【サイエンス】パラレルワールド理論について考えたい【異世界】

1 : 2021年から来た未来人2021/05/08(土) 14:44:15 ID: TBQYXwRG.net
ジョンタイターとか
2062年氏とか
2071年氏とか
2100年越えてる未来人とか
彼らの予言とかどうでもいいので
彼らのタイムマシン理論とかどうでもいいので
彼らが語る多世界解釈について考えたいなと

ジョンタイター曰く「エヴェレットの多世界解釈は正解」と
さらに「(同時刻が複数あるのではなく)時刻違いの世界だろう」

シュタインズゲート曰く「同時刻に複数の世界線が紐の束のように無数に存在する」

推測者曰く「この時間線は特別」

多くの未来人「年号は安始」
2062氏「総理大臣はガッカリする菅」
2062氏「2021年7月30日に神奈川震災」
2062氏「津波は約57分後」
2062氏「8日前に余震」
2062氏「4時間前に第一震」
2062氏「コロナ大感冒」
2062氏「アルコールヤバい過敏症」

予言とかはどうでもいいから
未来人が来たら元の未来は残るが現代からその未来へのルートが消える並行世界の理論について

建つかな 建たなかったらいいや
2 : 2021年から来た未来人2021/05/08(土) 15:03:56 ID: TBQYXwRG.net
このスレ立てようと思った理由なんだけど、ウィキペディアでジョンタイターの記事久しぶりに見て、↑の発言を読んでちょっと考えた仮説があって

グラデーション時間理論
ジョンタイターが「(同時刻に複数の世界があるのではなく)時刻違いの世界だろう」って言ったけど

もし同時刻に世界が存在しなくて
2036年から1975年に飛んだジョンタイターの1秒前の世界も同時刻に1975年に飛んで、さらに1秒前が…という風に1秒前、1秒前、ある程度前までが同じ時間史だとしてそれらのジョンタイターが全て過去に飛んでるとしたら

こうならない?
2036年にジョンタイターは1975年に飛んだ
2036年の1秒前から何日、何カ月、何年前のジョンタイターも同時刻に飛ぶ
ジョンタイターの時間史Aは1975年へジョンが飛んだことで時間史Bになった
未来人が過去に飛ぶなど事件が起きなければ時間史はかわらない
とすると、2036年にジョンが過去に飛ぶ時間史の範囲は始めの2036年から1975年の61年間
2036年始めのジョンから61年間、1秒ごとというか、連続した世界が1975年の過去にジョン(連続体)を送り続ける
1975年が2036年に到達したら、ジョンは過去に送り込まれなくなる(時間史がBになり違う歴史になるため)

すると、世界の時間連続体がグラデーションのようになるんじゃないか
ここからここは時間史Aで赤色、ここからは時間史Bで青色とか
3 : 2021年から来た未来人2021/05/08(土) 15:12:07 ID: TBQYXwRG.net
みたいなこと考えたくなったのがスレ立ての理由

時刻違いの連続体>ジョンタイターのいう並行世界
世界の変容の連続体>同時刻の並行世界>シュタインズゲートなど

並行世界は時刻違いのものと世界(空間や位置)違いのものとがある?他にも何違いのものがあるのだろうか
12 : オーバーテクナナシー2021/06/19(土) 15:49:52 ID: qCZcEud0.net
0次元
1次元
2次元
3次元
計4つ

0…?
1…時間
2…?
3…空間

0…間脳脊髄
1…小脳
2…半脳
3…半脳
13 : ペンローズの脳理論(理系板)2021/06/19(土) 15:52:47 ID: qCZcEud0.net
時間軸は連続体──時間は1次元だから、異世界は2方向
空間軸の連続体──空間は3次元だから、異世界は6方向
?軸の連続体──?は2次元だから、異世界は4方向
?軸の連続体?──?は0次元だから、異世界はなし

時間軸、空間軸、?軸の全12方向に連続体がある(6次元、12方向)(世界は6次元)その連続図形の1点に現在があり、6次元12方向に進む(世界に事象が起こる)(物理的な変化は現在点位置固定のまま点が変化するのか、現在点の位置が図形上をすべるのか、つまり世界が滑るのか、現在が滑るのか)

現在点
空間は3次元──3次元方向に自由に動ける
時間は1次元──1次元方向に自由に動ける(ただし、時間軸、時間移動ではない。人によって時間のテンポが違う、これが現在時間1次元のズレなのかもしれない(未知だが))

世界上6次元に現在点があり、現在点に6次元あり……下?
世界上6次元を現在として……上?

