【文化】蝦夷の研究【文明】

1 : 出土地不明2019/08/30(金) 14:17:10 ID: LxR/hq6b.net
 古代東北の蝦夷(えみし)に焦点を当てた特別展「蝦夷−古代エミシと律令国家」が9月21日〜11月24日、多賀城市の東北歴史博物館で開かれる。開館20周年と宮城県多賀城跡調査研究所の設立50周年を記念して企画された。出土品の展示に加え、第一線の研究者による講演会や連続講座で、東北の古代史を解き明かす。

 律令国家の支配に属さず蝦夷と呼ばれた人々について、最新の発掘調査や文献史料を基に、律令国家との争い以上に交易が盛んだったことを紹介する。

 年代は、多賀城が設けられる直前の7世紀後半から平泉藤原氏が滅亡する12世紀後半までが対象。国重要文化財「金装獅噛三累環頭大刀柄頭(きんそうしがみさんるいかんとうたちつかがしら)」のほか、蕨(わらび)手刀、柳之御所遺跡の「カエル板絵」など北東北を中心に出土した約300点を展示する。

 9月に「律令国家と蝦夷」、11月に「古代蝦夷研究の現在」をテーマにした記念講演会を開催。連続講座は9〜10月が「前九年・後三年合戦と平泉」、11月が「考古学からみた“伊治公呰麻呂(これはりのきみあざまろ)の乱”」などを題材に開く。

 24日にあったプレイベントでは、アニメ映画「アテルイ」が上映されたほか、元館長の進藤秋輝さんが「古代東北統治の拠点 多賀城」と題して講演し、多くの歴史ファンが訪れた。

 特別展は一般1200円、65歳以上1100円、小中高生600円。毎週月曜は休館(休日の9月23日、10月14日、11月4日は開館し、いずれも翌日休館)。連絡先は同博物館headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000013-khks-soci
7 : 3achi5koi2019/09/04(水) 22:06:10 ID: kok/ZyT/.net
土蜘蛛は蜘蛛なんかいのう。
12 : 出土地不明2019/09/29(日) 19:52:49 ID: mzGpa6Dh.net
>>3
蝦夷(エミシ)大和王朝から蔑まれますが、
全く違う国。

祖を尋ねれば、それは大和の先行王朝(海王朝〜磯城)の大彦(皇太子)。
かれを古事記、日本書紀はナガスネ彦と蔑んだ。
大和の王家、有力豪族ら同士で覇権争い/権力闘争に明け暮れる中、九州の物部勢が侵攻してきます
(「第一次物部侵攻」、、、(ニギハヤヒの降臨。とか、神武東征(の前哨戦)など))

四国南岸沖から紀伊水道を通り紀ノ川を遡り、
南岸に陣取って侵攻してきた物部勢力を迎撃して一時は追い払う事に成功しますが、

(先行大和王朝側から見て)賊軍(物部勢)は紀伊半島を南に迂回して熊野(新宮)方面から再上陸 。
しかし、大和王朝側の紀伊国造(高倉下命の子孫)らの軍に迎撃、ゲリラ戦を仕掛けられて熊野川上陸の中洲(元熊野本宮の大斎原の地)に孤立化、、、w

大和王朝側が豪族同士で権力争いに明け暮れて一枚岩ではないとの情報を得た侵攻軍側は
大和王朝の副王家、トビ家の分家、大田種彦(大田田根子)に内応、手引きを要請します。

大田種彦は本家のトビ家(大和王朝の副王家/大神(カモ)王家)への対抗心や大和を平定して大王となる野心から外来の物部勢力を引き入れ利用することを考えて、
要請を受諾。
物部軍はトビ家分家大田種彦らの道案内を得て前人未到に近い熊野川沿いから紀伊山地を北進して無傷で吉野に、吉野川/紀ノ川を渡り磐余に無傷で着陣して威勢を張りました。

突然現れた大軍団に算を乱した大和の豪族らは大和を逐われます。

大彦らも抗戦しますが多勢に無勢、北への退却を余儀なくされて
大和を放棄。
大彦は伊勢(伊賀)に新たに王国を建て、、、追撃されて

仕切り直し、琵琶湖東岸に新たに出雲族の信仰に因み三上山を大和の三輪山に見立ててクナト国をごうします。
クナト国がシナに伝わって狗奴国と書かれました。
大彦は出雲王国の東の王家、富(トビ)家に出向き救援を要請しますが、
出雲王国は各地の領地を奪われ、更に九州物部勢力が侵攻準備中との情報を得ていたこと等から
勢力を分散する余裕はないとして申し出を断りました。
出雲の王家は大彦らに北陸方面へ行く事を勧めました。
併せて、富、トビを名乗ることを禁止します。

