【歴史】apple(林檎)って宗教的に意味あるの?【伝説】

1 : 天之御名無主2012/02/17(金) 12:39:31 ID:
よく映画(天使と悪魔)とかゲーム(アサクリ)とかで林檎が重要な意味を持ってたりするけど、
あれは何なんだ?
たまたま被ったのか実際に何か意味があるのか、そうゆうのに詳しくないから教えてくれ
2 : 2012/02/17(金) 13:53:40 ID:
蛇にそそのかされてイヴが食べてしまった知恵の実が林檎だったって話

食べることは神によって禁じられてた
3 : 2012/02/17(金) 13:54:26 ID:
林檎よりも柘榴って説が多いけどね
4 : 天之御名無主2012/02/17(金) 15:02:02 ID:
知恵のみって林檎だったのか!!柘榴の説もあるなんてしらんかった。
ヘビは神の使い的なことだよね。何でそそのかしたのか謎だ

アイザックニュートンが林檎の落下で重力発見して、重力=科学
科学と宗教は対立しあう、科学の研究は神の存在を脅かすみたいな話もあったよね
5 : 天之御名無主2012/02/17(金) 15:28:14 ID:
植物と人類の歴史
7 : 天之御名無主2012/02/19(日) 18:02:04 ID:
柘榴じゃなくて無花果だろw
アダムとイブが股間に貼り付けるのも無花果の葉だろ
8 : 天之御名無主2012/02/19(日) 18:40:14 ID:
英語で喉仏のことを「アダムの林檎」というのは、
アダムが知恵の実を食べてる所を神様に見つかって、林檎の欠片が喉に詰まって出来たという俗説から来ている
イブは先に食べ始めたので見つかった時には食べ終わっていたわけだ
9 : 天之御名無主2012/02/20(月) 10:23:52 ID:
リンゴを智慧の実としたのはギリシャ神話の影響ではないかとも言われているが。

ミロのビーナスの欠けた腕は智の象徴のリンゴをもっていたとされる。
ギリシャはオリエントに比すれば後進地域だったが、ギリシャが地中海の覇者になったときには
既にユダヤ人は亡国の民になっていてギリシャ地方に広く分布していた。
旧約聖書はその頃編纂された物だから、
成文化された時の社会状況に左右されたとしても不思議はない。
10 : 天之御名無主2012/02/20(月) 16:36:06 ID:
>>9
あれはパリスの審判の黄金の林檎だろ? 智の象徴じゃないよ。

旧約のギリシャ語への翻訳が始まったのは確かにヘレニズム期だが、原典は当然それ以前に出来てる訳で。

そもそも聖書本文には、知恵の木が具体的に何の植物かなんて、一切書いてないんだが。
12 : 天之御名無主2012/02/25(土) 14:06:02 ID:
アダムとイブの物語とプロメテウスの物語の基本プロットは同じ。
赤い知恵の実は赤い炎。
リンゴは表面が赤いが、イチジクは中が赤い。
神と敵対していた「何か」は人間に知恵(=火の使い方)を教えたために神に罰を与えられた。

プロメテウスの受けた刑罰は鳥葬。
元の物語がギリシアでは無く、ペルシア等の東方から伝わってきたものだということがわかる。
13 : 天之御名無主2012/02/25(土) 15:24:38 ID:
>>12
全然違うわ
アダムとイブの物語はセックスと死の起源モチーフ
(蛇に「誘惑」され男女が実を食べる=セックスを「知った」ということ
事後に「互いが裸である事を恥じて」イチジクの葉を着用
神は二人を楽園から追放したが、女には妊娠して子を産む定めを与え以後人類は増えて行く)