以上、以下、があるかは不明だが、少なくとも宇宙は3次元+2次元+1次元=6次元、世界軸も3次元+2次元+1次元=6次元の連続体

異世界は一段階でも12方向ある

異世界はおそらく実在する
15 : 軸=変数違い?2021/06/21(月) 22:42:17 ID: jgDaOIE/.net
考えてて、時間違いの異世界(時間軸異世界)の原因わかったわ

時間軸異世界(未来世界)(過去世界)
これは間違いで

答えは
(早熟世界)(遅熟世界)だわ

時間軸の異世界とこの世界は何が違うか
世界が生成して、異世界が生まれる原因がある(結論後の帰結)

未来世界の現在も現在世界の現在も過去世界の現在も、全て現在としたら(同時刻に存在しない何か幻影を見ているのでなく、現在に同時に存在する異なる現在としたら)

未来世界の現在も過去世界の現在も、世界発生から同時刻、経過しているなら(同時刻に発生し、同時刻にいるなら)

2つの仮定の上で
その同時刻経過でも未来世界、過去世界になる理由

異なる変数、時間についての変数





答えは…

(早熟世界)(遅熟世界)
16 : 時間軸=世界の仕組みが違う?2021/06/21(月) 22:49:30 ID: jgDaOIE/.net
──1秒の経つテンポ
・人によって感じる時間の速さが異なる
・歳を取ると1秒間、1日、1年が早くなる
・過去の再放送は30分、1時間の枠に収まっているのに中味が間延びに、全てが遅く見える

──のような時間の速度のこのような現象を誰でも体験できる
──少なくとも世界の時間が未来に進めば進むほど、時間の大きさが小さくなっていく。昔の人は巨人で、昔の放送は巨大で

──この世界の中でも時間の大きさ、時間座標の目盛りが変化する

──未来世界、過去世界がもし世界生成から同時刻であるとしたなら
──それでも時間軸違いで未来世界、過去世界と異なる世界に変化するなら
──それらの時間に関する変数の違いは?
──時間座標の目盛り、これが時間違いの異世界、各個異なるとしたら
──目盛りが小さければ「時間経過速度が大きい」目盛りが大きければ「時間経過速度が小さい」
──未来はさらに未来に行くし、過去はもっとゆっくり未来に進む
──「時間経過速度が大きく」やや煮詰めること少なく時間が経過する(早熟世界)
──「時間経過速度が小さく」やや煮詰め過ぎて時間が経過する(遅熟世界)

未来過去があるのでなく、大きさの違い、世界の仕組みの違い、であり、どちらも現在なのではないか
21 : No1.2021/07/02(金) 21:04:11 ID: FI/ApCtR.net
0704 2021/06/30 01:56:28
ちょっとオカルト考えてみない?
質問

─試論─
・パラレルワールドは実在する
・宇宙の外に異世界が存在する
・異世界のバリエーションは6次元12方向の数値であり
・数値の距離は変数の違いである
・現世界と異世界は続きの連続体で、連続面に現世界と異世界が乗っている
・連続体面の位置の違いは変数の違いである
・世界の発生は同時に起こり、現世界と異世界は同経過上にいる
・同経過上の変数の1つが現世界(宇宙)であり現在である
・点から点は連続体、0次元の点が宇宙であり、点の間を区切り点の個数を数えることはできない
・時間軸異世界は未来世界過去世界ではない。現在世界である。世界発生は同時で世界は今現在、同経過上にいる
・同経過上であれば時間変数が同じなら同時刻になる(未来過去時刻にはならない)。時間変数が異なるので異時刻になる(未来過去時刻となる)
・同経過上で世界の進行は同一で同じ時刻と言ってよい。隣に同時に存在し、両方とも現在である。現在に隣に存在しない、例えば記憶の過去、実際に行く未来のような、未来過去世界ではないのに未来過去時刻である
・つまり現在世界であるが異なる時刻。この理由は時間の変数の違い。時間軸の違いは宇宙の時間の仕様が違う
22 : No2.2021/07/02(金) 21:05:25 ID: FI/ApCtR.net
・時間軸異世界は「未来」「過去」ではない
・時間軸異世界は「早熟」「遅熟」である
・時刻の経過する速さが異なり、進行は同一で同様に現在であっても、時刻が異なり未来時刻と過去時刻となる
・未来人は早熟、過去人は遅熟。未来人は時刻経過が速く、過去人は時刻経過が遅い
・「煮詰めることなく発展する」「煮詰めすぎて発展も遅い」
・未来人、過去人は現在人。先輩後輩でなくタメ
・パラレルワールドは現世界の同位体である。そして無限個ある。そして連続変数変化である

0705 2021/06/30 02:14:06
6次元12方向どっから出てきたんだ問題
・空間は3次元、空間以上がなければ空間以下
・3+2+1+0=6、宇宙は6次元
・3次元の仕組みは空間、2次元の仕組みは質間、1次元の仕組みは時間、0次元の仕組みは??
・空間3次元とは別の次元は実在し
・別次元は仕組みが違う。別次元は物理が違う。別次元は空間でない
・3は3人称、2は2人称。3は能動、2は受動、能動は自分から動かなければ動けない。受動は相手を動かす
・空間の遠隔力は、別次元の近接力
・宇宙は6次元、宇宙の外に世界の6次元
23 : No3.2021/07/02(金) 21:07:17 ID: FI/ApCtR.net
0706 2021/06/30 02:35:14
ゴミ
超常現象が起こり得るためには
超常現象の実在、霊的現象の実在は
空間より上の量、4次元以上の物理
??と時間と質間と空間、それら以外の物理法則の実在が
証明されれば証明される
ゴミっとな

0707 2021/06/30 03:30:49
寝たかったけどもう一つゴミ
通ってきた過去、行く未来
はどこにある?