出雲の往来の途中、藁蛇を神木に巻き付けて荒神、荒ハハキと呼んで祭祀をしていたのを目にした大彦は自らの勢力で新たに取り入れてシンボルとすることを決めました。
13 : 出土地不明2019/09/29(日) 20:09:37 ID: mzGpa6Dh.net
>>12

更に追撃を繰り返し受けた大彦やその子孫たちは一時的に落ち着いた地域に国を建てました。

アラハバキ国、日立国(常陸)、、、最終的に津軽に至り「日之本国」を建て、安東氏を名乗る。
各地の豪族の首長らによる合議制を採用して統治。
渡り島(北海道の古名)や樺太、千島の人々も日之本国に参画していたと言います。

津軽は首都の意味を込めて「日本中央」と呼ばれました。

後世、伊達政宗が日本(日ノ本)将軍といわれますが、そのベースは東北地方が日ノ本国だった記憶が有ったため。
14 : 出土地不明2019/09/29(日) 20:26:52 ID: mzGpa6Dh.net
東北地方は出雲族がインドからシベリアを経由して渡来した際、
本州には津軽から上陸して、三内丸山(遺跡/後期)にしばらく居留した後に
本隊は日本海側を南下して出雲地方に至りますが、
途中、小さな集団が各地に分離拡散した歴史があり、いわば遠い身内が沢山居たと考えられます。

十三湊は日ノ本国の首都港湾として整備されて大変栄えて居たと言います。

十三湊は出雲王国から禁止されたトビ家(王家(天皇家も旧出雲王国トビ家の血筋(分家)))の音を採ってひねったもの。

富山/トヤマは外山(トビ)から?
鳥海山はトミ山の当て字。
15 : 出土地不明2019/10/10(木) 13:49:12 ID: eGXiK+vs.net
>>7
クモ。は
敵対、反体制(自分たちからみて)側のヤカラを蔑んだ古代の用語。
ソコに「土」、、、土着、従前から根付いている。
の意味を重ね合わせたもの。
22 : 出土地不明2019/12/26(木) 00:36:37 ID: JwBTRoCB.net
915年の十和田湖火山では、埋没家屋が蝦夷側の地に沢山出来た。
元慶の乱の時に、秋田県北部は多分蝦夷が支配する地になった。
なぜなら、十和田湖火山の噴火の大被害が大和政権側に一切記録に残っていないからだ。

これはあまり研究されていないのだが、江戸時代から江戸時代から次第に洪水時に発掘されてきた。

出土品には日用具やら、鍛冶の道具やら(だから蝦夷は鉄を使うコトができたことが分かる)
漢字を書いた木簡(だから文字も使えた)やら、暦やら凡やら下駄やら不動尊像やらが出土している。

まだ埋まっている遺跡も多数あるだろう。この研究は江戸時代から続いていて、考古学、文献学、地学
など文系、理系の垣根を越えた多数の学問を合わせないといけない発展途上の学問だと思う。
27 : 出土地不明2020/05/25(月) 00:21:32 ID: LPtIrdBI.net
>>14
伝承の日本史、これからどんどん拡散して行くんだろうね
30 : 出土地不明2020/08/16(日) 15:09:11 ID: NI/98vJx.net
>「ナイ」「ベツ」で終わる地名は北海道や樺太や東北地方などに多く見られ、アイヌ語で「川」や「沢」を 意味する。

東北地方の「ナイ」「ベツ」地名の分布(=アイヌ語話者)


畿内型の古墳分布(=日本語話者)



あっ!
33 : 出土地不明2020/10/06(火) 04:03:42 ID: Oqf40f5H.net
日本書紀で武内宿禰が蝦夷の国を強奪しようと言い出すシーンで、「男女並に椎結、身を文げて、人となり勇捍し、是を総て蝦夷と曰ふ。」
椎結という髪型が分からないけど、文はタトゥーなんだよね?
こういう感じの見た目だったのかな?

ttps://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-bunka/img/juho_kouko_image3_77.jpg
ttp://www.city-yuzawa.jp/up/files/yuzawashi/k-shogai/bunkazai/2085/0000007865001.jpg
ttps://www.pref.miyagi.jp/uploaded/image/12114.jpg
34 : 出土地不明2020/10/06(火) 05:59:40 ID: 1tR2wAaG.net
魏史倭人伝の邪馬台国の頁に倭の国の人は刺青してると書かれてる
古代の人はみんな刺青してて土偶の紋様はその名残
35 : 出土地不明2020/10/06(火) 06:54:17 ID: ym8TzAjy.net
みずらの支配者層は文身じゃないよね
彼らはどこから来て倭を名乗ったの
36 : 出土地不明2020/10/06(火) 07:01:32 ID: TcWMnP4t.net
ソグド人を描いた絵と
日本で発掘される髻の土偶が
帽子も含めて似てるみたいだけど
37 : 出土地不明2020/10/06(火) 07:04:34 ID: TcWMnP4t.net
>>33
真ん中のはシュモクザメを意識したデザインとの説ある
最後のは中国神話の蚩尤みたいだね
38 : 出土地不明2020/10/06(火) 07:19:46 ID: iK7OuwwM.net
アルタイ、スキタイ、チャガタイ、オゴタイ、なんかからのヤマタイ国だったらどうしよう
39 : 出土地不明2020/10/06(火) 08:30:04 ID: 15F6D9nO.net
「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産への推薦をなぜか祝う渡来人
いや君たち、先住アイヌをブチ殺して、その地を奪い取った侵略者でしょ?

