賽銭箱に放り込む
ひとかた は事前に各家庭に配られた、和服着て大の字になった人が描かれた紙
32 : 天之御名無主2011/03/01(火) 20:47:50 ID:
>>31
茅の輪くぐりの一種ですね
33 : 天之御名無主2011/03/01(火) 21:26:51 ID:
>>32
なるほど、初めて知りました。
珍しいものではないようですね。
ありがとうございました
34 : 天之御名無主2011/03/01(火) 22:44:16 ID:
>>33
ひとがたを使うのは珍しいかも
37 : 天之御名無主2011/03/10(木) 19:17:34 ID:
戦後しばらくまで九州のある地域では一般の家に男性の泊まり客があると
その家の奥さんが夜の接待をする風習が残っていたとか。
民俗学者が何かの文献に書かれてたの読んだのだが。
38 : 天之御名無主2011/04/02(土) 20:53:51 ID:
水木先生スレがなくなってるお…
勲章もらったらもう検証とかしたらだめなのかお…
39 : 天之御名無主2011/04/04(月) 01:50:00 ID:
>>31
「わごし」?
夏越し(なごし)の祓いで、茅の輪をくぐる行事をやっている神社は多いよね。
40 : 天之御名無主2011/04/04(月) 01:57:49 ID:
>>39
多分「なごし」がなまったんだろうな(「輪越し」という軽い勘違いも働いていそうだ)

人形(ひとがた)を使うところなどはきっちり本来の形が残ってるのに行事の呼び名はズレてるってのは面白い
41 : 天之御名無主2011/04/04(月) 14:18:27 ID:
人形(ひとがた)を使うのは、神社本庁の指導を受けての可能性があるのでは?
ずいぶん前から、神社本庁では、規準的古型を定めて、その全国統一を図っている。
42 : 天之御名無主2011/04/04(月) 16:18:49 ID:
>>41
神社本庁の指導があるならまず行事の名称から改めるだろうし、元レスの使い方を見ると本来とは微妙にズレてるからそれはない気がするなぁ

> ずいぶん前から、神社本庁では、規準的古型を定めて、その全国統一を図っている

そんなこともやってるんだねぇ>神社本庁
ていうか律令制時代の祭祀形式なんて相当後代のシロモノだろ、陰陽道とかの混ぜ物多いし
全然「規準的古型」とするには相応しくないと思うが
43 : 天之御名無主2011/04/04(月) 20:49:57 ID:
基準的古型?
その神社での古式に戻すってんならともかく、一律の型にはめようとか下らんことするね。

>>42
そうは言っても、律令制以前の祭式を復元するのは相当難しい。
44 : 天之御名無主2011/04/05(火) 01:40:14 ID:
基準的古型ってのは、律令制時代じゃなくて、
明治時代に創出された、いわゆる「創られた伝統」のことじゃないのかな。
45 : 天之御名無主2011/04/05(火) 14:34:11 ID:
>>44
そうなんか
だったら尚更よくない
明治に創出されたってことはどうせ国学者の妄想だろ?
46 : 天之御名無主2011/04/05(火) 19:04:33 ID:
「創られた伝統」説自体も怪しいもんだけどね。
確かに中にはそういうのもあるけど、そういうのは個々に検証すべきもので、
一把ひとからげにしていいもんじゃない。
47 : 天之御名無主2011/04/05(火) 23:11:42 ID:
>>46
>「創られた伝統」説自体も怪しいもんだけどね。

ほう、そういう意見の人もいるんだ。初めて聞いた。
研究者のレベルで、そのような見方を展開している人がいたら、教えて下さい。
48 : 312011/04/07(木) 20:10:18 ID:
31です
近くの地域では、「なごし」「なごせ」というところもあります。「わごし」の漢字を「輪越し」と、小学校の先生は言っていました。>>40さんの考えのように、どこかでズレたのかもしれないです。
しかし、「なごし」地域より、「わごし」地域のほうが交通の要所として栄えていました。なんだかおもしろいです。
49 : 天之御名無主2011/04/07(木) 23:50:57 ID:
>>48
都会よりも田舎の方が情報の更新が少ない分、古いものが本来の形で残りやすいんだよね