宇宙の上は異世界
宇宙は物理
宇宙の下…にある

宇宙の上の異世界は時間変数の違う、遅行同位体、即行同位体。時刻経過のテンポが違う

宇宙の物理も同様に時刻経過の違い。
宇宙の下も同様に時刻経過の違い
宇宙の物理、時間の数値が違うと時刻経過が違う。これが留まる拒む、の時間の物理量を生む
過去は留まり、未来は拒む
過去は遅く、未来は速い
物理変化が遅いか速いか
物理変化に留まって遅くなるか、物理変化に拒んで早くなるか

この宇宙の物理、には過去未来はない。ただ物理の違いがあるだけ
24 : No4.2021/07/02(金) 21:10:02 ID: FI/ApCtR.net
しかし
この例えば留まる、拒むの過去未来の物理を見たとき、「なぜ留まるのか、なぜ拒むのか」
それはもちろん「時刻経過が異なるから」だけど、もう一つの理由は「時刻経過の異なってしまってる理由がある」

その理由は
全ての物理現象は過去の蓄積により起こる
「過去の蓄積により」「時刻経過が異なってしまっている」「物理的に留まる、拒むの、時間物理現象の発生」

つまり宇宙の下、
宇宙の物理「時間現象」
宇宙の下「時刻経過の異なる理由」「過去の蓄積」

つまり記録である
記録も物理

そこに人はいないし
現在もないけど
過去の蓄積の記録は
消えることなく物理的に残る
6次元の上は異世界
6次元の下は蓄積
25 : No5.2021/07/02(金) 21:11:52 ID: FI/ApCtR.net
0708 2021/06/30 04:00:50
それか
6次元の上異世界
6次元の下蓄積

異世界(現在)
蓄積(過去と未来)
ってのは間違いで
異世界(早熟世界も遅熟世界も同様に未来)
蓄積(速い理由も遅い理由も同様に過去)
異世界=未来
蓄積=過去

異世界は同進行上の現在であるが、未来扱い(過去時刻の世界に行こうが)
蓄積は全て過去
物理は現在

0711 2021/06/30 04:34:04
進行─未来
蓄積─過去
4次元以上の方向のズレ─異世界
3次元以内のズレ─並行世界
26 : No6.2021/07/02(金) 21:17:37 ID: FI/ApCtR.net
0713 2021/06/30 04:55:22
宇宙の上は虚空の空間(偽)じゃないかも
宇宙の上は重ね合わせ
進行度を上げるほど多世界が重なって見える
1つを識別できない
上げれば上げるだけ重なって
見えるかも
宇宙の下は分離、空乏?
進行度は重なりの度合い

世界の進行度は同一
世界の進行は重ね合わせの進化
世界の万象が重なり融合することが進行の経過で
万象は重なるから時間は進む

進行度は万象の重なりの変数
進行度を上げるほど重なりの具合が強い
それは未来
一つ一つが見えなくなる
現在は動かない
世界同士の万象が重なり融合することが時間
今が進む
27 : No7.2021/07/02(金) 21:19:09 ID: FI/ApCtR.net
0714 2021/06/30 05:04:16
そして…
0次元が進行(量はわからないが)

0次元の変数が進行の度(軸じゃない)
1次元の変数が時刻の軸
2次元の変数が質刻の面
3次元の変数が空刻の
4次元の変数が
5次元の
6次元
7


進行=重ね合わせの融合度
量子論=重ね合わせ

量子論はm,kg,sの他に第4の物理量を必要とする
0715 ご冗談でしょう?名無しさん 2021/06/30 05:24:23
ん? 知障しつこいな。
0716 2021/06/30 05:48:45
進行(0次元)を時間(1次元)的に見ると時間軸(普通の未来過去)
進行(0次元)を質間(2次元)的に見ると面
進行(0次元)を空間(3次元)的に見ると体、手順や経路、変化など
28 : No8.(ラスト)2021/07/02(金) 21:20:00 ID: FI/ApCtR.net
軸、面、体には別の場所がある
現在は0次元
同じ位置にいる
進行度に別の場所はない
異世界の場所は多次元
違う位置にいる
別の姿がある

0718 2021/06/30 06:03:11
最後
進行度0
この場所(宇宙の)の別の姿(別場所)
進行度あり
重ね合わせの場所(多世界)の別の姿(別世界)