40 : 出土地不明2020/10/06(火) 09:22:04 ID: Oqf40f5H.net
>>39
現代人は穏やかに共存しているのに何てことを言うの
41 : 出土地不明2020/10/06(火) 09:33:55 ID: Oqf40f5H.net
>>37
>シュモクザメ
これらは東北で出土したものなんだけど
東北の古い人は鮭をメインに食べて暮らしていたみたい
アイヌのように海や鮫を崇めていたと思われる
出雲圏では鮫の絵が描かれた銅剣が見つかってるし、もしかすると七支剣とやらは鮫モチーフであの形なのかも
そう思うとシュモクザメに信仰心があってもおかしくないね
42 : 出土地不明2020/10/09(金) 10:23:07 ID: HqSswgIi.net
>>39
戦闘の痕跡が無いから
平和的に混血したと考えられてるぞ
そもそも現代日本人のほぼ全員に縄文人の遺伝子が流れてる時点で
現代人は弥生人の子孫でもあり縄文人の子孫でもあるからね
43 : 出土地不明2020/10/09(金) 17:02:49 ID: wa8kIUtc.net
蝦夷だのアイヌだの縄文だの インバウンドに利用されてるだけだろ
学問の本質から大外れ 恥ずかしくないのかよ 考古学・人類学者は
44 : 出土地不明2020/10/11(日) 00:31:08 ID: 4YUYlhsD.net
>>43
そういう愚痴は不毛
どうぞ研究して
45 : 出土地不明2020/10/11(日) 00:33:31 ID: 4YUYlhsD.net
>>42
横だけど、あなたが言うのはあくまでも縄文人と弥生人の話なんだよな
エミシやアイヌは(大きな括りでは縄文系ではあるんだが)また別の話なんだよ
エミシとアイヌも完全なイコールではないんだ
46 : 出土地不明2020/10/11(日) 00:40:05 ID: V8CFjMIB.net
言語板で話題になってたエミシの語源

599 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/08(木) 17:46:38.24 0
エミシとミシハセの「ミシ」は同源っぽいな

602 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/08(木) 23:06:52.22 0
蝦夷のエは服役とか役人とかの役じゃないかという説なら見た
実際は従わない者もいて荒蝦夷と呼ばれていったらしい(記紀に書かれてる)のに、今では「蝦夷」だけで悪者みたいにされてるの可哀想な感じ

604 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/09(金) 15:25:27.74 0
エミシについては漢字が後付けなんだよな
1つの漢字に多くの読み方があるなら漢字由来だが、エミシは一定の時期までの間に漢字表記が多数ありながら読み方はエミシで統一されているから

エミシの元の意味については多くの説があるが(弓人/弓師など)、初期は憧れや肯定的な意味があったであろうということは一致している
古代豪族の中にエミシと名付けたり改名したりした者が複数いるためで、エミシは1人で100人の馬力といったような書も残っている

なお、蝦夷という漢字表記は中国側の呼称カイから来ており、そこに朝廷がエミシと訓を振ったものと考えられている模様
だんだん朝廷側にとって、中華思想の影響やエミシを邪魔者として疎む感情が大きくなり、侮蔑する結果になったものと思われる

また、逆に元々タケル(orタケ)の方が良くない意味を含んでいたのではという見解もあって面白い

605 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/09(金) 17:57:48.87 0
記紀の頃には、
ニギエミシとアラエミシに分けられてたみたいだね
ニギミタマとアラミタマみたい(和と荒)

和をもって尊しとなすってのは
従えば尊(ミコト)扱いしてやんよみたいな意味に聞こえる

606 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/09(金) 18:07:07.41 0
ニギは、顔に丹を塗ってた民族=古代九州
アラは、顔に青くイレズミ彫ってた民族=アイヌ
個人的にはこう感じる
47 : 出土地不明2020/10/11(日) 00:44:07 ID: V8CFjMIB.net
同じく言語板で、ヤマト政権の始まりを境に「母」の呼び方が代わりはじめ母系社会から父系社会に転換したかもしれない話
→縄文系or弥生系の転換期だった?
※ちなみにアイヌは男女双系と言われている