プロメテウスの天界から火を盗む話は文化英雄モチーフで、上記との共通点はない
14 : 天之御名無主2012/03/01(木) 15:20:00 ID:
追放されたのは命の実を食われることを恐れてだがね
15 : 天之御名無主2012/03/01(木) 18:28:17 ID:
>>14
だからそれが神人分離、永遠の命を持つ神と死すべき人間の分かれ目って事
死の起源説話として首尾一貫してる
17 : 天之御名無主2012/04/20(金) 14:57:38 ID:
鳥葬って言葉が引っかかるなぁ。
確かに鳥に啄まれるけど、復活する臓器である肝臓を突っつかれる訳だし。
死んではいないよね?プロメテウス。
18 : 天之御名無主2012/07/29(日) 08:06:21 ID:
>>3
林檎・柘榴ともに原産地はイラン高原とされているから、現世人類の始祖
アダム・イヴの棲んでおったエデンの楽園は、通説のアデン高原でなく
イラン高原にあったということやね。
22 : 天之御名無主2012/12/20(木) 09:10:22 ID:
appleが家庭用コンピュータを創ったからこそおまえらがひきこもりオタクになったのだから、やっぱ毒リンゴだったな。
23 : 天之御名無主2013/01/20(日) 06:26:57 ID:
>>4
>ヘビは神の使い・・・・・・・
篠田知和基著「ヨーロッパの形 螺旋の文化史 2010」によれば、東欧スラブ人の
祖は蛇女エキドナ、リトアニア人の祖は蛇女エグレとされているらしいね。
24 : 天之御名無主2013/03/06(水) 22:17:42 ID:
>>22
それこそ伝説。
「日本初のPCはPC-8001」だと言うような話。
25 : 2chが賢者の石を作る練成陣だって本当?1970/01/01(木) 00:00:00 ID:
林檎は知恵の実でイチジクの葉で股間を隠したってあるけど
林檎が太陽の果実なら普通は生命の果実で、イチジクこそ知恵の実に相当すると思う
26 : 幻界ファントム|アドベンチャー3|フリーゲーム夢現2013/12/01(日) 19:21:03 ID:
狂騒戯画で死者蘇生の為に食わせた果物はイチジクだったな
27 : フタナリの歴史 - 天尊国2013/12/06(金) 07:09:21 ID:
「フェニキア人」の意味である、との説もある。これは女神アスタルテに捧げられた聖王――(信仰的に、殺された後再生する)生け贄を指した。この生け贄は火で焼かれることが多かったという。

 死(復活)に際してフェニックスが用いる香料――没薬[ミュルラ]やら安息香やらは、ミイラ製作に使われるものと同じで、つまり防腐剤の意味がある。
フェニックスは、食べるものさえも乳香や茗荷の汁といった防腐効果のある香料だった。

 フェニックスの伝説は、毎日燃え尽きて死んでは翌朝甦る、《太陽》を現したものだ、という説がある。
それはその通りだろう。ギリシア神話では、太陽神ヘリオスは、毎日日が沈むと、黄金の杯[トリプス]に乗って冥界の川を流れて行ったとされる。
太陽は毎日死んで冥界に下り、また翌朝甦っていたのだ。中国の伝説では、太陽は三本足のカラス(の運ぶもの?)で、毎朝水浴びをして木の枝に止まり、天の運行を始めていたらしい。

 ところで、このギリシアの神話に現れる《黄金の杯》とは何だろう? 単に船の代わりのようにも思える。
実際、ヘラクレスがこれを借りて西の島へ旅したことがある。
現世とあの世を自在に行き来できる乗り物らしい。

 ところが、実はこの杯が《釜》だとする解釈もある。太陽は毎晩、釜でぐつぐつと煮られて《死に》、翌朝《甦った》らしいのである。
継母に殺された子供たちが釜でぐつぐつと煮られたように。
反魂〜死者の歌