もう書くものはないと思う
29 : 12021/07/03(土) 03:01:48 ID: 3gksANUO.net
量子論の解明=進行、重ね合わせなどの─0次元量の解明=→量の操作方法=現世界と異世界の重ね合わせに跨がる物理(異世界を操作)→異世界移動方法

量子コンピュータ…原理は重ね合わせ(などの量子効果)=その物理は─0次元の量→その演算は異世界に跨がる→異世界移動のための演算装置

4次元以上の操作で始めて、非地球異世界へ
3次元以内の操作だと、地球異世界
30 : 12021/07/03(土) 03:12:18 ID: 3gksANUO.net
4次元以上の量=超常現象の実在
0次元の世界重ね合わせ(異世界)・4次元以上の量(世界の仕組みの数値のズレ)=魔法現象(技術として量を操る方法論。世界の仕組みの数値のズレにより、この世界でも量を操る方法論がわかれば、物理現象は少し操れるだろうが、
数値のズレによる仕組みのズレから世界の人間の技術的方法論(文明)のズレ、それによる3次元以内─と─4次元以上の干渉による人力での実現、または魔法を発生させる科学装置の技術体系)は実在できる
31 : 12021/07/03(土) 03:16:51 ID: 3gksANUO.net
>世界の仕組みの数値のズレにより、この世界でも量を操る方法論がわかれば、物理現象は少し操れるだろうが、

世界の仕組みの数値のズレにより「→⇒に文が繋がる」、
(この世界でも量を操る方法論がわかれば、物理現象は少し操れるだろうが、)
「⇒ここに先頭の文が繋がる」数値のズレによる仕組みのズレから世界の人間の技術的方法論(文明)のズレ、それによる3次元以内─と─4次元以上の干渉による人力での実現、または魔法を発生させる科学装置の技術体系)は実在できる
32 : 12021/07/06(火) 02:07:14 ID: Xgb/jtO4.net
>>23
「宇宙の上の異世界は時間変数の違う、遅行同位体、即行同位体。時刻経過のテンポが違う
宇宙の物理も同様に時刻経過の違い。
宇宙の下も同様に時刻経過の違い
宇宙の物理、時間の数値が違うと時刻経過が違う。これが留まる拒む、の時間の物理量を生む
過去は留まり、未来は拒む
過去は遅く、未来は速い
物理変化が遅いか速いか
物理変化に留まって遅くなるか、物理変化に拒んで早くなるか」

0次元が世界の重ね合わせだったように、1次元時間や2次元質量、3次元空間も各量の重ね合わせ
0次元の上に多数の世界(1次元以上)のっているように、1次元の上にも多数の重ね合わせの(?)(2次元以上)、2次元の上にも…
が乗っている?
とすると

1次元時間がなぜ大きいほど留まるか、
時間数値により質量物理が重ね合わせになる(?)
1つの0次元進行度0の世界(宇宙)に時間1次元進行度0でなく0<により宇宙内(異世界でない)の中にある重ね合わせの(?)が合わさって、その合力で留まる

それとは逆に、合力の起源は2次元以上、質量物理か空間以上か(2階上以上もあるだろうか?0次元の多世界も時間軸以外の量もあるからあるんだろう)それが留まる物理として出る
33 : 12021/07/06(火) 02:18:10 ID: Xgb/jtO4.net
ようするに2次元以上の少し連続体の大きい範囲(偽・多世界をといえる)を動かしてる

ということかもしれない

数値というのは基本的に重ね合わせの度合いであり、個数であり、量である…だろうか
その重ね合わせの合力、基準段階以上の多世界への影響、連続体範囲への影響力、単に数値=その上の個数によって、その絡み合いで物理が働くのだろう…か

ともかく、物理を紐解くには、ミクロの粒子を顕微鏡で見るだけでなく、
(クォークも正体は裸の単位(物理量)そのものだし)
全ての単位(物理)が次元の重ね合わせ、基準以上の上次元の物理(からの影響)をソースにしていると、世界論or次元論で解析しなければ、物理の仕組みの解明は遅くなるだろう

読み返してないから文章が汚い

追記
計算の階(符号の段階、個数の纏まり)と計算の態(符号)は別だと思ってたけど
数値は重ね合わせの度合い…ていうのを見ると、階と態は融合するのか?
符号(態)(3正2負1隔0?)が0〜3次元、符号が物理で、これは正解だが
数値が上の段階の(この)符号の重ね合わせなら
計算の段階と同じ意味になり
つまり計算の態(符号)とは、どの段階の計算階からスタートし、それ(基準)より上の多次元を見るか
ということになるのか
すなわち計算階が上がるごとに符号が増えていき
符号は計算段階を表す、階数表示であり
計算階は上次元の簡易表現か実効表現

ということか?
34 : 12021/07/06(火) 02:22:48 ID: Xgb/jtO4.net
>1つの0次元進行度0の世界(宇宙)に時間1次元進行度0でなく0<により宇宙内(異世界でない)の中にある重ね合わせの(?)が合わさって、その合力で留まる