404 名無し象は鼻がウナギだ! 2014/04/07(月) 16:58:52.09 0
母屋と書いて「オモヤ」と言うのも、かって母を「オモ」と言っていた時代があったのかもしれない。

607 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/09(金) 18:07:11.51 0
>>404
>オモ
物の中心を表す意味:主オモ(後に表オモテなどの前面に変化)
心や心情を表す意味:思う、面白い、趣オモムキ

家の中心人物としての母オモだったのかな?(父は狩猟で不在がち)

612 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/10(土) 02:04:12.44 0
信用できるか分からないけど、Wikipediaだと
中世以降のオモヤは「主屋」だと
それ以前のオモヤは「モヤ」呼びだったと
母とは直接的な関係なさそうだね

613 名無し象は鼻がウナギだ! 2020/10/10(土) 02:19:40.65 0
オモは普通に一般古語かな
ハハはヤマト王権が使用した言葉なのかしら

●weblio辞書
>平安時代中期以後「はワ」と発音するようになったが、室町時代には「ハハ」と発音することもあったらしく、江戸時代以後は「ハハ」が普通となった。
>万葉集4401「韓衣(からころむ)裾(すそ)に取りつき泣く子らを置きてそ来(き)ぬやおもなしにして」
>万葉集2925「みどり子のためこそおもは求むと言へ」

●精選版 日本国語大辞典
>〘名〙 上代語。母。おも。
>※書紀(720)雄略二三年八月・歌謡「道に闘(あ)ふや 尾代(をしろ)の子 阿母(アモ)にこそ 聞えずあらめ 国には 聞えてな」
>(1)「書紀‐歌謡」の例のほかは「万葉集」では防人歌に見えるところから、「おも」の古形が東国方言に残ったと見られる。
>(2)中央語「ちちはは」に対する「あもしし」あるいは「おもちち」は、母が先にくるところから、古代母系制の名残と見る説もある。
48 : 出土地不明2020/12/18(金) 14:53:41 ID: xtGdi8WN.net
近年のゲノム解析でわかってきたこと

・「日本列島の先住民はアイヌ」
・「日本人と韓国人は同じクラスター」
・「畿内・奈良県が、最もCHB・KOR(渡来人)に遺伝的に近い」
・「沖縄人は、西北・南九州弥生人(隼人・熊襲)の末裔」
・「現代日本人のゲノムは6300年前の釜山で完成していた」


>本州縄文人であるIK002は、アイヌのクラスターに含まれた。アイヌ民族が日本列島の住人として最も古い系統である可能性が高いことを示している。


>本土人は集団としては韓国人と同じクラスターに属することも分かった


>Our analysis indicated that, of the 47 prefectures in Japan, Nara was genetically closest to CHB


>沖縄には旧石器時代の遺構は多数あるものの、縄文時代の遺跡が殆どなく、空白の時代であるため、比較的新しい時代に本土から縄文系集団(西北や南九州弥生人)が南下し、縄文人由来の遺伝子が陸封され、現在の琉球民族を形成した


>篠田謙一氏はシンポジウムで、この6300年前頃となる韓国・釜山の加徳島集団が日本列島に到来したならば、(縄文人と)混血せずに現代日本人になる、と述べた。
49 : 出土地不明2020/12/19(土) 16:10:09 ID: faVj7MJ0.net
>>48
京都渡来人さん落ちついて

京都が縄文時代は無人だったことや

現代でも京都人が朝鮮人とそっくりであることは事実だからさ



戦国:人国記の信濃人
京都の女性は容姿と言葉遣いは美しいが、男・・・特に武士は軽薄な臆病者ばかりで物の役にも立たないゴミばかり。

幕末:東北庄内の清河八郎
近頃の噂でも「京の弁舌」と云い、京都人=柔弱な嘘吐き野郎の代名詞となっている。

幕末:肥後出身の横井小楠
京都の女は悪習甚だしく、女中として役立つ者は一人も居ない。

明治:愛媛の歌人正岡子規
人間としては下等の地に居る、死に歌詠みの公家たち。

昭和:福岡県久留米の菊・龍兵団
またも負けたか安兵団=京都

平成:兵庫県出身の人類学者松村先生
京都を中心に近畿地方の人達は平均的な日本人のデーターと全く違う数値を示し、朝鮮人に近い。
50 : 出土地不明2020/12/19(土) 18:53:57 ID: VZg2vFjC.net
えみし
52 : 出土地不明2020/12/20(日) 21:34:33 ID: SxHR2QUU.net
>>49
京都盆地は元々は琵琶湖に匹敵する水量を湛えた湖だった。
河川が運んだ土砂による堆積物で埋まり陸地化。
湖だったことの名残(埋る事を免れた部分)が昭和の中頃まで存在した巨鯨池(湖)