「杜松の木」をはじめとする[継子と鳥]系の物語において、殺され、食べられて捨てられた子供の骨は拾い集められ、そこから子供が復活する。

 散らばっていた骨を拾い集め、何らかのアイテムや術でもって骨を繋ぎ、肉をつけ、魂を戻す、いわゆる反魂の法は、しばしば民話の中に現れる。
このコーナーに集めた民話の中では「プチュク・カルンパン」や「ヨニと楊の葉」などもそうだ。
単に死者を甦らせるだけではなく、主人公が一度死んで甦えると元よりも良くなった(美しくなった、若くなった、賢くなった)ので、羨んだ別の者が自らも死んで甦ろうとし、
しかし失敗して死んだままになってしまう、という膨らみを見せることもある。

28 : 日本酒ツンデレ論2013/12/20(金) 15:35:57 ID:
林檎って焼くとやわらかくなって甘いんだよな
熱燗がツンデレ言われるが、果物のツンデレは林檎だな
29 : 天之御名無主2014/07/28(月) 18:57:26 ID:
リンゴちゅうたらこの時期、テキヤが水飴かけて割り箸刺して屋台で売っとろーが。おう!
39 : 天之御名無主2014/09/22(月) 14:14:51 ID:
単に林檎は手間を掛けなきゃならないシーズンが長くて努力の果てに得られる果物だから知恵の実のイメージにぴったり合うとされて後から林檎になっただけじゃないの?
40 : 大きな歴史的転換点、激変する世界経済と進行する我々の意識変化2014/09/28(日) 11:03:31 ID: C/K1/828O
日本だって鏡餅の上にみかんが乗ってるよな
41 : 本当は怖い?『人間っていいな』に隠された裏の意味2014/12/23(火) 03:20:26 ID: cbvIpcPRb
イチジクって食人の暗喩だったのか・・・
43 : 天之御名無主2015/01/31(土) 13:16:19 ID:
日本一の霊場と言われる恐山
その恐山のある青森はりんご生産日本一

あとはわかるな?
44 : 天之御名無主2015/01/31(土) 15:09:56 ID:
イラン(ペルシャ)辺りの影響は感じるなあ リンゴもギリシャ神話も聖書の源も
45 : 天之御名無主2015/02/02(月) 01:52:37 ID:
ゾロアスアー教の影響か?
46 : 天之御名無主2015/02/06(金) 12:20:31 ID:
リンゴを縦にスパッと2分割した切り口の形が、、、女性器を連想するからでは?
48 : 天之御名無主2016/03/30(水) 22:10:13 ID:
そりゃ、ちと苦しい
49 : アビ2016/04/07(木) 09:12:13 ID:
いや、聖書とかの時代、リンゴはまだ酸っぱくて食べられたものじゃなかったらしいよ。
知恵の実はブドウとかイチジクの説もあるし。
50 : 天之御名無主2016/04/07(木) 17:02:05 ID:
単にイヴがアダムじゃなくて別の男(蛇)と性交しちゃって神が怒ったってだけでしょ。
知恵の実はリンゴじゃなくて無花果で、子宮とか膣のメタファー。蛇の子供が出来たと。
マリアも同じでヨセフ以外の男と密通して子供が出来た。
キリスト教はNTRのモチーフ大好き教。
52 : 天之御名無主2016/04/29(金) 05:16:52 ID:
4000年前の林檎なんて楕円形で、食べてもジューシーじゃないから殆どジュースにしてた
今の品種は中世ヨーロッパで品種改良され、アメリカで大量栽培されたもの
53 : 天之御名無主2016/04/29(金) 19:09:57 ID:
>>52
つまりリンゴは不味いからナツメヤシを食べなさいという砂漠の民に伝わるありがたい教えだろ
54 : 天之御名無主2016/06/24(金) 22:05:54 ID:
なんだあ!?そっだら事なんかあ!?
55 : 天之御名無主2016/07/06(水) 12:51:41 ID:
元の話では柘榴らしいが
林檎もサワーが有って齧ると目が覚めるし
栽培取り分け受粉した後の育実期間が長く病虫害にも弱いので
収穫には大した知識と忍耐と経験とが必要であり
これが転じてエデンの園の知恵の実に摩り替った説が最も農耕
56 : 天之御名無主2017/06/27(火) 13:31:20 ID:
農耕な説だけど、最も濃厚かどうかは…
57 : 天之御名無主2017/06/28(水) 22:20:25 ID:
ただの翻訳ミスだよ
58 : 2017/09/16(土) 00:30:38 ID:
あれだな 林檎じゃねえな
棗椰子、無花果、石榴辺りが相応しい果実だっぺ
59 : 天之御名無主2017/09/28(木) 16:13:53 ID:
無花果の木にイエスが呪いの言葉をかけたという聖書の一文があったな
60 : 天之御名無主2017/10/02(月) 11:50:03 ID:
そもそも昔のイングランドとかでは、Apple=果物だったみたいだし、リンゴとは限らないんじゃない?
61 : 天之御名無主2017/10/03(火) 19:02:12 ID:
股間にくっつく葉はイチジクくらいだから
少なくとも股間の葉っぱはイチジク
64 : 天之御名無主2017/10/22(日) 22:56:23 ID:
アップルとは基本的に木の実のこと。
65 : 天之御名無主2017/12/19(火) 18:52:59 ID:
本来は聖書への影響も林檎に限っていなかったのかも。
66 : 天之御名無主2017/12/23(土) 16:57:19 ID:
APPLE
67 : 天之御名無主2017/12/26(火) 15:32:24 ID:
アダムとイブも元話はリンゴではなかったのかもしれない。
68 : 天之御名無主2017/12/26(火) 19:03:11 ID:
林檎じゃないのは確定だよ
どの果物か不明だけどね
69 : 天之御名無主2017/12/26(火) 20:39:20 ID:
知恵の実は柘榴、時点でメロン説が有力
林檎ではない