京大阪あたりで廃れた言葉が地方で昔のまま残っているとか、そういう現象の地域版だろうね>わごしとなごし
51 : 天之御名無主2011/04/10(日) 16:06:02 ID:
杉岡幸徳「日本トンデモ祭―珍祭・奇祭きてれつガイド」
目次
性の祭(新潟県 つぶろさし―ひょっとこが巨大な男根で踊りまくる!
新潟県 しねり弁天たたき地蔵―男と女がつねり放題、たたき放題 ほか)
笑の祭(千葉県 ひげなで祭り―なぜか髭をなでながら酒を飲む
静岡県 島田大祭(帯まつり)―おっさんたちのフレンチ・カンカン ほか)
暴の祭(茨城県 悪態祭り―悪態ついて略奪せよ!
埼玉県 鉄砲祭り(八幡神社祭り)―田んぼの中にゴルゴ13はいるか? ほか)
変の祭(北海道 オロチョンの火祭り―炎のまわりで「少数民族」が踊りまくる
青森県 キリスト祭り―「キリストの墓」のまわりで盆踊り ほか)
獣の祭(山形県 化け物祭り(鶴岡天神祭)―化け物カーニバルは意味不明
茨城県 ガマ祭り―ガマの油売りが筑波山に大集結!
群馬県 猿追い祭り―意味不明に猿を追い回す
静岡県 鵺ばらい祭り―ステキな鵺の鵺ダンス)
55 : 天之御名無主2011/04/20(水) 01:36:19 ID:


拾いだけどお盆の風習っぽい。少女がいるってのがなんだけど
56 : 天之御名無主2011/04/20(水) 02:23:34 ID:
わざと不気味っぽく撮っているけど、これ、生田緑地の川崎民家園じゃね〜の。
59 : 天之御名無主2011/05/06(金) 08:17:14 ID:
よくこんな動画?うpしたな。
この動画自体が、ユーツベ史上、最も奇っ怪な動画じゃないか。
60 : 天之御名無主2011/05/06(金) 20:52:18 ID:
そう言ってもらえればうpした甲斐もあるというもの
63 : 天之御名無主2011/05/21(土) 16:02:29 ID:
>>51
あったなあ悪態まつり。
まだやってるのかなあ。
72 : 天之御名無主2011/09/05(月) 04:50:12 ID:
五島列島のトテマト祭の画像か動画を持ってる人、
是非とも掲載して下さ〜い!
74 : 天之御名無主2011/09/05(月) 20:31:00 ID:
鎌倉の奇祭『面掛行列』



76 : 天之御名無主2011/09/12(月) 23:39:34 ID:
淡路国の一宮。古来、幽宮(かくりのみや)と呼ばれる伊弉諾神宮。
例大祭は4月22日。(4、2+2=4)
淡路島最大の御祭礼。
宵宮本宮と賑々しく極普通。
豪華な大型の六角宝簾の御神輿(六角宝簾は天皇陛下の高御座(玉座)と酷似)=伊弉諾大神さまと小振りな御神輿に御遷座為さった伊弉冉大神の巡幸祭でクライマックス。各地区のだんじりを従え各地を巡幸して
伊弉諾大神が筑紫からご帰還?上陸為さったとされる濱神社(摂社)が御旅所。
御旅所祭を祭行して・・・
ここまでは何処にでもよくある賑々しい御祭礼。
しばらくご休憩の後、夕日〜入り日となる頃、
天狗様(猿田彦神?)が本殿前境内で長矛による四方の清めの長矛舞から天狗(猿田彦神)様はときの声を上げて西向きの濱神社の鳥居から境内―本殿(伊弉諾大神、伊弉冉大神が御遷座)を伊照り差す入り日(夕日)へ突撃為さってそのまま還らず。
これが済むと付き従っただんじりは大神さま方を置いて先に各地区へ帰還。
またしばしの休憩。
夕焼け空から漆黒の夕闇に成る頃、
やっと御旅所の濱神社本殿から再度御神輿に遷座為さった大神さまと宮司以下神職さま、ご奉仕の一団は
一切の灯りを点さず、また一切の音声や物音を発せず浄闇の中、物静かにしめやかに寂しく二キロの道のりを神宮に御還御。
まるで葬列のよう。
77 : 天之御名無主2011/10/08(土) 21:20:57 ID:


これ何?
78 : 2011/10/10(月) 00:43:31 ID:
虫送りってもう珍しい?
79 : 天之御名無主2011/10/17(月) 13:30:48 ID:
>>78地方じゃ結構やってる
80 : 天之御名無主2011/10/18(火) 03:25:26 ID:
尻を拭く方法についての民族考証。

クソした後、縄で尻を拭いたという時代があったらしいのだが、
誰か実演して動画をapしてくれないか?