同じように、奈良盆地も今も太古も唯一の流出河川である大和川の奈良盆地からの流出場所が崩落して塞き止められて湖(古奈良湖/古大和湖)が満々と湖水を湛えていて
いわゆる大和三山の畝傍、香久山、耳成は湖面に浮かぶ小島だった。
故に、古事記等が言う、神武が2680年前に磐余で即位して畝傍に宮を置いた。
は考古学から真っ赤な嘘と確定?
53 : 出土地不明2020/12/20(日) 22:58:03 ID: cbDm52vM.net
奈良盆地が湖だったのは縄文時代
54 : 出土地不明2020/12/21(月) 06:43:16 ID: 8Et/l6w2.net
それに水運の利便性で外海から淀川の流れを見込んで大和を選んだのに湖ごときで何を言ってるんだろう
55 : 出土地不明2020/12/21(月) 08:22:08 ID: MeIQkm0w.net
蝦夷だけど質問ある?
56 : 出土地不明2020/12/21(月) 16:16:10 ID: 2odwjpXN.net
>>55
どの蝦夷?少なくとも三種類いたけど
57 : 出土地不明2020/12/21(月) 18:33:43 ID: VQkXGY1u.net
蝦夷って東北太平洋側だけなんだよな
北海道もだっけ
山形秋田はまた別なんだよな
59 : 出土地不明2020/12/22(火) 00:42:35 ID: TIVQ4ZoK.net
青森を中心に道南秋田岩手あたりが擦文文化圏
これが蝦夷の中心と考えていい
60 : 出土地不明2020/12/22(火) 03:47:16 ID: hqU7rabn.net
篠田謙一(人類学者)
「日本人は弥生時代以降に入ってきた人たちの子孫です、と言うとみんなガッカリする」


>核ゲノム解析の結果、現代大和民族のほとんどはこの土井ヶ浜弥生人の遺伝子に近いクラスタに属していると判明した。


本土人は集団としては韓国人と同じクラスター(注2)に属することも分かった。
70 : 出土地不明2021/01/27(水) 21:50:44 ID: s/w1OIrh.net
日本製とみられる鎧出土してるんだよな
樺太
71 : 出土地不明2021/02/14(日) 06:21:32 ID: vndKWJge.net
阿寒湖のアイヌコタンを舞台に制作された映画『アイヌモシリ』


秋辺デボさんに、アイヌコタンにて、話を聞いた。


―― 興味があって、縄文人のことを調べていたら、アイヌの考え方にすごく似ているなあと思ったんです。一つの説として、縄文人というのはすごくコミュニティを大切にしていて、自然をすごく大事にして、その恩恵、食べ物なんかをみんなで分け合うんですね。自分だけがいいようにするんじゃなくて。弥生時代になったら、貧富の差が起きたんですよ。こっちの田んぼで豊作になって、こっちが何かあっても分けないというか。縄文スピリットという、みんなで仲良くコミュニティを作るという考え方が、アイヌの先祖じゃないのかともいわれているんですよ。

秋辺 ほぼ間違いないと思うけれども。弥生人は稲作を始めて。その前の縄文時代、米とか麦を栽培しない時はどうだったのといったら、アイヌと一緒でしょう。

―― そうですね。だから、アイヌは、日本人の祖先だとも思える。

秋辺 いやだから「私たちの祖先もそうでしたよ」って言っていいんだよ。たまたまアイヌが近現代までその暮らしをやっていたというところに価値があって。

―― そうなんです。

秋辺 見方を変えると、ずっと遅れたままでよかったねということなの。

―― だから1万年前の伝統的な考え方を継承している、そういうことなのかなあと。

秋辺 それが世界中にいる先住民族なんですよ。

―― 今、先住民族が、すごくもてはやされているというか、注目、尊敬されているでしょう。それはどう思います?