1つの0次元進行度0の世界「の=宇宙に」1次元時間進行0<「の数値」がおおきくなると、 宇宙内「(現世界内)」「の上(偽)世界の」重ね合わせの(?)が合わさって、その合力で留まる?
35 : 12021/07/06(火) 03:24:38 ID: Xgb/jtO4.net
0位置の重ね合わせ
空間の位置は3の3階下(計算階)?
時間の位置は1の1階下?
質間の位置は2の2階下?
空間の倍率は3の2階下?(留まる拒む(時間物理の速度)→なら→(空間物理の速度なら)空間倍率?)
38 : 12021/07/13(火) 23:12:11 ID: pGRtiBNS.net
物理板にいる
パラドックス因果議論スレというか、過去改変で物理的に何が起きるかスレ…名前調べるのめんどいから、こう言ってわかるでしょ

反論してきた人?数人?
もしここ開いたら、キミ(たち)の自論書いてって。一般論でも独自論でもいいから

自分のパラレル時間理論で
そっちのはパラドックス時間理論
パラレルは実数領域で
パラドックスは非数領域
互いに矛盾せず、両方とも実在する
どちらが間違ってるとかないんだよ

一般論とか、独自論、ある程度のクオリティのもの興味あるし、色んな論書いてった方がいいだろうと思うし

マルチバースだっけ、流してたけどちょっと違うな
自分のパラレルワールド理論は有限個の並行世界でないし、無限個あり、しかしそれらが分割されてるわけでなく、連続体だ。しかし現在は0次元の点だしx^0は0.01でも=1だから、1つの点だけがこの宇宙であり、独立、分割してるように見える。
マルチバースというのは分割で、連続体理論でないから、この呼び名は適切じゃない

まあともかく、その人じゃなくこの板や他所板の他の人も持ってる理論がありそれが高クオリティなら書き込んでくれ
39 : 12021/07/13(火) 23:12:46 ID: pGRtiBNS.net
何度も言うように
パラドックス時間理論(過去の親を殺したら自分も消える)
パラレル時間理論(過去の親は異世界人で殺しても影響ない)
は同居できる
領域が違うだけで矛盾はせず両方ともこの世界の仕組みだ
ただ、単に時間移動技術は通常パラレルの方だから、自分の理論が正しいというだけ

件の人、恐らく自分の理論読んでも理解できないだろうと思う
頭の良さ云々の話でなく、自分の文章の論理が理解できなさそうだったからね
たぶん頭はいいだろう。凡百な人でもだれでも俺よりは頭いい。文章の計算力というのかな。文章力じゃない。文章は下手くそだ。しかし文章を構成する計算力が少しあるから、それに対応できない人はいて、読んでも理解できない。

だから自分の理論は読まなくていい
ともかくもし理論を持ってるなら書いて欲しいってことだ
43 : P○ΘM2021/07/26(月) 01:25:43 ID: bpKfkxWc.net
X^0=1…実数
X^0=0…非数

【解ったこと】【更新】【メモ書き】
冪根…乗除…加減…1,0(←実数)…(非数→)0,1…非数側加減…非数側乗除…非数側冪根

実数…後程因果(未来改変)
非数…前程因果(過去改変)

非数…0.1…1,0…実数
前程因果…現(前程)…現(後程)…後程因果

後程因果…パラレル
前程因果…パラドックス

パラレル…並行現在(並行世界)
パラドックス…直接繋がった(直接世界)

パラレル…未来(変えても矛盾しない)
パラドックス…過去(変えると矛盾する)

0.1…1,0、→±0次元…現在(世界1個)(世界1個の個?と複?)

パラレル…複
パラドックス…個

パラレル…過去から未来に流れる(から未来を改変できる)
パラドックス…未来から過去に流れる(から過去を改変できる)
44 : P○ΘM2021/07/26(月) 01:26:28 ID: bpKfkxWc.net
【解ったこと】【まとめ】
中程因果(世界)(前程後程)の±0次元からの±0次元上の1以上の計算階…世界1個の中の物理
後程因果(未来)(後程)の+数次元から+数次元上の数以上の計算階…世界複数の上(を1個として)の世界複数の中の物理
後程因果(未来)(後程)の+数次元から+数次元下の数以下の計算階…世界複数のパラレルワールド(世界複数下の個別の無数の非数物理)