また、どの地方で「縄拭き」の風習が多いのかも知りたい。

当時の男や女が、どんな縄で、どんな風に動かすのか資料を貼ってくれ。
87 : 天之御名無主2011/11/05(土) 00:58:13 ID:
地元には中秋の名月の夜に子供達が近所の家に行ってお菓子を貰う
というハロウィンみたいな風習がある。
集落によってする所としない所があるのも興味深い。
88 : 天之御名無主2011/11/05(土) 22:10:35 ID:
お月見泥棒だっけ?
89 : 天之御名無主2011/11/05(土) 22:51:18 ID:
>>88
そんな名前だったのか
最近子供が減ってるから、この風習も十年後には無くなるかもしれないな
90 : 天之御名無主2011/11/06(日) 13:28:48 ID:
新潟市西蒲原の者です。
10月29日に神送り、11月29日に神迎えが行われます。
近在の人に聞くと、神主さんだけが神事をしたり、老人達がお宮に集まって神事を
することが多いようなのですが、ここら辺の4部落だけは、子供たちがします。
夕方、家々を廻り、奉加をします。昔はお菓子をもらっていたそうですが、今は、お
金をくれます。
一軒500円から1000円です。奉加金を集めてから、お宮に集まり、代表者が近くの
川の上から榊とお神酒を流して神様を送り迎えします。昔は裸足で橋まで走ったそ
うです。
その後、みんなでお菓子を食べて遊びます。子供たちに1000円のお小遣いを上げ
て終わりです。
一ヶ月間はお宮に縄を張って閉鎖します。
凄く珍しいそうです。
91 : 天之御名無主2011/11/08(火) 05:46:19 ID:
★神戸市長田区駒ヶ林の雑魚寝堂(ざこね堂)の雑魚寝。
※海泉寺(通称まくらでら)宗派臨済宗南禅寺派。本尊ざこね阿弥陀、
ざこね堂には堂内に枕が八十も積み上げられ、老若男女とわず参籠した。
戦前のざこね最終期には節分などに女性だけが参籠した。
そうすると安産だと言われた。
93 : 天之御名無主2011/12/27(火) 14:05:53 ID:
三重県の石鏡のお盆には村中の遺族たちが
竹に木と和紙でできた提灯が付いているものをお坊さんの合図とともに
一斉に地面に叩きつけて、踏み潰す習慣がある。
由来はよくは知らない…
94 : 天之御名無主2011/12/27(火) 18:35:48 ID:
ロックだな。やってみたい。
送り火迎え火の役目を終えたものに、関係ない霊やなんやが纏わり付かないようにする処分法かなぁ。
95 : 天之御名無主2012/01/04(水) 23:10:38 ID:
政府によって禁止された今宮えびすの十日戎の伝統
【今宮戎神社】大阪市浪速区
 旧暦の1月10日にキンマラ市 がたち、金粉を塗った張子の男根
が売られ、大半の人がこれを買って福運を願った。どうも昔は笹で
はなく、張子の男根を授かってたようだ。ただし、明治5年の太
政官布告で全面的に禁止となりました。因みに福笹は京都ゑびす神
社が最初に授けていたようだ。
▼【キンマラ】
⇒旧・正月10日、今宮戎神社(大阪府) 金粉を塗った土製
や木製や張り子の男根が山と積まれ、大半の人がこれを買って
福運を祈った。ただし、明治5年の太政官布告で全面的に禁止
となった。「十日恵比寿」とも言った。→大阪・大阪市浪速区
▽【……余聞】
  喜田川守貞の『守貞漫稿』には『恒例の売物として張抜き
製の陰茎に金粉を置き、あるいはべんがら塗りの物を売る』と
ある。
96 : 天之御名無主2012/01/06(金) 09:15:10 ID:
>>95
大阪在住なのでちょっと気になって調べてみた
「摂津名所図会」(1796年〜1798年刊行)には「今宮社」の中に十日に祭礼がとりおこなわれる事が、
現在とあまり変わらぬ描写で記述されているし、
「十日蛭子」という図でも笹を持って賑わっている様子が描かれている。