秋辺 定住して、米とか穀物を育てて、それが財産となり、貨幣になるでしょう。だから、貨幣価値を持たなかった人々の価値観がやっぱりよかったんだってみんなが気が付き出したということだけであって、別にすごいことでもなければ、全人類がそうだった。そこに早く貨幣価値に行っちゃった人と、つい最近まで貨幣価値に移行しなかった人たちが混在していた地球というのは面白いねというところで。
80 : 出土地不明2021/03/24(水) 15:37:55 ID: 76kirAOm.net
外ケ浜の?村――津軽の蝦夷部落

 津軽海峡には、むかし点々と?村があった。?は「狄」のつくりを犬に替えて作字したものである。
 名高いのは三厩村の宇鉄である。その東どなりの今別村、石崎村、宇田などにもアイヌ系の人々が住んでいた。
 西どなりには竜飛村の兵路というアイヌの漁民の集落があった。
 宝暦五年(1755)の「津軽外之浜後潟組伏御改覚」では?村八カ村で二百三十四人のアイヌがいたと記されている。

 ?村の人たちは外向きの和人名のほかにアイヌ本来の名前ももっていた。
 万五郎犬とか万五郎逢犬とか、和人名の下に「犬」もしくは「逢犬」をつけているものはアイヌ系であるという印である。
 宝暦年間(1751-1764)に津軽落の政策によって和人同様の扱いを受けるようになり、
 その名の下に「犬」の文字をつけて差別していた取り扱いが撤廃された。

 『陸奥州駅路図』に、「宇鉄村は宝暦年間まで蝦夷の容貌たり。曾長をクマタカイノ、フルクイン、
 ウテレキ、セリキハ、ルウマンアイノ、ソタツイン、クマカイなど云へる名にてありしが、今は服従せり」とある。

大日本國東山道陸奥州驛路圖 (1800) 宇鉄村


江戸後期の津軽紀行『東遊記 (1807)』より:
 >「当地は70年前まではエゾ村であったが、今は風俗が変わって日本人の通りになっている。
 >しかし近所の村とは縁組をせず、顔立ちも異なって眉が一文字につながっている女子などもいる。
 >毎年近くの今別村の寺に集まり「蝦夷踊り」を行っている」
81 : 出土地不明2021/03/24(水) 15:53:09 ID: 76kirAOm.net
「先史日本列島人に関する二三の骨学的考察」 山口敏(国立科学博物館)
doi:

北海道の縄文人とアイヌの関係について

日本列島の縄文時代人については、コロボックル説、アイヌ説、原日本人説などの諸説があいついで唱えられたが、筆者が人類学を学んだ1950年代には、縄文時代人は現代日本人の直系の祖先であり、アイヌとは似て非なるものであるとする長谷部言人の主張が圧倒的な影響力を誇っていた。

そのため、筆者が1959年に参加した稚内市宗谷オンコロマナイ貝塚の発掘で、続縄文時代の人骨数体にはじめて遭遇したとき、はなはだしく困惑した。アイヌ的な特徴 (眉間の隆起、狭い口蓋、動揺下顎、広く低い顔と眼窩、立体的な鼻根部、鉗子状咬合、扁平な四肢骨骨幹) と並んで、本州の縄文人の方に近い特徴 (中〜短型の脳頭蓋、著しい低顔型、ピラステルの発達した大腿骨) も見られたからである。

アイヌと縄文人を別系統とみる考え方に対してこのときに抱いた疑問は、その後、江別市坊主山遺跡や釧路市緑ヶ岡遺跡の縄文時代晩期人骨の発掘を経験するにつれて、ますます大きく膨らんだ。オンコロマナイ人の形態が決して道北部だけの例外的なものではなく、道央や道東部にも見られることが分かってきたからである。

さらに、1963年に虻田町高砂貝塚で縄文晩期の人骨十数体を発掘するに及んで、額が高く、眉弓が強く発達し、前頭縫合と横後頭縫合の痕跡を示し、外耳道骨腫や齲歯や上顎切歯の抜去まであるそれらの人骨には、本州の縄文人骨と区別するところがほとんどないことを知った。北海道の縄文文化の担い手は本州の縄文人そのものであったことを次第に確信するようになった。

その年には豊浦町礼文華貝塚で道南系の続縄文文化 (恵山式) を伴う保存良好な人骨を1体発掘し、さらに千歳市烏柵舞遺跡では擦文文化期の人骨数体の発掘にも参加する機会を得た。これらの人骨の観察から、道南の縄文時代人は恵山系続縄文時代人と擦文時代人をへて連続的に近世アイヌに移行していったという考えを抱くようになった。

筆者は1965年にオーストラリアの博物館を歴訪して骨格標本を調査したことがあるが、その目的はアイヌの骨格との比較にあった。

この研究によってオーストラリア先住民とアイヌとの間には形態上かなりの開きのあることが明らかとなったが、頭蓋の計測値や小変異の出現率について多変量解析を行なったさいに、アイヌと本州縄文人との距離が、アイヌとオーストラリア先住民や現代日本人との距離などに比較してかなり小さいことも明らかとなった。

これと前後して、ハーヴァード大学のW・W・ハウエルズがアイヌの系譜に関して重要な論文を発表した。かれは1961年に来日してアイヌの頭骨を調査し、帰国後さらに文献から縄文人、弥生人、中世人、近世人の頭蓋計測値を追加し、多数の項目に基づく判別分析を行なった。