【結論】【誤りの改定】
並行世界の根源は0次元でなかった。0次元と言ったのは間違いであり

並行世界の根源は多次元。多次元からの非数がパラレルワールドの物理

【さらに】
計算の入れ子構造は
非数⊂世界(前)⊂世界(後)⊂実数
仕組の構造は
非数>世界(前)─世界(後)<実数

パラドックス度は
世界(前)<(小なり)<非数
パラレル度は
世界(後)<(小なり)<実数
パラレルは
実数から見て→世界(後)(非数)
パラドックスは
非数から見て→世界(前)(実数)
パラレルの物理は
実数から見て→上の実数(実数)
パラドックスの物理は
非数から見て→下の非数(非数)
45 : P○ΘM2021/07/26(月) 01:36:06 ID: bpKfkxWc.net
結局誤りだったということ
+0次元は未来(現在の直近の未来)の歪み
−0次元は過去(現在の直近の過去)の歪み
物理法則は未来の相互作用
だから+0次元
物理法則の歪みは過去の相互作用
−0次元、しかし過去の物理といってもほぼ現在の物理相互作用なので、
±0次元、両者とも物理法則で扱う、現在の物理法則である
46 : P○ΘM2021/07/26(月) 01:53:45 ID: bpKfkxWc.net
おそらく
−0次元は量子物理
+0次元は古典物理

−0次元から見ると、+0次元は"計算の入れ子構造"の上階なので
幾数の−0次元を"1個"として+0次元は纏まった物理、つまりバラバラな物理の纏まった働き(通常の物理相互作用)
+0次元から見ると、−0次元は"計算の入れ子構造"の下階なので
1個の+0次元の下の別個のパラレル、バラバラな物理、つまり纏まった物理のバラバラな重ね合わせに跨がる遍在(確率の物理相互作用)

↑※
・+数次元の+数次元上の数以上の実数は(+数次元から見て実数なら)幾数のパラレル世界(を1個として)の纏まった物理
・反対に下階(+数次元から見て非数なら)は幾数の別個のパラレル世界のバラバラな物理
と同様
※↑
47 : P○ΘM2021/07/26(月) 02:10:25 ID: bpKfkxWc.net
パラドックスの方
−数次元の下階になるほど別個の物理になり、そして−数次元からみて下階はバラバラな重ね合わせに跨がるパラレルな物理だが、下階になるほどパラドックス力は強くなり…

パラレルの方
+数次元の上階になるほど纏まった物理になり、そして+数次元から見て通常の物理法則だが、上階になるほどパラレル力が強くなり…

パラドックスのほうは
−数次元の上階になるほど纏まった物理になり、−0次元へのパラドックス影響は、高ければ小さい僅かな改変、低ければ大きい大きな改変。こちらは前程なので過去改変

+数次元の下階になるほど別個の物理になり、+0次元へのパラレル影響は低ければ小さい近いパラレル、高ければ大きい遠いパラレル、こちらは後程なので未来の方向を改変するのだろう
48 : P○ΘM2021/07/26(月) 02:21:57 ID: bpKfkxWc.net
もちろん
この改定は
現段階での
予想であり
再び
改定され
覆る
可能性が
あるもので
現に
最初の
論は
覆った
あくまで
これも
現段階の
予想で
真偽は
確定しない

改訂前も
真偽は
確定しない
現段階の
予想と
免責と
注記を
入れる
べきだった
49 : P○ΘM2021/07/26(月) 03:09:57 ID: bpKfkxWc.net
【追記】【今気づいた】

【前程】【経由すると他所へ行ける】
時間の+1次元は+数次元を経由するとパラレル時間(間接的な未来)
時間の−1次元は−数次元を経由するとパラドックス時間(直接の過去)

【つまり改訂】【経由しなければ現在】
つまり±1次元自体はパラレル・パラドックスでなく、現在の現時間か
その現時間の伸びる先が"間接的な未来"か"直接の過去"でパラレル(上階)パラドックス(下階)を経由すると他所へゆける

±1次元は【つまり】
+1次元はパラレルの中の1つのこれから変わる現在(活動する現在)
−1次元はパラドックスの中の(過去の積み重ねの先端の)これまでの現在(固定された現在)
両方とも現在

その±1次元の現在(過去の先)(未来の前)がそれぞれ(非数の下階)(実数の上階)でそれぞれ"直接の過去""間接的な未来"に移動できる

つまり量子の振る舞いは
過去の先の粒子=量子
未来の前の量子=粒子

−1次元から下階からの干渉=量子の存在が確率的に振る舞う(…何故なら過去を改変し現在が書き換わる(量子作用))
+1次元から上階からの干渉=粒子の振る舞い(…未来を改変(物理相互作用))

つまり量子の確率的な振る舞いは非数の下階を経由している
非数の下階、パラドックスからの物理
絶えず"直接の過去"からの影響を受けている

ということなんだろう
真偽は確定しない
50 : P○ΘM2021/07/26(月) 03:17:27 ID: bpKfkxWc.net
即席だと酷い説明になるな
もともと読み解けないらしいけど
51 : P○ΘM2021/07/26(月) 03:31:27 ID: bpKfkxWc.net
つまりこれからの量子物理学は
量子の振る舞いを確率として納得、確率計算して解き明かせたと、思考停止せず
量子の振る舞いを過去改変、過去通った質量面、空間体のログからの影響・干渉と見て、非数方面の計算は未だないが、これも数学的に研究しつつ、
量子の確率から過去通ったログの干渉率を計算で出し、量子の振る舞いを予測できるようにせよ
確率で解き明かしたと思考停止せず
過去通ったログの影響を非数計算し