三巻のP.10に今宮社の記述が、P.13に十日蛭子が描かれている

キンマラ市が仮にあったとしても、祭りの人出にかこつけた極一部で行われていたモノじゃないか?
97 : 天之御名無主2012/01/09(月) 01:21:21 ID:
ポコチン祭りなら愛知の田県神社で盛大に行われてるだろw
しかもCNNで放送されて外国からも客が大勢やって来るそうだし…(呆
98 : 天之御名無主2012/01/15(日) 20:57:15 ID:
東京でも屈指の奇祭と言えば
日本橋の小網神社で11月に行われる「どぶろく祭り」だろう
真っ昼間からどぶろくが呑めるってんで
近隣の会社員が仕事サボってまでして来るんだとかw
99 : 天之御名無主2012/01/16(月) 20:27:42 ID:
諫早で奇祭「畳破り」

幸せな家庭願い木片争奪、春日で婿押し祭り

雪の中、勇ましく冷水をザブン! 庄内町で「やや祭り」

裸の男衆130人が熱闘 長洲町で「的ばかい」

「ちょうらい、ちょうらい」 法界寺で裸踊り

隠岐の島・今津地区で伝統の「裸トンド」

良い年、引き寄せたい 美浜で神事「水中綱引き」
100 : 天之御名無主2012/01/23(月) 01:21:40 ID:
>>98
今現在の東京だから奇祭扱いされるだけで、わりとあちこちにあるぞ
101 : 天之御名無主2012/03/15(木) 20:27:47 ID:
今日は愛知県田縣神社の豊年祭
102 : 天之御名無主2012/03/15(木) 23:28:40 ID:
>>101
今年もいってきた。田県神社の豊年祭り。
まだ自粛ムード。神輿の大回転なかった。
木型チ○コ持った女官の子に、かわゆいコ居たよ。
111 : 天之御名無主2012/04/21(土) 11:43:50 ID:
>>92
続関連スレ
蛇を食べる慣習

日本における肉食文化

日本の巨石信仰について教えて下さい
112 : 天之御名無主2012/04/30(月) 07:05:40 ID:
蘇民祭は長きにわたり参加者男性は全員、「無褌の全裸」姿が鉄則だった。
それが近年の歪つな変態的道徳観のせいで、下帯着用になったのは、
大体いつ頃からだったろうか?
113 : 天之御名無主2012/05/01(火) 10:07:48 ID:
そもそも「無褌の全裸」姿が鉄則になったのは、大体いつ頃なのだろうか?
それが明らかになれば、下帯着用になったのは、いつ頃か、分かる希ガス。
114 : 天之御名無主2012/05/05(土) 09:12:10 ID:
伊弉諾神宮(幽宮、日之少宮、淡路一宮)の淡路島の春を彩る3日間に渡る春例大祭。
一見すると近隣のだんじりが多数出てテキ屋も境内を賑わす何処にでもある賑やかな春祭。
問題?はクライマックスの御神輿の巡幸祭。
本殿から完全に世人の目から隔絶された純白の御帳を通った中を出御なさった御神体は、よそにはちょっとない超豪華な大型六角宝簾(徳島藩主、蜂須賀公の寄進。天皇陛下の高御座を御輿にしたようなもの。(小柄な人なら乗れるサイズ)。
イザナミさまは同型の四分の一の御神輿)に御遷座坐して出御。
近郷近在のだんじりやお供周りを数多従えて各地を巡幸した後、
お旅所である濱神社(伝、イザナギさまが九州?よりご帰還し上陸した場所。摂社。)に到着してから。
(岐美の妹背二柱神様方は濱神社本殿に一旦御遷座し御旅所神事が粛々と挙行されます)
この日には当神社(西向き)の社殿から鳥居、参道を見通した中央に夕日が沈む仕組み。
古式、古伝では神職が背中合わせで祝詞を奏上とか。
夕刻、正に夕日が西に沈む頃、猿田彦神と思しき天狗さんが御前の境内で四方天地を清めの槍(天沼矛?)の舞を奉納。
最後はときの声を一声上げて夕日に突撃。そのまま還らず!
付き従っただんじりはその間に三々五々に各地に帰還。
御輿と神宮の神職と倶奉の人々だけが黄昏た境内に残され
しばらく休憩の後、夕日がとっぷりと沈み完全に夕闇〜暗闇となった頃
再度御輿に遷禦坐して神宮へ還御しますが、
この際に沿道は燈明を落とし、御神輿行列も燈明を総て消して常闇の中なるべく声も出さず物音を立てないようにしずしずと二キロの道を還御。