その結論は、現代の日本人は西日本の弥生時代人と連続的につながるのに対して、縄文人は明らかにこれらと異なっており、縄文人の系譜につながるのはアイヌである、というものであった。かれの論拠となった判別分析の図の中で上述のオンコロマナイ人頭骨が重要な位置を占めていたのが印象的であった。

筆者は西日本の弥生時代人骨の研究には経験がきわめて乏しいのであるが、弥生人研究の進展状況と、弥生人の原郷に関しては、かねてから関心をもち続けてきた。

佐賀県三津遺跡、福岡県金隈遺跡、山口県土井ヶ浜遺跡などの出土人骨で代表されるいわゆる北部九州・山口型の渡来系弥生人については、対岸の韓国南岸の禮安里遺跡で出土した人骨との顕著な類似が明らかにされており、渡来の原郷が朝鮮半島南部にあったことはほぼ確実と見られている。


左: 稚内市オンコロマナイ貝塚の続縄文時代人頭蓋 右: 稚内市大岬のオホーツク文化人頭蓋
82 : 出土地不明2021/03/24(水) 20:34:05 ID: 76kirAOm.net
横穴墓の分布と征討軍の地方制圧ルート

 九州は横穴墓が広範囲に分布していますが、景行天皇の九州行幸ルートとほぼ合致します。
 景行天皇12年に熊襲が朝貢しないため、景行天皇は西征に発っています。
 経由地を記すと、娑麼から豊前国、日向国に移り、夷守を経て襲国の熊襲梟帥を討ち、大和に還っています。
 しかも、佐賀県や長崎県、宮崎県以南に横穴墓が分布しないという点でも合致しています。

 太平洋側の横穴墓の分布は、日本武尊の東征ルートと合致しています。
 日本武尊は景行天皇40年に都を出て、伊勢神宮から東征し、上総国に入り、海路で蝦夷の境に至っています。
 陸奥国の竹水門で蝦夷の賊首、嶋津神・國津神等を制圧・虜とし、日高見国で転じて常陸に戻っています。

 日本武尊は「蝦夷の凶しき首、 咸く其の辜に伏いぬ。唯信濃国、越国のみ、頗る未だ化に従わず」と述べています。
 東国が平定されても、信濃国と越国は大和王朝には従っていないことがわかります。
 このように、征討軍のルート上に横穴墓が分布し、その結果、新たな階層が生み出されたと考えられるのです。

■ 第8図 景行天皇の九州行幸 第9図 大和武尊の東征
83 : 出土地不明2021/03/25(木) 05:54:01 ID: QyBU45hF.net
坂上田村麻呂(758 - 811)

 田村麻呂の出自をたどると、中国後漢の霊帝の子孫で、 阿知使主を祖とする東漢氏の一族と伝えている。
 ところが、阿知使主は朝鮮半島南部から渡来しているので、朝鮮半島系というのが事実のようである。

 『日本紀略』延暦13(794年)6月13日条に、「副将軍坂上大宿禰田村麻呂巳下蝦夷を征す」とあり
 10月28日条には、「斬首四百五十七級、捕虜百五十人、獲馬八十五匹、焼落(焼き払った集落)七十五処」
 とその戦果を報告したとある。日高見国において、朝廷軍が惨い行いをしたということだ。
 田村麻呂は、この2年後に征夷大将軍になっている。征夷大将軍という称号は、こんな極悪非道なモノだったのだ。

 桓武は前回の失敗に懲りて兵力を倍増した。征軍十万とあるから、前回のほぼ倍にあたる。
 朝廷軍はアテルイを捕らえることもできなかったが、日高見国が受けた損害は大きかった。
 斬首された者の数は、前回の約五倍であり、焼き払われた集落の数もおびただしい。
 日本軍が中国で行った「三光政策」に似た虐殺行為が、日高見国においても行われたのであろう。
 住居や家財道具を失ったエミシの非戦闘員の苦しみは大変なものであったと思われる。
 陸奥国の移民の中には、こうしたエミシの悲惨な状態をみて、エミシに味方する者も現れた。

 延暦18(799年)2月21日、陸奥国新田郡の農民の弓削部虎麻呂とその妻の丈部小広刀自女が
 「久しく賊地に住み、能く夷語を習い、しばしば謾語を以て夷俘の心を騒動」したために、日向国に流されている。
 虎麻呂夫妻はエミシに同情し、懐柔政策の実態など律令国家にとって不利な情報を提供していたのであろう。
 律令国家は、それを「謾語」(でたらめの話)でエミシを動揺させるとして、虎麻呂夫妻を流刑に処した。