その反対に並行世界からの影響は
4次元以上の高次実数の計算から非数を割り出す(重ね合わせな別個の1つへの影響)

過去も未来も実在し
過去の先の現在と
未来の前の現在は
同時に現在で
その不可分な1個は
過去のパラドックス、過去通ったログ(質量面、空間体、それ以上)
未来のパラレル、間接的な上辺での物理(4次元以上)
により干渉をうける
そこを経由し、パラドックス・パラレルの他所へ行ける
52 : P○ΘM2021/07/26(月) 03:33:33 ID: bpKfkxWc.net
以上の
真偽は
確定しない
62 : 12021/08/23(月) 01:37:41 ID: 2gOuE341.net
0637 2021/08/20 04:44:38
人間の体〜脳とか〜

左脳、右脳、小脳、間脳延髄脊髄、神経網、RNA機構とDNA核、細胞
って別けられて

左脳(6次元か5次元)、右脳(6次元か5次元)、小脳(4次元)、間脳延髄脊髄(3次元)、神経網(2次元)、RNA機構とDNA核(1次元)、細胞(0次元)

0次元…X^0=1(実数X)or0(非数X)…ªº←とかな計算記号で、ªX=1、ºX=0(←実数にしたら)って感じどうかな

0次元はªXの1項の中の数値は自由(ただし実数にしたら1)、そして最大項数は上の1次元…+1、つまり1項のみしか許容しない。これは私(一人称)を表す…細胞

1次元は+X−X、1項の中の数値は自由(これが普通の数。数直線の中の)、そして最大項数は2次元の×2、つまり2項を許容する…これは貴方と私の関係(二人称)、2項なら貴方と私、1項なら私(周りに対する)…RNA機構とDNA核(DNAは有機コンピューターであり、生理的な(細胞の(原始的な))思考体、苦しいこと辛いことに晒されるとDNAは処理される)
63 : 12021/08/23(月) 01:38:27 ID: 2gOuE341.net
0638 2021/08/20 04:57:17
2次元は×X÷X、これは空間
かけ算層が空間
(べき算層が空間というのは間違い)
空間は3次元空間、^3だが、空間があるのは×X÷Xこれは距離、空間的拡がりが倍数的(拡大縮小、縮尺)(体積を持つ物の個数で距離が測れる)で、自由な距離×Xの最大項数が3項だから^3…3次元空間。これは三人称、彼、貴方、私を表す。神経網は体に枝を伸ばす空間的な細胞組織。

それと物理量が乗関数、かけ算わり算なのは空間変化を記述したい、時間的な変化は記述してない(言ったことは間違ってた)
64 : 12021/08/23(月) 01:38:57 ID: 2gOuE341.net
0639 2021/08/20 05:20:31

3次元は^X、(X)√
これは4人称
方向を自由に取れる(3次元方向でも4次元方向でもn次元(注意:^的n次元であり、今メインで語ってる計算階と最大項数のn次元とは異なる))
つまりこの見える3次元空間の外、見えない次元を自由に取り、それとの方向的な物理相互作用
最大項数は4。⌒4。○^^^^。
これはkgかなって思ったりするけど間違ってる可能性高し。わからない
間脳延髄脊髄は方向を思考し設定し、神経網(空間的)に伝えて空間的動作を行わせるんじゃないかな

つづく
65 : 12021/08/23(月) 01:39:46 ID: 2gOuE341.net
つづき

3次元^√が質量と考えるわけ

m:sの比が速度系、1:1なら速度、2:2、n:nでも
1:2が加速度2:4でも1/2:1でも
2:1が減速度1:1/2でも4:2でも

m/s、(m/s)^2、(m/s)^x…速度
m^2/s^4、m/s^2、m^(1/2)/s…加速度
m^4/s^2、m^2/s、m/s^(1/2)…減速度

このm:sの比によって、速度の効果、時間変化率が変わるが
ではこの^数は時間なのかというと、時間変化「率」であって、時間操作(時間の伸び縮み)ではない。あくまで時間の「比」でしかない
^√は時間ではない
けど、質量は?
質量比…(もとい通常の物理で、質量は数直線の原点から片側しか許容しないから─(4kgと1kgの鉄球を衝突させて、4kgは1kgの速度が質量に分散するが、1kgは4kgの速度を受けて4倍の速度にはならない)─から質量という狭義ではなく)…ではなく質量と反質量を含めた運動係数みたいなものを、「時間変化率」と同一視できないかなと考えたのだが

間違ってる可能性高し
66 : 12021/08/23(月) 01:40:12 ID: 2gOuE341.net
0640 2021/08/20 05:40:23
4次元は⌒、?
これが時間じゃないかなって
小脳(自我)