これはまるで貴人の葬列のよう
115 : 天之御名無主2012/05/05(土) 09:41:29 ID:
兵庫県明石市の明石港近くの岩屋神社の例大祭でのオシャタカ神事。
祭神は一伝、成務天皇の勅命により淡路島の三対山(伊弉諾尊の幽宮伝承地)の石屋神社(往昔は山上に鎮座。戦国時代に築城の煽りを受けて現在地へ遷座)より勧請遷座の伊弉諾尊。
(西の明石川河口付近には別に伊耶那岐神社と伊耶那美神社が坐す)
赤石(明石の古名)の郷人総出で御神体(ご遺体?)の御座船を海上に出迎えた故事を今に伝えるのが
奇祭、オシャタカ神事。
この明石の岩屋神社の南北線が往古の畿内(首都圏)の西の結界線。(神社仏閣が連なっています)
直ぐ東には日本標準時の子午線が走り、この線上も神社霊山が列しています。
117 : 天之御名無主2012/05/06(日) 11:22:04 ID:
男の全裸祭りがあって女の全裸祭りは無いの?
118 : 天之御名無主2012/05/09(水) 03:27:26 ID:
当然ながら無い。
女の裸体は穢れ多い醜きもの
それに比して男性の全裸は溢美の賜物だからナッ!
119 : 天之御名無主2012/05/09(水) 03:30:47 ID:
ナッちゃん様は陰間の尻の穴からご生誕遊ばした御方だから
女を穢れの極みと仰せ遊ばすのは仕方ない
122 : 天之御名無主2012/06/03(日) 21:59:31 ID:
佐渡のつぶろさし
デカチン形の棒を股にはさんで、そいつをおっ立てたまま舞を披露する
終わる時は先っぽを手拭いで拭く演出も
123 : 天之御名無主2012/06/04(月) 22:19:07 ID:
キリストがひそかに移り住み、天寿を全うしたとの“伝説”がある青森県新郷村で3日、「キリストの墓」
に盆踊りを奉納する祭りが開かれた。
 祭りでは、十字架が立てられた「墓」の周りに和服姿の女性が輪になり、村に古くから伝わる盆踊り
「ナニャドヤラ」を披露。「ナニャドヤラ」と歌うのに合わせて踊るが、意味は分からないという。

 仙台市の団体職員、田沢紘子さん(29)は「思いのほか盆踊りが十字架となじんでおり、(伝説は)
本当かもと思った」と話した。

ttp://sankei.jp.msn.com/region/news/120603/aom12060318050001-n1.htm
125 : 天之御名無主2012/06/05(火) 19:40:23 ID:
キリストの墓伝説自体昭和になってから提唱された「伝説」だし、
その墓の周囲で盆踊りするようになったのはそのさらに後の話だし、
そんなものを嬉々として書き込まれても、ねえ。
126 : 天之御名無主2012/06/06(水) 13:19:23 ID:
>>125
新しい民俗事例の形成過程を生で目撃できてる状況、
って考えれば胸熱じゃんか
128 : 天之御名無主2012/06/24(日) 23:47:19 ID:
水かけ祭りと言えば門前仲町の富岡八幡神社が有名だが
おとなりの森下にある深川神明宮でも行われており
こちらは子供相手でも消火用のホースでバシャバシャかけまくる
しかも、それを見ていた2つか3つの子が
「僕にも水かけて〜」と騒ぎ出す
130 : 天之御名無主2012/07/25(水) 06:13:17 ID:
>>78
各地で続々奇祭祇園祭が、あります。
【祭/富山】氷見市 祇園祭り[2012/07/13-14]

【祭/石川】七尾祇園祭[2012/07/14]  
131 : 天之御名無主2012/09/09(日) 14:16:44 ID:
※駒ヶ林のざこね祭り
神戸市長田区駒ヶ林は村内を中心としたざこね=乱交、乳母が石参り=夜這いにより子孫繁栄した独特の村。
駒が林のざこね堂の海泉寺には乳母が石がある、子供を授かりたい女性が参拝した。
そこに村人が夜這いをかけていた。ざこね堂内では伝統として乱交も行われていた。
ざこね堂内では、乱交用の枕が80程積まれており、ざこね堂は別名、『枕寺=まくらでら』と呼ばれていた。
近くの糸木村等からも種貰いに来る女性や、男性も有ったと言う。
132 : sage2012/10/02(火) 14:58:59 ID:
最初はオカルト板に書き込もうと思ったが、スレが見つからないし内容的にもここでいいと思うので今から書く。といってもこの祭を紹介してるHPからのコピペだが。