■ 北上川(日高見川)と巣伏の戦い 蝦夷征伐の実態は北上川を遡上する朝廷の侵略戦争であった


■ 末期古墳(蝦夷系墳墓)の分布 蝦夷の民が北上川沿いに集落をなしていたことがわかる
84 : 出土地不明2021/03/25(木) 06:33:47 ID: LUb46irw.net
>>83
桃生 ももお ?
ものう では? 古くは もものふ
87 : 出土地不明2021/04/06(火) 03:58:18 ID: LgHXsAYt.net
文献史料からは、蝦夷が倭人とは通じない言語を使用していたために訳語がおかれていたこと、
蝦夷の言語が律令国家側から「夷語」とよばれていたことなどが知られる。

訳語・通事が置かれたのは、確実なところでは漢語・新羅語・湖海語・夷語、
奄美等訳語(『延喜式』巻30大蔵省)、それに隼人の言語が加えられるかもしれない。
88 : 出土地不明2021/04/06(火) 08:03:20 ID: HaIJdUTo.net
蝦夷にも何種類かいて、蝦夷同士でも通じない言語の種族がいたというけど…
90 : 出土地不明2021/04/07(水) 18:56:20 ID: t4+QOKJw.net
蝦夷って縄文土器は使ってなかったのか
91 : 出土地不明2021/04/07(水) 19:01:04 ID: mggKYeg4.net
アイヌと縄文人はイコールではないよな
北の縄文人を侵略した北の部族と縄文人の混血が北海道アイヌ
92 : 出土地不明2021/04/08(木) 08:29:08 ID: l6l0HRNX.net
>>90
蝦夷にも色々いるけど、広義のアイヌを指してるならサツモン文化(なぜか変換されない)だからね
94 : 出土地不明2021/04/08(木) 09:00:59 ID: voE90AmO.net
奴隷にされた蝦夷と隼人

 >朝貢の儀式(710年)では、天皇が大極殿に出御し、エミシとハヤトを参列させた。
 >皇城門外の朱雀路の東西に騎兵が整列する中、左右の将軍・副将軍がエミシとハヤトを率いて行進するという
 >一種の見せ物的なパレードであった。(『続日本紀』和銅3年正月元日の条)
 >エミシとハヤトは「蛮夷」とされ、天皇の権威と支配拡大の誇示に、屈辱的な形で利用されたのである。
95 : 出土地不明2021/04/08(木) 09:01:08 ID: voE90AmO.net
蝦夷の民は最下層民として扱われた

 >滋賀県甲賀郡信楽町の玉桂寺の阿弥陀如来立像の胎内から
 >発見された文書には、「エソ三百七十人」の男女の名前が記されていた。
 >東北地方の住民説、越中の住民説、近江の俘囚の子孫説が唱えられている。

 >エソの人名には、「きみこ」(君子・吉弥侯=毛野氏と同祖)のように古代の東北地方に多い姓もみえるが、
 >ほとんどは無姓であり、それらの名には、「いぬ」「くま」「うし」などの動物名、
 >「とち」「まつ」などの植物名、「むさし」(武蔵)「たんバ」(丹波)などの国名、
 >「やくし」(薬師)「くわうをん」(観音)などの仏菩薩号、「かなわう」(金王)「ふくわう」(福王)などの童子名に因むものが多い。
 >これらは、非人などのような最下層民の名前の特徴と共通している。

表13 「エゾ交名」にみえる姓
97 : 出土地不明2021/06/27(日) 22:08:22 ID: IZUKggpz.net
渡来人=弥生人と主張してた、
日本学術会議所属の連中が、
うぽぽいでアイヌ利権にいっちょ噛みしようと、
それまでの自説を覆して、
蝦夷=縄文人=渡来半島人とか言い出してる件www

連中、自分の懐温める為なら、歴史捏造平気でするよなw
血の業がそうさせるのかしらww
100 : 出土地不明2022/05/15(日) 21:59:43 ID: Lnk29J/8.net
後発民族のアイヌが新登場して、他を制圧するのは12世紀ごろからだし
それ以前は、本土の勢力も大きかったようだ

北海道・奥尻島になぜ勾玉が!? 「オーパーツ」の謎解明へ 考古学者に鑑定依頼

「この勾玉は、昔の有力者の副葬品とみられ、
3〜4世紀ごろに新潟県糸魚川産のヒスイで作られたということが分かっている」

「同時に出土した副葬品の水晶玉が8世紀のものと分かっており」

「また、8世紀ごろに現在の中国東北部やロシア沿海地方などを治めた国「渤海(ぼっかい)」の日本使節団の水先案内人として
奥尻の船乗りが貢献し、謝礼として京都で受け取った勾玉を奥尻に持ち帰った、との説もある。」

引用元:https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/archeology/1567142230/l1000