林檎はギリシャ神話の黄金の林檎
70 : 天之御名無主2017/12/26(火) 22:06:51 ID:
リンゴを真っ二つに切ったら、、、、オマンコ=セクスを連想するから
71 : 天之御名無主2017/12/26(火) 23:30:58 ID:
>>68-69
なるほど…
73 : 天之御名無主2018/01/05(金) 12:39:10 ID:
西アジアエリアに近いほど林檎はあるけどな
74 : 天之御名無主2018/01/05(金) 16:37:26 ID:
林檎は北方の果物
75 : 天之御名無主2018/01/05(金) 17:24:04 ID:
plus+『りんごポリフェノール』というサイトより
 りんごの原産地は中央アジアから西アジアの山岳地帯。天山山脈からコーカサス地方を起源とし、世界に広がっていきました。
紀元前13世紀のエジプトではすでに栽培され、生食以外にジュースやジャム、さらにはシードルやビネガーに加工して利用されていたという記録が残っています。
76 : 天之御名無主2018/01/05(金) 18:56:25 ID:
紀元前エジプトでも栽培されていた!
77 : 天之御名無主2018/01/05(金) 19:24:22 ID:
リンゴって西アジアにもアフリカ大陸にも古来よりあったんだな。
83 : 天之御名無主2018/08/15(水) 18:29:55 ID:
>>77
だからリンゴが普遍的なイメージを持つことはあるわけだ
84 : 天之御名無主2018/08/26(日) 20:04:49 ID:
北国の産物のイメージだった
85 : 天之御名無主2018/08/27(月) 15:11:09 ID:
ハロウィンは本来は古代ケルト、ローマの果樹の女神ポモナを讃える収穫祭であり、西洋では別名「りんごの日」
86 : 天之御名無主2018/08/28(火) 21:33:21 ID:
形から心臓を表す
即ち人間のシンボル
87 : 天之御名無主2018/09/05(水) 06:13:34 ID:
素朴な時代、身近な木の実で何かと例え易かったのでは?

引用元:https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/min/1329449971/l1000