旧暦の八月十五日の夜に、少数の限られた家だけでひっそりと行われます。
この日には祭りを行う家では他人を泊めません。
昔は入籍前の嫁や婿は前日に出家に帰したそうです。
祭りの日の夕方になると戸締まりを早くし、大声での話しをつつしんで静かに時の過ぎるのを待ちます。
月が昇る頃着物に袴姿の戸主が、供え物を載せた高脚のお膳を持ち、廊下からそっと外に出ます。
お膳にはお頭つきの生魚、初穂を入れたお赤飯、お神酒などの供え物に、すすきの茎で作った12膳の箸を添えます。
戸主が家を出ると家族は全員無言で戸主の帰りを待ちます。
□ 人目を避けてのお参り
戸主はお堂までの途中他人に会わないようにします。
昔は家も少なくお堂は杉木立ちで囲まれ、周りは田畑であったため、人影が見えると作物の陰などに身を隠して、人が通り過ぎるのを待ったそうです。
現在はお堂の周りにも多くの家が建ち、人通りも多いので自家用車でお堂の近くまで行き、人通りが絶えた時を見てお参りをしています。
戸主は堂内に入ると、訶梨帝母(かりていも)木像の前にお膳を供えローソクを一本ともします。
供え物の赤飯や煮物を分け供えて拝み、残りの供え物は持ち帰ります。
帰りも人目を避け、戸主が帰宅すると家族は話すことができます。
これが鬼子母神の祭りで、一般的な祭りのように大勢の人々が集まって賑やかに楽しくやるものとは全く違うものです。
□ 250年以上も続く行事?
奇祭ともいわれているこの行事はいつ頃から始まったのでしょうか。
「安永風土紀書上」(安永3年:1774年)には、「但 盗人神ト茂申来候事 誰勧請ト申儀並年月共ニ相知不申候事 右夜中近所之御百姓九人家内共ニ無言ニ而祭リ来申候 参詣之節モ出合不申様 互ニ身ヲ隠シ往来仕候事」とあります。
いつ、誰が勧請(神仏の来臨をこうこと)したか分からないとのことです。
今から230年余も前の書上で、いつ頃始まったか分らないということですから、少なくとも250年以上も前から続けられていることになります。
時代の変化とともに変わってきたところもあるようですが、人目を避けてお参りすることや供え物などは今も変わらないようです。
133 : 天之御名無主2012/10/02(火) 15:04:47 ID:
ちなみに祭の名は鬼子母神祭。
キリシタンに関わる祭とされているようだ。

実際に愛子地区に行くと習合の跡が幾つか散見され、ここにしか例がないような事柄も多々見受けられる。
134 : 天之御名無主2012/10/14(日) 11:47:18 ID:
>>87
あるね、千葉のいとこが言ってたよ。月見の日には
月見団子作って、お菓子も少し用意しないと、近所の
子供たちがまわってくるから〜って。
ハロウィンみたく、お祭り騒ぎではなく十五夜や十三夜の
夜にまわるって、なんか幻想的で良い風習だな。
135 : 天之御名無主2012/11/04(日) 12:12:12 ID:
かなまら祭りだろ、やっぱ
137 : 天之御名無主2013/01/20(日) 06:08:49 ID:
>>106>>108
東北地方は、奇祭の宝庫なんだね。
1 :BaaaaaaaaQφ ★:2013/01/15(火) 22:19:50.63 ID:???0
 新潟県十日町市松之山の薬師堂で15日、前年に結婚した夫婦の新郎を境内にある高
さ約5mの崖から雪の上に放り投げる「むこ投げ」があった。約300年前から続く
奇祭で、よそ者に村の娘を奪われた腹いせが起源・・・・・・・
【新潟】 新郎を高さ5mの崖から投げ落とす 奇祭「むこ投げ」
139 : 天之御名無主2013/02/24(日) 07:51:55 ID:
>>92
続関連スレ
【藤崎宮】チョソに滅ぼされた祭り【ぼした祭】