質量が3次元の^√
空間が2次元の×÷、時間が4次元の⌒?
だと
電気と磁気は時間と空間の物理量を交換したものだ
電気(kg^x)(s^y)と磁気(kg^x)(m^y)
って対称になるから、こうなれば綺麗だなって

最大項数は5。○⌒⌒⌒⌒⌒。

つづく
67 : 12021/08/23(月) 01:40:50 ID: 2gOuE341.net
つづき


あと、
時間が1次元に進む(パッシブ1次元な)訳whith質量

^√の範囲は
∞(^∞)←x(^x・(x)√=x)→1((∞)√)
⌒?の範囲は
∞(⌒∞)←?(⌒x・(X)?)→x((∞)?)

3次元(√)の最小が1
これは計算階の0次元、X^0=1(実数X)or0(非数X)にあたる
3次元(質量?)は底((∞)√)が0次元で、進行はない「位置」…つまり質量は安置される
4次元(⌒?)は最小がx、つまり4次元(たぶん時間)の底((∞)?)が1次元(+−)に相当するので、時間はパッシブに進行する
のだと思っている

空間は底が0だから0次元以下
空間は失われる
68 : 12021/08/23(月) 01:41:43 ID: 2gOuE341.net
加筆あり
0642 2021/08/20 06:33:03
エネルギーはべき関数3次元^√
エネルギーは質量について記述したい

それと3次元^√(質量)
3次元を質量と考えるわけ2つめ
×÷(空間)最大数3項(^3)
^√(質量)は(^n)数値(×÷から見て3項以上の多項)、
見える空間の外に質量の方向(大きさ)がある
別の空間がこの空間の外にも同じようにあり、別の世界の空間(^3)と質量を介して(^n)くっついて一塊となってるなら
質量は空間同士を繋ぐバンパー
この空間の質量が変形するためには、質量を介してくっついたこの世界の外の無数の別の空間のバンパーを経て別の空間の質量まで凹ませなければならない(つまりこの空間の質量と無数の別の空間の質量まで全部凹ませなければこの空間の質量は凹まない、(質量の)変形抵抗、重いものほど質量変形は起こりにくい)
質量が3次元^√だと↑っていう解釈ができるのが、2つめの考えるわけ
しかしこちらは証拠として薄い
69 : 12021/08/23(月) 01:50:10 ID: 2gOuE341.net
0641 2021/08/20 05:51:49
5次元
6次元
わからん
けど
パッシブ2次元
パッシブ3次元
歪み(変形進行)

0011 2021/08/22 21:53:48
>>1
遠隔相互作用の4つの力
重力・電磁気力・強い力・弱い力

4つの力はこうあるべき…1
【m】【kg】【s】など各物理量の遠隔作用(物理機能)
空間の力(引力斥力)【m】・時間の力【s】・質量の力【kg】・謎の力【】・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力・謎の力

4つの力はこうあるべき…2
0次元の力(X^0=1(X=実数) or 0(X=非数))【ªº】最大項数1個(最大+1)
1次元の力【+−】最大項数2個(最大×2)
2次元の力【×÷】最大項数3個(最大^3)
3次元の力【^√】最大項数4個(最大⌒4)
4次元の力【⌒?】最大項数5個(最大?5)
5次元の力……
6次元の力……
7次元の……
8次……
9……
……

であるべき
74 : オーバーテクナナシー2021/11/20(土) 11:55:34 ID: /tcxR3+J.net
>>1
こっちのスレしっかり読んだほうがいい

【現実か】パラレルワールド【幻か】part.1
75 : オーバーテクナナシー2022/03/07(月) 12:00:20 ID: qtv4javj.net
パラレルワールドを合理的に解説しよう
転生するとまた自分の人生を繰り返すんだけど微妙に変わってくるんだよ
これを何度も何度も繰り返してパラレルワールドが無限に出来る
基本パラレルワールドが交差する事は無いけど
例えばタイムマシーンで未来から過去に行くパターン
その過去自体もパラレルワールドになっているわけだ
パラレルワールド同士には時間の概念など無いから同じ時間に進行していると言ってもいいし違う時間にもなる
つまり未来が変わるなんて事は無く元からその未来であるから映画や漫画なんかでいう未来を変えてしまうなんていうものは元々そういうパラレルワールドの一つなのだ
77 : オーバーテクナナシー2022/03/23(水) 17:45:14 ID: FKFq2/YD.net
イーロンマスクはシミュレーションを信じてるようです。
パラレルワールドは量子力学からでてきた理論。
高名な物理学者にも指示してる人が多い。
ひも理論からそう結論されるらしい。
78 : オーバーテクナナシー2022/04/22(金) 22:41:07 ID: TrQD89eL.net
パラレルワールド間の連続性を考えるとき
それぞれの時空での2重振り子の挙動を妄想するのは愉しい。

引用元:https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/future/1620452655/l1000