【喧嘩】新居浜太鼓祭り【民族】

【北海道】よさこいソーラン祭【奇祭】
140 : 天之御名無主2013/02/24(日) 07:58:27 ID:
>>112
国府宮はだか祭が、この2/22に盛大に挙行されたようです。
【裸祭】裸男、荒ぶる!神男に触れようと数千人が押し寄せ激しくもみ合う オリンピア市長も下帯姿で「熱くなった」/国府宮はだか祭
143 : 天之御名無主2013/09/04(水) 17:23:57 ID:
裸になって海に飛び込む祭りがどこかにあったな
144 : 天之御名無主2013/09/04(水) 21:26:56 ID:
>>143
愛知県西尾市の鳥羽神明社なら知ってる。
二月にやる炎の祭りみたいのがある。
146 : 天之御名無主2014/05/01(木) 06:41:11 ID:

神戸市長田区の伝承行事にも〔ざこねと記されています。〕

神戸市湊部〔枕寺=まくらでら・ざこね堂〕
 雑魚寝堂というのがあるが寺ではない。〔その後移転〕同村の未婚の男女が
毎年節分の夜にここに集まり籠るので、雑魚寝堂と称したのに
始まる。その夜に契った男女は夫婦(一夜の)となる掟であるが、いかに
神の結ぶ縁とは言え、若い男が年老いた女を、年老いた男が若
い女を妻(一夜の)とするのは世の慣わしに背くというので廃止されてしま
ったが、今でも節分の夜だけは、古い名残を留めて、女ばかりが
籠ることになっている。(夜這いされる事か)こうすると安産だと言われている。
 筆者も明治四十三年頃に駒ヶ林のこの堂を訪ねたが、その頃
は土地の者は「枕寺」と呼んでいた。堂には雑魚寝に用いた枕と
いうのが七八十も積んであったので、枕寺の由縁も、在りし昔の
雑魚寝の盛んであったことも偲ばれた。

中山太郎の「日本婚姻史」
中山太郎の「日本婚姻史」に駒ヶ林の雑魚寝堂〔ざこね堂〕とその行事が
記載されています。

神戸市長田区駒ヶ林にある、
海泉寺は近隣の五ヶ寺が合併し、現在の様な海泉寺になったようです。
海泉寺の震災で倒壊した本殿は諸説有りますが、むかし近隣の漁師町の
若い善男善女が夜を徹し参籠する事が有名な地元の人に愛されたお堂でした。
地元の人々は親しみを込めて海泉寺本殿を「ざこね堂」「枕寺・まくらでら」と呼んだそうです。
153 : 天之御名無主2015/05/24(日) 06:15:25 ID:
>>37
九州地方って古風な習俗が、遺存されておるんだね?
488 :名無しさんは見た!@放送中は実況板で:2015/04/06(月) 19:44:29.94 ID:C3VuVxdY0
>>444
北陸ではないんだけど、九州の僻地のある村では、
女の子が成人(初潮)すると、村の有力者の爺に初夜権があったという話を思い出した。
九州は昭和半ばでも略奪婚の風習がまだ廃れてなかったとか闇が深すぎ・・・・・・・・・・
NHK連続テレビ小説「まれ」part11 [転載禁止](c)2ch.net
488
154 : 天之御名無主2015/05/25(月) 09:28:26 ID:
海にまつわる話で、
海追いの日 や 追い海 といったワードを調べてるんだけどなかなか出てこない
某無料漫画や新聞の小説?で読んだんだが…創作なんだろうか?
155 : 天之御名無主2015/06/24(水) 13:22:25 ID:
>>140
愛知県で冬場の伝統ある祭といえば、「国府宮はだか祭」と並び「瀧山寺鬼
まつり」だろう。同時期の節分豆撒きと違って群舞する鬼が、邪気を払うと
いうのは、如何なる由来なのであろうか?
”岡崎市に鎌倉時代より伝わる「瀧山寺鬼まつり」。本堂に
30を超える大松明を持ちこみ、鬼面をつけた男たちが乱舞
する様は圧巻、邪気を払う意が込められて・・・・・・・・・・・・・”
『祭人魂』 #048  愛知県岡崎市 瀧山寺鬼まつり
東海テレビ  2015.03.28  (土)  11:25 - 11:40
156 : 天之御名無主2015/08/23(日) 11:14:27 ID:
佐渡のつぶろさし(でかい張形を股に挟んで一人Hを舞で表すw)
みうらじゅんがネタにしてたから知ってる人も居るのでは?

引用元:https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/min/1291433398/l1000